FC2ブログ
IMG_3329.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

9月の始まり

早いですね~、もう 9月

尋常じゃなかった暑さはなくなったとは言え やっぱりまだ蒸し暑いかな~。
とは言え すんなりこのまま涼しくなるなんて思ってはいなけど・・(笑)
てか、日本の暑さって すっかり”蒸し”とセットになっちゃいましたねぇ

久しぶりにお池の散歩に行きました。
IMG_400120190901.jpg
照るとさすがにキツイので

一周するつもりはなくて
IMG_400320190901.jpg
木陰のある場所を歩くつもりで

それでも ちょっとまだ暑いかな・・と懸念もあったので
濡らした服を持ってきて 車から降ろす時に着せたのは良いけれど

ミエルの服、
IMG_400520190901.jpg
また間違えた

ルカは合ってる。
IMG_400420190901.jpg
ルカのを二着持ってきたのね~


ミエル用だからって女子らしい色では作ってないので
引き出しから出す時に一応大きさを見るんだけど どーも間違えちゃうんだな。
なので ルカ用、ミエル用と区別するために どこかにタグでも付けなきゃと思いながら
多分 このまま今年の夏は過ぎるのでしょう・・・(笑)

まあ、ミエちゃん 大は小を兼ねる、だよね。
IMG_400820190901.jpg
涼しけりゃいいのよ~


狭山池博物館の前を歩いていて 思い出しました。
IMG_401320190901.jpg

あ、そうだ、博物館でこの夏「昆虫の色」というテーマで展示会していたんだった!
綺麗な蝶々のポスターを見ながら 「これ見に入りたいなあ」と思っていたんでした。
でもお池に来るのっていつもルカミエ連れなもんだから ついつい先送りになってしまっていたら
なんと展示日が今日までじゃない!
これはぜひ今!見に行こうと思って 散歩が一通り終わった後
ルカミエは駐車場の車の中で待っててもらって(もちろんエアコンをかけたまま)

IMG_403020190901.jpg
アンテ一人で 博物館まで戻りました。

博物館周辺は それこそ裏道までルカミエと歩いているアンテですが
IMG_403320190901.jpg
実は館内の通路はよく分かっていない(笑)

また安藤忠雄氏の設計、迷路のよう
IMG_403420190901.jpg

「入口」の矢印を探しながら やっと館内の入り口にたどり着いて

IMG_403620190901.jpg
これこれ。

またここから館内をぐるーっと歩いて

IMG_404920190901.jpg
特別展示室、見つけた~

綺麗でしたよ~蝶々!
IMG_404020190901.jpg

IMG_404120190901.jpg

あ、でもアンテ 別に昆虫が好きなわけじゃありません。
蝶の色が見たかっただけです(笑)

また蝶の色を 和色・伝統色というのでしょうか、
IMG_404320190901.jpg

和の名称で紹介しているのが素敵でした。
IMG_404420190901.jpg

また モルフォ蝶の色の見事なこと!!
蝶の宝石と言われる理由が分かるー。
IMG_404520190901.jpg
ため息がでるほどの美しい青色に見えるのだけど
このモルフォ蝶の羽の鱗粉には青色の色素はないのだそう。
鱗粉の構造によって光の角度でさまざまなブルーの色に見えるんですって。

IMG_404620190901.jpg
この蝶の羽なんて 透明で神秘的で まるでガラス細工のようでしたよ。

最後の〆には

IMG_404720190901.jpg
漆黒の蝶
う~~ん、カッコいいね~~~


実はこの後 たまたま近くにアテモレさんが来ていることを知り
サヤマヒストリーカフェ(狭山博物館内)で会うことが出来ました
色々と話していたら時間忘れちゃって
ルカミエは予定より長い事車の中で待っててもらいましたが
駐車場に戻って そーーーっと近寄って車内を覗いたら 二頭とも定位置でこってりと寝ていました。

なんだか素敵な9月の始まり。

IMG_405120190901.jpg
むくむくむくっと入道雲。
空はまだ夏の空でした



それは・・・ごめん!!
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村



Category : お散歩
Posted by アンテ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://anteglaze.blog10.fc2.com/tb.php/3458-780705ea
該当の記事は見つかりませんでした。