FC2ブログ
IMG_2416.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

コロナに負けずタネにも負けず

土曜日の夕方散歩、

IMG_918220200524.jpg
河川敷に行きました。


IMG_918920200524.jpg
嬉しそうに歩き出したのは良いのだけれど

途中でえらいことに気がついた。
IMG_919120200524.jpg
ルカの横に写っている枯れた草。

これが

IMG_919220200524.jpg
麦の穂のミニチュアみたいな構成をしていて

犬が踏み込んだら 矢羽根のようなタネが毛に入り込んでチクチク、チクチク
IMG_919320200524.jpg
あちゃー
そういえば 以前もこれで難儀したんだっけー(もう忘れてた

サラサラと風になびく景色は風情があるのになあ。
IMG_919520200524.jpg
この矢羽根のようなタネのチクチク、結構痛くて
アンテの靴の隙間からも入り込んでチクチク
ルカもチクチクが気になってケッケッと後ろ足を蹴り上げる動作をし出したので
しばしタネ取りをしてから

ルカミエ
IMG_919620200524.jpg
脇道に逸れることはもう許されません(笑)


実は まだ駐車場が閉鎖していて
この日 行けなかった「鯉のぼりの河川敷」の方は方で
トゲトゲの雑草が生えている時期なんです(”トゲトゲの雑草”で分かるかな・笑)
これは肉球が分厚いからか、ルカはあまり気にせず爆走しますが
ミエルは痛いらしくて えっちらおっちらと がに股で歩き出すので
「あ、トゲトゲ」って分かります(笑)

こっちはチクチクで あっちはトゲトゲ、秋になったらネチネチも出てくるし
自然の中で犬をのびのび遊ばせようと思ったらなかなか障害も多い。
雑草って侮れませんなあ。。。。


でも!
こっちのチクチク(笑)のお散歩の後は!

IMG_920020200524.jpg
このお楽しみがっ

IMG_920720200524.jpg
あは、前回の使い回しじゃないですよ、
3回目、3週連続の週末「内海」さんです(笑)
もうコースになっとるがな。。。
しかも前はお持ち帰りをお願いして 帰る前の一杯(オットは二杯飲んでたけど・笑)と
一品、二品をお願いしてたんだけど 今回は しっかりお食事をして帰るつもりで来ました。


実はね、お昼にシェイクメンバーのキャンちゃんパパ、ママさんが河川敷をお散歩した後 
「内海」さんに寄ってくれはって この外席でお昼を頂いてはるのをインスタで知って
うわあ、やっぱり美味しそう~、うちも今日は外席でお食事して帰ろ!!て言うことになったんです(笑)
キャンちゃんママ、ありがとうね~!
オーナーさん ほんまに喜んでくれてはってアンテも嬉しかったです

IMG_920220200524.jpg
集まる鼻、鼻

犬連れなのに歓迎して下さって 
お散歩の後にオットがビールが飲めて
IMG_920520200524.jpg
こうして美味しい和食をいただけるお店って 
ほんと有り難いのです

すぐそばは河川敷。
外の空気を感じながら
IMG_921120200524.jpg
アンテはノンアル、涙が出るほど美味しいですもん(笑)


お料理はお任せで色々と出して頂いたけど
見た目も涼やかで美しく 
IMG_921320200524.jpg
どれもさすが、美味しかったです

IMG_921820200524.jpg

IMG_922120200524.jpg

すっかり陽も暮れて 涼しい風が吹いてきて
IMG_922420200524.jpg
ますますええ感じ。

ご無理を言うて外席にしてもらったので
決して広い場所と違うのに(むしろ狭い・笑)
IMG_922620200524.jpg
なんかルカミエもええ馴染み方してはりました。

お腹いっぱいになったところに
IMG_922820200524.jpg
はい、ほんまに本気の晩ご飯(笑)

心もお腹も大満足で

IMG_923220200524.jpg
ご馳走様でした


河川敷のチクチクタネは頭が痛いけどね~
こういう楽しみがあるから また来ちゃうんでしょうね~(笑)



まだお料理を期待してるミエルの後頭部をポチッと(笑)
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村

Category : お散歩
Posted by アンテ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://anteglaze.blog10.fc2.com/tb.php/3729-d04fdcc3
該当の記事は見つかりませんでした。