IMG_631320170309.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

タフラブ・パックウォーク!

さて、先日 参加したタフラブ・パックウォークの様子なのですが


鶴見緑地の待ち合わせの駐車場で 

まず目に入った


DSCN345820160224.jpg
元 (←ここ強調・笑)白い貴公子 ピースと 大好きなピーママを見つけて
”うっひゃあ~わらぷでお出かけでふかーー!”とルカのテンションがアップ 
なんとも嬉しそうなお顔になりました。


んが!

こんなんやったり
DSCN345920160224.jpg

こんな雰囲気で
DSCN346020160224.jpg

・・・・・ちと、何か違うよーな気もするでふ by ル 


トドメに アンテがアヅミさんに「おはよ~ございます~」と声をかけて
アヅミさんを確認した時点で
ルカ、ほんまに分かりやすく すーーーーうっと表情が変わりました(爆)

ふふ、ルカさん、
どうやら今日は 「お気楽なお出かけではない」と言うことに気が付いたね?

そう、今日はパックウォークですよ!


ただ、この日の予定、我が家はちょっとややこしくて
パックウォークにはアンテとオットが参加するのですが
オット 午後から仕事の用事があったのでPWにはだいたい一時間しか参加できません。
なので車二台で来て
オットが途中で抜けることをアヅミさんに了解を頂いての参加でした。
ただ、PWは人ひとりに対して犬一匹がルールなので 
最初はそれぞれ犬を連れて歩いていても
オットがいなくなる時には 一匹は車の中に戻さなきゃいけない。 

なので 後半 オットが抜けたときはルカをアンテの車に戻してもらって
ミエルと参加し続けるつもりでした。
PWの後半は オビ的な練習とかが入ってくるし
前回 大阪城でのPWに初めて参加した時はパニくったミエル、
フセを完全に拒否った過去があるものですから(笑)
あれを何とかしないとね。


DSCN346220160224.jpg
さあ、まず みんなでウォーキング!
ボインししょー(アヅミさん)の目が光りますよぉ。


アンテ このパックウォーク好きです。
自分の犬のテンションの高さや動き、他の飼い主さんやワンちゃんとの距離、位置関係
そんなことを気にしながら歩くのって なんでかしら、楽しい。
皆さん 熱心なタフラバーですから ちゃんと距離を保って
変にワンちゃんを近づけてくることもなく
飼い主の無理強いな ”犬同士のご挨拶”も”絡み”もありません。
楽なんです、とっても。
あ、もちろん飼い主さん同士の挨拶や会話はありますよ~


DSCN346420160224a.jpg
そうですよ(笑)

ミエちゃんは おとさんと 
DSCN346720160224.jpg
こちら


DSCN346820160224a.jpg
なんか 「親子で走ろうマラソン」?みたいなのが行われていたみたいで
沢山のマラソンを走る方達が過ぎるのを待ってるところです。


そんなイベントもありで
この日の鶴見緑地、お天気が良いことも手伝ってか
DSCN347620160224.jpg
沢山の人と犬で賑わっていました。


DSCN347320160224.jpg
前日 かなり雨が降ったので 空気が澄んでたね~。
お天気が良くて でも風は冷たかった~
犬のお散歩には最高の日和でした。

DSCN347420160224.jpg
あはは、るぅさん 諦めなはれ~。


ピーちゃんも とっても良い感じで歩けていました
DSCN347220160224.jpg

ピースは本当に落ち着いてきていますよ~。
ピーママの頑張りはすごいです。

お恥ずかしいのはうちの黒犬。。。。

実は歩いている時から おとさん&ミエルがどこにいるかが気になってしかたなくて
わさわさ
この人、声をかけると届くので 一応 こちらを意識しますが
どーしても おとさん&ミエルのことが諦めきれない。

休憩のとき
DSCN348120160224.jpg
わざとオット・ミエルチームと離れたところに座ったら

DSCN348220160224.jpg
これまた 二匹(?)を探してきょろきょろ・・・・・

DSCN348620160224.jpg
匂いがするかな??(笑)

実は
DSCN348520160224.jpg
反対側におります(笑)

これも 本当はフタリを探すのにコレクションを入れて
止めさせないといけなかったのかも・・・
でも、今まで一緒にいた家族が見えなくなったら探すの当たり前やん?て思う気持ちが
アンテにはありましてね。
それで リードをぐいぐい引っ張ってパニくってフセも出来ずにヒンヒン言うような状態なら問題だけど
ルカはちゃんとここに留まって(多分リードを放してもどこにも行かないと思います)
フセと言われたらフセをしてるから それでいいかな、なんて。

タフラブをし始めた時は 何が何でも 
ルカの尻尾を下げて後ろをドナドナで歩かせねば!と思っていました。
執着は何が何でも良くないとも思っていました。
それから半年以上・・・・
色んなことを考えて 試してみて ルカやミエルの様子を見てて
人間だって気になる事、執着することってあるんやもん、
日常生活で困ってどーしようもないこと以外は大目に見ようという余裕が出てきました。
最近は やっぱりルカの楽しそうな雰囲気はそのままで
声が届いて ちゃんと後ろに”下がる”お散歩を目指そうと思うようになりました。
逆にミエルは後ろを歩いていても意識がリードを持っている人間にないので
それを常に意識させてあげるように。

決して 完璧に飼い主の言うことを聞く犬を作りたいんじゃないんです。
この子達の気持ちを尊重して そして楽な気持ちで過せるようにしたいだけ。

ケース・バイ・ケース。

まだまだ分からないことだらけなんだけど・・・・
今 タフラブで教えてもらっていることを基本に
自分の子達にどう応用していったらいいのか・・・模索中です。



DSCN348720160224.jpg
さあ、また歩きます。


ここで一旦 公園を出て 普通に公園周辺の歩道を歩いたのですが
おもしろいな~と思ったのは この、公園で出てからの方が
ルカは おとさん&ミエルを気にすることなく リラックスして歩いていたみたい。

DSCN348920160224.jpg
ある意味 ルカは諦めがいいし 切り替えも速いよね。


この後 用事のあるオットがルカをアンテの車に入れて
PWから抜けました。


そして
DSCN349120160224.jpg

ミエルのハンドリングはアンテに

DSCN349220160224.jpg
移ったのでした。


ミエ、おとさん もう居てないで・・・・・・



いつも応援ありがとうございます。

ふふふ・・・ミエルってやっぱり 可愛いわん

にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村 ポチッとお願いしま~す

Category : タフラブ
Posted by アンテ on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。