IMG_631320170309.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

タフラブ・初アジ練!

昨年 年末のタフラブ・お山のアジ練の時に

アヅミさんに
「年明けに皆集まってのアジ練あるんすよ。良かったらどうですか?」と
聞いていたんですが
その日が お正月三が日の三日だったっけ~?みたいな会話で終ってて・・・(笑)

ほんまに お正月早々の三日に?あるんやろうか~と思って 
年が明けてラインで尋ねたら
「ありますよ~、やりますよ~

これは普段は平日のアジ練なので参加出来ないオットも一緒に行って
ルカミエのアジ練の様子を知る良いチャンス!

と、言うことで・・・

DSCN256820160111.jpg
参加して来ました。

DSCN256920160111.jpg

ルカ お山につくなりどっかに頭突っ込んだみたいで

DSCN257220160111.jpg
タネだらけ。

ルカもミエルもここが大好きです。
DSCN257620160111.jpg
始まるまで ウロウロするルカミエ。


この日はいつもの ミニピンの蓮くんガーナちゃん、ゆずまるくんの他
始めましてのワンちゃん、以前 パックウォークで会ったワンちゃん合せて
DSCN257520160111.jpg
13頭。

思いつかなくてクレートを用意していかなかったので
車の後ろを開けて そこをルカミエの待機場所にしました。
ここで 大人しくしてろー。
DSCN258120160111.jpg
これ、リードで繋いでいるわけではありません。
でも 出ちゃダメ、と言われたら 名前を呼ばれてヨシと言われるまで出たらアカン。

これは とにかくお出かけが多くて車の乗り降りが多い我が家。
ヨシと言われるまでは 絶対に車から勝手に飛び降りてはいけない!と教え込んだので
(駐車場や道路上のことが多いから 飛び出したら命にかかわるからね)
普段から ドアを開けてもフタリとも勝手には飛び出しません。
てか 今思うと 何故かルカは最初から勝手には飛び降りなかったんですよね。
それが普通だと思っていた私達を ドアを開けると我先に飛び降りて慌てさせたのはミエルです。
ですから教え込んだのはミエルにかな(笑)


でも周囲が気になって 
DSCN259720160111.jpg
ドアの間から顔を覗かせるルカさん(可愛いねぇ~・笑)


この日は ちゃんとタイムを測って ミスをしたら減点という方式。
IMG_648120160111a.jpg

アジのルール、今も全然知らずにやっているアジど初心者アンテですので
何がなにやら・・・・・
とにかくコースを覚えてルカ・ミエルと走るのみ


DSCN260320160111a.jpg
はい、ルカは頑張ってくれました

昨年9月に 初めてこのお山のアジ練に参加するようになってから 月一回のペース。
なのでこの日で5回目。
アジの、ハードルを飛ぶ、トンネルを通り抜ける、スラロームなど・・・
ルカ自身がアジの動きを覚えて目的を理解して来ているので そうなると逆に 
アンテの指示を聞かずに自分勝手に走り抜けちゃうという心配が出てきましたが
この日はちゃんと指示が届いていたように思います
こういう所は やっぱり普段のオビやダンスでのトレーニングでの成果が
この子には”正しく”入っているなあと思う。


さて、問題は このお嬢・・・・・
DSCN259820160111ab.jpg
頑張ったところが違ーーーう!!

ここで 前の記事(⇒ 「初トレ・・そして目標!」 )で書いたようにミエルが
毎回、毎回毎回 大逃走を繰り返したので
そのたびに大汗をかきながら追いかけて余裕などなし。

DSCN260120160111a.jpg
疲れたのはお母さんの方やーーーー



とりあえず撮った写真を紹介しますと

なぜか どアップ 蓮センパイ(爆)
DSCN259520160111.jpg
今年もよろしくねっ


ミニチュアダックス、グルトくん。
IMG_647920160111.jpg
Mダックスでアジって珍しいですよね。
でも アジで良いタイムを出すのが目的ではなく
しっかりと飼い主さんと繋がったランが出来るか、それがタフラブのアジリティです。
でもグルトくん、めっちゃ落ち着いたランで優秀です。

写真を撮っていなかったのですが 同じ飼い主さんちのチワワのパルムちゃんも
とっても落ち着いてコースを走っていました。

小さな、小さなトイプー、凪ちゃんも。
DSCN259220160111.jpg
いや~んな表情ですが でも ちゃんと飛んでた。
ママさん飛ばせていました。
えらいな、って思うんです。
こんな小さな凪ちゃん、ついヨシヨシ、もういいよって言いたくなっちゃうのに。
でも それが凪ちゃんの為ではないと分かっているママさん。

このグルトくん・パルムちゃん、凪ちゃんも ルカミエと同じ、元保護犬です。
実はアンテ 随分と前・・・・ルカを迎える前後だったと思うのですが
グルトくん・パルムちゃん、凪ちゃんのことを やはり保護犬として里親募集されていて
ブログで見て知っていたので
こんなところで繋がりが出来て会えるとはびっくりしました。
世間て狭いね~


フレブル、これは・・・・ももこちゃん。
正直オチリだけでは分からなくて お洋服の色で判断しました(笑)
DSCN258720160111.jpg
ジャンプ。
お尻が可愛い~
何度か 逃げよっかな・・・?な素振りがあったけれど
でもママさんのNO!で止まり、そしてカム!でママさんの元に戻って
ちゃんとコースを走り切っていました。

そう、ママさんの声がちゃんと届いて、犬が諦めていた。
あれが大事なんやな。
ミエルにはアンテのNO!も ごらあ!も届かなかったもん・・・


DSCN259320160111.jpg
静かな楓ちゃん。

DSCN260420160111.jpg
カッコいいウランちゃん。

集合写真。
DSCN261520160111.jpg
皆 とってもいい子達。

どの子も飼い主さん達が一生懸命 我が子のために努力して
ちゃんとそれぞれきちんと繋がりを持っているのが分かりました。
飼い主さんそうした繋がりを持ったワンちゃんは落ち着いていて穏やかで
楽しそうにはしゃいでも ちゃんと飼い主さんの声が届いて妙な興奮がありません。

逆にアンテはこの日のアジ練で
飛び跳ねることが好きなルカが コースを走っている間 
思っているよりも冷静にアンテの指示を聞いていることが嬉しかった反面
ミエルとは全く繋がれてなかったことに気が付かされました。
でもね~、これでもマシになった方だと思うんですよ~。
(実はもうちょっとマシだと思っていたけれどね・笑)
だって前はランで名前を呼んでも知らん顔だった子ですからねぇ。
でも まだまだ この子には甘くて「させること」が足りなかった。。。。
その事に気が付いた日でもありました。
良かった、今 気が付いて。
良かった、やっぱりタフラブをして。
でなかったら こんな事 気がつけなかった。



〆はお鍋。
IMG_648320160111.jpg
カレー鍋、美味しかったわ~。
用意してくださった蓮ママ 何から何までお世話になりました。
ありがとうです。


プードル 並んでみました(笑)
DSCN262120160111.jpg
左から 凪ちゃん こうたくん、ミエル、ルカ 綺麗に揃ったね


と、その前を

DSCN262220160111.jpg

ゆずまるくんが行く(爆)








いつも応援ありがとうございます。

こんなお嬢をポチポチッと

にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村     何をーーーーー?!

Category : タフラブ
Posted by アンテ on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

ここまま says...""
アジとかの事は全然分からないんですが、待てとか、おいでとか ダメ!とかっていうのは最低でも覚えさせたい事ですよねぇ~~
ですよねぇ~~~・・・
お散歩の時にそういうの割と聞こうとするのは だい。
ここなんて、もう・・・家では だいりんの事がイヤでダイニングのテーブルの上や 椅子の上のベッドにいるから大人しいんですが 外に行くとうっほほーーーい!って感じなんですよね~^^;
なのに、途中で何が怖いんだか頑なに歩くのを拒否・・・ずっと抱っこする羽目になります。
こことの散歩は正直楽しい!行こう~!って私がならないんです(涙)

りんは、りんも何か怖いのか嫌な事があるのか・・・右行ったり 左行ったり なんせ壁を探して壁に沿って歩きたがるんです^^;
なるべく躾の為にも一人一人お散歩に行くようにはしてるんですが、なかなか大変です^^;;

最後の写真笑ったぁ~~プププ^^
2016.01.12 08:55 | URL | #- [edit]
アンテ says..."ここままさん"
あら、ここちゃんもりんちゃんもお散歩に問題あるような・・・(^_^;)
歩くのを拒否されたからって抱っこ、ダメですよ~。
人間(飼い主)が諦めちゃダメです、諦めるのは常に犬の方であるべきなんですよ。

小さいトイプーちゃん、問題が起きても抱っこしたら その場は解決しますもんね。
でも その時「この子がシェパードだったら?」って置き換えて考えてみてくださいな。
抱っこ出来ないでしょ?
右行ったり左行ったりされたら大変でしょ?(笑)
でも心理的には 大きい小さいは関係なく「犬は犬」なんです。

そう思って接したら きっと何かが変わりますよ(*^_^*)

2016.01.13 03:01 | URL | #jAL4TSMI [edit]
ここまま says...""
ですよねぇ~ですよねぇ~~
私も、そう思って 引きずってって言ったら言葉悪いけど やってた事もあるんです。
それが正しいやり方かは分からないんですが そうしてたら もちろん声かけながらですよ~?
でも傍から 見たらひどい飼い主にうつってしまって あ~~あ~~かわいそうに・・・犬だって行きたくない時もあるわなぁ~あーーかわいそう~って言われてしまって・・・

でも、もちろん自分のやり方に自信があれば 毅然としてられるんでしょうが 自分に自信がないからでしょうね!
このやり方であってる!って思えてないから 負けたんだと思います・・
勉強します!!
ありがとうございます^^
2016.01.13 09:45 | URL | #- [edit]
アンテ says..."ここままさん"
難しいですよね~。
ワンコさんだって イヤって我を張ったら通ることも覚えてしまっているし
そうなると 飼い主と犬の根比べですね。
最終的には犬の方が諦めて 一歩踏み出す手伝いをしてあげられると一番良いのですが。
時間的にも精神的にも余裕がないとできませんよね。
引っ張りまくるワンちゃんもしんどいけど
嫌がって歩かないワンちゃんも大変なんやな~って読んでて思いましたよ。

あ、でも周囲の目は気にしたらあきません。
その人達が ワンズにご飯食べさせてくれるわけでなく
その子が病気になったから、怪我したからって言うて病院に連れて行ってくれるわけでなく。
無責任で言うてはるんですもん。
気にしない、気にしない。
ワンコにとってお散歩を楽で楽しいものにしてあげられるのは飼い主さんの愛情です。
そのためには 甘い態度ばっかりではいられません。
時には毅然とした厳しい態度も必要ですよね。
それが分からない人はほっときましょ(笑)

あ、でも ただずるずる引きずるのはどうかと・・(^_^;)
リードでちょっとくいーーーっと引っ張ってあげて
自分から一歩、踏み出すのを手伝ってあげてくださいな。
で、踏み出しそうになったらリードは緩めて。
踏み出せたら褒めて、褒めて。
あくまで ワンちゃんが自分から踏み出したようにしてあげて・・って
これも 全部 タフラブからの受け売りでぇ~す(笑)


2016.01.15 00:02 | URL | #jAL4TSMI [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://anteglaze.blog10.fc2.com/tb.php/2111-6889d819
該当の記事は見つかりませんでした。