FC2ブログ
IMG_3329.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

セラピードッグへの道

昨日は 先週 紹介させて頂いた「なんちゃってセラピードッグ」の二回目として
この前とは違う老人施設にルカと行って来ました。

CIMG2618.jpg
赤も似合うけど るぅたん、グリーンもやっぱり似合うねぇ~(親バカ)


私が ルカ、セラピードッグになれないかな?と思い始めたのは・・・

いつ頃のことだっけ??

今年の春頃のことでしょうか。


ルカがうちに来てしばらくは 道で会う方に「可愛いですね~。」と撫でて頂いても
ルカ、少し緊張して身を固くしていました。
その緊張感に、正直、この子、恐怖心から相手の方を噛まないかな?と撫でて頂きながら
少し用心してルカの様子を見ていたことを覚えています。

先代犬のリーフは 人が好きで大好きで うるさがられるほど大好きで(笑)
道で声をかけてくださる方には 自分から擦り寄って行ってたものです。
そんな八方美人だったリーフを 「一体誰が飼い主なんだか~」と呆れながらも
大好きだった私としては ルカの人を警戒するような仕草はちょっと寂しかったのです。

ルカは元保護犬で保健所にいたとは言え 虐待された様子は全くないし
保護してくださっていたMZさんのおうちでは沢山のワンちゃんと触れ合えて
MZさんのご家族の皆さんにも可愛がって頂いてましたから
これは ルカ自身の元々の警戒心の強い性格から来る反応だったんでしょうね。

ですから アンテとしては一人でも多くの方にルカを撫でて頂いて
人に触られることは こんなに心地良いことなんだよってことをルカに知ってもらいたくて
ルカとお散歩をしていて 道で出会う微笑んで下さる方や、声を掛けて下さる方に 
その都度 
「どうぞ 良かったら撫でてやってくださいな。」とお願いしてきました。

そんな可愛がってくださる皆さんのお陰で ルカ、今では「人懐っこい子ですね~」と言って
頂けるようになって そのことが何よりも嬉しいアンテです


CIMG2621.jpg
今日は ここに ルカのもしゃもしゃをお届けしょうね。


ルカとお散歩していて ある日気が付きました。
私達とすれ違う 特にご高齢の方が ルカを見て にっこり微笑まれることに。
自転車に乗ったおじいちゃんが ルカを見て嬉しそうにニコーッと笑われたときは
なんか分からないけど嬉しかった。
わあ、なんか、いいなあって。


CIMG2623.jpg
こんにちわ~、ルカですよ~。


「セラピードッグ」と言う言葉が はっきりとアンテの心の中に浮かんだのは

ある日 私の長年のチャイナペイントのN先生のおうちにルカを連れてお邪魔した時のこと。
犬好きのN先生がルカを見て 「わあ、可愛い!この子、母に見せていい?」って
お部屋にいらしたN先生のお母様のところにルカを連れて行かれたら

それまで 無表情でぼーっとテレビをご覧になっていたお母様の顔が
ぱあっとにこやかに輝いて 「まあ、まあ、まあ!」と ルカを撫でに歩み寄ってくださって
それはそれは良いお顔になられたのです。

その輝いたお顔がとっても素敵で、嬉しくてね~。
そう、涙が出るほど嬉しくて。

この子が こんな素敵な笑顔を生み出せるなんて・・・・・・・・

その感動は今でも忘れない。


そして、犬ってすごいな、と。



その時に アンテの心の中に ルカ、こんな笑顔をもっと沢山の方に届けられないかな。。。
と言う気持ちが はっきりと生まれたのでした。


で、ネットでセラピードッグのことを色々と調べたんだけど よく分からない
資格とかあるみたいなんだけど・・・
日本で正式な資格を持ってるセラピードッグって7,8頭くらいしかいないみたいだし・・・


CIMG2625.jpg
どうぞどうぞ、もしゃもしゃに触ってやってくださいな~。


で、分かんないながらも とにかく 何をするにも基本的なしつけは必要だろうと思って
それで 矢野ドッグスクールのしつけ教室に通うこと にしたのです。
これが しつけ教室に通うことになった直接の理由です(笑)

けれど 縁とは不思議なもので 矢野先生に 
ルカをセラピードッグに出来ないかと考えているんですよとお話したら
矢野先生 「あ、うちに訓練に来てるゴールデンの子が たしかボランティアで
セラピードッグとして老人ホームに行ってるって聞きましたよ。紹介しましょうか?」

すっごーーーーーい!繋がった!

そして 紹介して頂いたのが ゴールデンの女の子、ブランちゃんのママ。

ブランママにお会いして ルカを見て頂いて
「ルカくんなら 全然大丈夫ですよ~」と言って頂いて(有難うございます、ブランママ!)
ボランティアに参加させて頂けることになったんです。

そのブランちゃんは 残念ながら今回はお休みだったのですが


CIMG2629.jpg
セラピードッグとして参加のカイくん。
本当に大人しい子でした~。

CIMG2631.jpg
前回もお会いした 黒ラブのタックルくん。
ルカは何故か このタックルくんがお気に入り
タックルくんを見ると セラピードッグとしてのお仕事を忘れるのが難点(笑)

CIMG2645.jpg
タックルくん、場慣れしていて この余裕(笑)

テリア系ミックスのカールくん。
CIMG2659.jpg
11歳だけど 頑張ってますよ~。

CIMG2626.jpg
ルカも前回よりも ずっとリラックスして撫でて頂いていましたよ。

このボランティアの会の代表者のNさん。
CIMG2644.jpg
この方、本当に犬がお好きだと言うのが すっごく伝わってきます。

CIMG2651.jpg
Nさんとワンコとのふれあいの姿にも 心が温かくなったアンテです



今回 一番面白かったのは このポメラニアンのポッポちゃん。
CIMG2637.jpg
可愛くて大人しくて静かで、
まあ、本当にセラピードッグそのものじゃないの!とほのぼのと見ていたら

最後のご褒美を頂けるときには 豹変した!(爆)
CIMG2653.jpg
誰よりも オヤツ獲得に積極的でした・・・・

CIMG2654.jpg
半ば 脅しも入っていたか、と


ルカは、と言うと・・・・
CIMG2658.jpg
ビーグルのうずくんと 一応 行儀良くオヤツが頂けるのを待っております(笑)



たった一時間の訪問です。
それでも その一時間 犬と触れ合うという楽しさを感じて頂けたのなら
本当に素晴らしく有難いことだと思いました。



身勝手な”人”のせいで 一旦は命を失いかけたルカ。
けれど ルカをそんな状況から助けだして下さったのも やはり同じ”人”でした。

この子達の運命を 私達”人”が握っていると言っても過言ではない。


この子の命を助けてくださり この子の成長を楽しみにして下さっているMZさんを初めとして 
この子を今も気遣ってくださっている「ともnet」の皆さんの気持ちに応えるためにも
この子の一生は人に愛される一生であって欲しいと思っています。


実は先日 オットの夏休みを利用して名古屋に行って来ました。
その時も「ともnet」の皆さんに るぅたん、と可愛がって頂いて・・・
そのことが本当に嬉しく有難かったアンテです。
本当にその節はありがとうございました。
その時のことは またあらためて記事にさせて頂きますね。


まだ 参加させて頂いたばかりのこの活動。
結局 アンテは皆さんの活動に乗っからせて頂いただけでして・・・
こう言ったご自分たちの出来る範囲でのボランティア活動を
地道にされている皆さんとの出会いに、

心から感謝、感謝、です。




Posted by アンテ on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

nana says..."No title"
おぉー!二回目の参加ですね。
しつけ教室から、繋がって、ボランティアの方々に
たどり着いて。。縁もあるでしょうけど、アンテさんと
ルカちゃんの行動力が上手い具合に目的地に
繋げてくれたんでしょうねぇ。

私も積極的にベーネとニーナを触ってもらっています。
先日は、今どきまだいたのね?っていうような
暴走族のお兄さん方になでなでしていただきました。

パブコメ転載、ありがとうございました。
私もLap.Lap,Lapのラフィー母さんからメールを
いただいて知りました。たくさんのパブコメ票が
集まるといいですね!
2011.08.19 12:58 | URL | #QoBbrBfg [edit]
アンテ says..."nanaさん"
暴走族のお兄さん!!(爆笑)
でも分かるわ~。
普通だったら接点持たないでしょって方とも
犬がいたらお話できてお互いに笑顔になれるよね~。

こんなパブコメがあるなんて知らなくて、慌てましたよ~。
きっと今回は大丈夫ですよ!
日本のペット業界も生まれ変わらなきゃね(笑)

実は 今日 満を持して?新しいパソコンを箱から出して
接続しました~~~!
で、このコメレスも新しいパソコンからしてるんだけど・・・・何とかインターネットには繋がった。

慣れてないからか 使いにくいわ~・・・
てか まだメールの方が設定完了してないの、何度してもエラーがでる・・・・・
こんなことなら nanaさんみたいにヨドバシに5000円払えばよかった。
ちょっとしばらく 苦戦するかも。。。です。

2011.08.20 00:55 | URL | #jAL4TSMI [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://anteglaze.blog10.fc2.com/tb.php/498-191a7d7d
該当の記事は見つかりませんでした。