IMG_631320170309.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

風紀委員

前にも何度か書いていると思うのですが

ルカ、このお山にしても PWにしても
タフラブの集まりが大好きです
お顔を見てたら分かります。
ちっとも 緊張、ピリピリしてないの。

これって アズミさんのもと 他の飼い主さんも皆さん 自分の犬のことを把握して
ちゃんと目が行き届いているタフラブの集まりでは
DSCN548820160521.jpg
過度に興奮して わちゃわちゃしたエネルギーを出す犬はいないし
スペースを無視して しつこく絡んでくる犬もいないことが
神経質なところがあってキャパの狭いルカのような子には 安心できて居心地がいいんだと思います。


そう考えたらーーーー
ただただ 興奮にまかせて爆走することが「楽しそう」でヨシとしていたラン、
”フレンドリー”を前面にルカに寄って来てくれるワンちゃんを無視、 
場合によってはキツイ態度に出るルカを
「なんで遊べないんだろう、心が狭いなあ」と思って私達に見られていたランて 
ルカにはしんどかったんだろうな。

でも タフラブに出会って 初めてのセッションで
なんでルカがそういう行動を取るのか、取ったのか ぜーーんぶアヅミさんに教えてもらって 
私達がその場をきちんと仕切れていなかったから ルカが代わりにしていたということを知って
今まで この子のことを本当に理解してやれてなかったんだ・・・・とショックを受けました。
目からウロコが落ちて これまでのルカの行動にも 何もかも合点がいって
このセッションから ルカもミエルも含めて 犬達の行動を見る目が180度変わったんです。
この日が アンテにとっての「タフラブ記念日」



さて、そんなルカ、
DSCN549320160520.jpg
あんまり暑いので 濡らしたタオルを巻いてみた。

後ろから見たら
DSCN549620160520.jpg
パステルなカオナシ。


いやいや そういう話ではなくて・・・・・

アヅミさん曰く「ルカは風紀委員なんですよ」

はい、ルカは群れを乱すようなエネルギーを出す犬や 無礼な態度の犬を排除、
正そうとする意識が強いんだそう。
これって ごくごくまともな犬の本能なので 決して間違ってはいないそうなのですが
でもね、それは 飼い主の仕事だから、ルカがしちゃいかん!
いや、するな!! と言うことを ルカに教えなきゃならないんです。
でないとね、ルカがしんどいじゃないですか。
いちいち よその犬の行動にピリピリするなんて。。。。。


と、この日のお山のランに
そんな 風紀委員ルカの気質を発動させるに もってこいの?

DSCN546920160520.jpg
黒ラブのコロスケくん。

あ、ざっくりと コロスケくんのプロフィールを紹介しますと
アヅミししょー A-sideの保護犬です。
年齢8歳・・・・・
ただ、この8年間 暑い日も寒い日も 外に繋がれっぱなしの生活を送ってきました。
その間 お散歩に行ったこともありません。
人との関わりも最小限? ご飯をもらっていた程度。
早い話が ほったらかしで飼われてきた8歳です。

今 蓮くんママのところで預かりをされているのですが
車から降りてきたコロスケくん、まああああああ、

ハアハアハアハア わちゃわちゃわちゃわちゃ

実際に暑いのも 新しい場所で興奮してるのも 人に相手してもらえて嬉しいのも
見ているこっちまでが何だか気ぜわしくなっちゃう落ち着きのなさ
でも 最初はもっと酷かったそうな。
蓮ママが預かりをして 興奮を落として落ち着くようにコレクションを入れて整えて 
うんと良くなってるんです。

さあ、「大型犬、未去勢、わちゃわちゃくん」

DSCN549120160521.jpg
ルカの風紀委員気質を刺激するに十分な要素の詰まった子だー(笑)
*同じわちゃわちゃでも 小型犬にはそうでもないような気がする。


実際に それまで穏やかだったランの雰囲気が一変して 皆が わさわさし出しました。
ころすけくん、リードに繋がれたままで
決して 好き勝手にウロウロしているわけではないのに
それでも こういう落ち着かないエネルギーの子がランに居るだけで
全体の雰囲気がころっと変わった
すごいなあ。。。。。犬の興奮て こんな風に伝染するんだ。


たぶん、誰も気にかけない普通のランでの出会いだったら
そして このコロスケくんが ルカくぅ~んてルンルンで寄って来ていたら
ルカが このコロスケくんに怒って 喝!入れていたに違いないです
もう 今のアンテには目に浮かぶわ・・・・その図
その喝!が「落ち着け!」なんだか 「寄ってくるな!」「出てけ!」なんだか 
そこまでは分かんないけど。


でも ここではルカの出番なし。

もちろん アヅミさんが
DSCN550220160520.jpg
その興奮を落とします。

DSCN550320160520.jpg


8年間 お散歩もなく 外に繋がれたままの生活で 大して可愛がってももらっていないだろうに・・・・・ 
コロスケくん めーーーーーっちゃ良い子だと思います。
人にも犬にも攻撃性はゼロ。
未去勢だけど エロエロな態度もナシ(少なくとも ここでは・笑)
外の生活で色んなことが初めてで まっさらな子犬みたいな子です。
初めて人の愛情を受けて 嬉しくてたまんない。
むしろ ラブらしい、人に構って欲しくてのわちゃわちゃ。
可愛いなあ・・可愛いなあ・・・・
正直 コロスケくんみたいなラブ、世間にいーっぱいいます、珍しくないと思う。
アンテ もっと ヒーヒーーハーハーーアゲアゲなラブ 何頭も知っていますもん(笑)

車に乗る前にも興奮を落としてから・・・・・
DSCN550720160520.jpg
この子、いい人に出会ったなあ。。。。
普通だったら ラブらしい性格やねーで この興奮も見逃されるでしょう。
でもね、こんな興奮に支配された状態、しんどいやろ?
落ち着いて楽にしてもらいね。

なんやかやでコロスケくんのことを長々と書きますのは
この子、めっちゃアンテの好みなんです(ぐふふふ
o0480048013649368039.jpg
tomoちゃんのところからお借りして来ました

「ラブはイエロー」のアンテですが このコロスケくんのお顔 大好き。
マズルが短くて(笑) なんて言うか ラブの子犬のお顔してません?
o0480048013649368131.jpg
この写真が分かりやすいかな(笑)
ラブの子犬は世界一可愛い そんなアンテの心を揺さぶるのでありますよ。
コロスケくん、穏やかに、幸せになって欲しいな~。


アンテ わざと アヅミさんがコロスケくんのハンドリングするところをルカに見せました。
コロスケくんがよそに気を取られる瞬間 
アズミさんがコレクションを入れる場面もルカは見ていました。
DSCN550520160521.jpg
ね?コロスケくんはアヅミさんや蓮ママさんに任せていて大丈夫。
だから ルカは風紀委員なんてせず のんびりランを楽しんでいたら良いんだよ


あ、カイちゃんの写真載せるの忘れてた(笑)
DSCN546320160520.jpg
わちゃわちゃのコロスケくんのエネルギーがイヤで ずっと離れたところにいたカイちゃん。
賢いね~。

ムーちゃんなんて この後姿・・・・(あははっ)
DSCN548120160522.jpg

何故か ルカの豊富な毛を いじり始めたボインししょー。
DSCN548320160521.jpg

DSCN548420160520.jpg
ししょー、ドレッドは堪忍してください。。。。。


そして ミエルは
自ら車に乗り込み
DSCN550620160520.jpg
早よ 帰りましょーーーと 目で訴えていた・・・・




いつも応援ありがとうございます。

あんまり意味ないけど パステルなカオナシにポチッと!(笑)

にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村



Category : タフラブ
Posted by アンテ on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

ここまま says...""
あーー犬の事 もっと知りたい。
なのに、今 我が家は犬に何もしてやれてなくて、なんか…出来なくて申し訳ない。ごめんね…で、気持ちがいっぱいで なんかもう苦しくて どうしたらいいのか…
トリミングも今の私の経済力じゃ とてもじゃないけど(T ^ T)
すみません。ここで弱音吐いちゃいました。

黒ラブちゃん可愛い(⌒▽⌒)
ランの空気が変わるんですね!
8年ほったらかしだったら、時間もそりゃかかりますよねー。
でも、可愛い顔して みんなに好かれる子ですね(o^^o)
2016.05.23 20:45 | URL | #- [edit]
アンテ says..."ここままさん"
色んなこと ありますよね~。
だい・りん・ここちゃんは 一緒なのかな?
ここままさんが一生懸命毎日を過ごしているのなら 犬達に謝る必要ないですよ~。
どんな時も だい・りん・ここちゃん達はママが大好きですよ。

黒ラブ・コロスケくん 可愛いですよ~~(^O^)
私 ルカミエがいなかったら里親になりたいと思っていたかも、です。
さすがに 我が家に黒ラブは無理・・・
良い里親さんとご縁があるといいな~(*^_^*)
2016.05.23 23:18 | URL | #jAL4TSMI [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://anteglaze.blog10.fc2.com/tb.php/2250-033ccee2
該当の記事は見つかりませんでした。