IMG_247620170819a.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

12日間。

少し前に読んで 

胸が詰まって・・・・・


つくづく考えさせられた。



ルカのお里の「ともnet」さんの

「新人 エルフィです」

どうか 読んでみてくださいな。


保健所で あまりの状態に先は長くないと思われて・・・・・

でも そうなら せめて 
美味しいご飯を食べさせて きれいな布団の上で死なせてあげたいという
ボスの思い通り、
エルフィは素敵な名前を頂いて
生まれ変わって 
幸せな12日間の命を全うして 虹の国に旅立って行きました。


IMG_065020151005.jpg
大好きな河川敷にて。



エルフィ、幸せだったと思います。
14歳くらい・・という飼い主の申告があったと言いますから
何らかの事情での飼い主の持ち込み?

なんで 後 数か月・・・いえ、数週間が待てなかったのか。
「うちの子」として 最期を迎えさせてあげられなかったのか。

いえ、私が言うことじゃないわ。
そんなこと、ボスが痛いほど思ってらっしゃる。

こんな状態の子を持ち込みできる飼い主さんの元で死ぬよりも
寝たきりで動かず ウンチやオシッコにまみれて全身毛玉だらけのエルフィに
心を留めてくれたボスの元で死ねた方が幸せだった。


IMG_065120151005.jpg


何度でも言います。

もしも 飼いきれないと思うなら 色んな手段を使って里親さんを探しても見つからず
どーにもならない・・・・・・そんな事情が出来たなら
保健所のコンクリートの空間に入れることを考えず
他人任せにせず
その気持ちを理解して下さる獣医さんに頼んで安楽死させてあげてくださいな。
ご自分の腕の中で その子の名前を呼びながら 撫でてあげながら・・・・・
最後の思い出を 優しい暖かいものにしてあげてください。

犬は決して恨んだりはしません。

犬には「死」なんて分かりません。


IMG_065520151005.jpg

でも  自分が見捨てられ

置き去りにされたことは 分かります。


そして

誰だって 死んでいく犬を見るのは辛く、イヤなんですよ。

平気な人なんて いません。


IMG_065820151005.jpg


保健所に収容され 

そこから助け出されたこの子達に

IMG_066320151005.jpg
私達は 言葉で表現できないほどの幸せを 日々 頂いています。



河川敷で会った 素敵なご家族。
IMG_450420151005.jpg
上手に写真、撮れたかな?(笑)

IMG_450120151005.jpg
このボクちゃんに(髪の毛くくってるけど男の子なんですよ・笑)  とっても気に入られて
帰る時は大泣きされちゃった


この子達が大きくなるころまでに
「保護犬」なんて言葉が無くなって
「悪徳ブリーダー」「パピーミル」なんて言葉も無くなって

運転免許を取らなきゃ運転できないように
犬を飼うには 最低限の「犬の知識」を持ち 犬を「育てる」責任感を求められますように。。。。  



ボランティアの皆さんが救われたのは 

この子達の命と


IMG_067320151005.jpg
私達の心。

ここ、数年の

実家の父と母の病気、入院、住み慣れた場所からの引っ越し。

長いこと 気持ちが見えなかった子供へのいら立ち、不安。


全て この子達がいてくれたおかげで 乗り越えることができました。

IMG_065220151005.jpg

本当に うちの子になってくれて ありがとう。


エルフィの 輝いた12日間は
あらためて、この子達と出会えたことへの感謝の気持ちを、思い出させてくれたのです。




読んでくださって有難うございます。

沢山の”エルフィ”のために・・・・・

にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村

Category : 保護活動
Posted by アンテ on  | 6 comments  0 trackback

6 Comments

ここまま says...""
切ないけど・・・・エルフィちゃん幸せだったですよね?きっと・・
なんで、起き上がったんかなー?
なんで、ご飯食べたんかなー?
なんで、ストーカーしたんかなー?きっと、嬉しかったんですよね。
保健所にいる時はきっともう諦めてたんかな?生きる力もなかったんかな?
急に元気出して可愛いな・・・どうして飼えなくなったんだろう・・
様子見てると可愛がられてはいたのかな?って感じがするのに。

我が家も、自分の体の事 上の子の不登校の時 この子達がいたから上の子もきっと心の支えになったはず。
もちろん私の支えにも大いになった・・パパより(笑)
少なからずその飼い主さんだっていっぱい癒してもらったはず。なのに最期は看ないなんて・・・
あまりにも悲しい。
大好きな匂いのついた安心する腕の中で逝かせてやるのが飼い主の責任ですよね!?
それが、一言も言葉を交わすことのなかった子にしてやれる最期の最高のプレゼントだと思いますけど・・
なんか、何言ってるのか分からなくなってきました←いつもの事^^;

ルカさん気に入られたんだね~~^^泣かれて困ったね~(笑)
ちっちゃいお手手でiPhone持って可愛いですね^^

なんか今日散歩しながらこの記事思い出しながら散歩してました・・
そうですよね。選ばれし者だけが飼い主になれるようにしたらいいと思います。
2015.10.08 09:10 | URL | #- [edit]
ミキコ says..."看ないか看れないか"
もしかしたら、飼い主さんの方が先に虹のたもとに行っている…そんな可能性はないでしょうか。一人暮らしで、突然死したのを、何日かたってから見つかってて、残されたワンコは…。もしそうだとしたら、今頃は再会できているかも…。せめてそうであって欲しい。
2015.10.08 12:27 | URL | #- [edit]
アンテ says..."ここままさん"
見捨てられた、って 犬って分かるんだと思います。
だから 立てなくなり、食べれなくなり、汚れて行く。
でも 優しい心に出会って助けられた途端
また、生きようという力が湧いたんでしょうね。

エルフィは幸せだったと思います。
どんなご家庭でどんな可愛がり方をされていたかは分かりませんが
最後が保健所だとしたら 全てむなしい。
でも ボスが引き取ってくれた12日間がエルフィの幸せな一生として上書きされたと違うかな。

父や母のことを心配したり 子供のことで悩んだり
でも 犬はいいなあ。
この子達と外に出て行くことで どれだけ気持ちが切り替わって
また新しく一日を始めることができたことか。
ほんま 癒しの存在です。
ここままさんもそうですよね。
(そう、パパさんより・・・・爆)

うん、犬と暮らせるって幸せなんですよ~。
もっと もっと その幸せを大切にしなきゃ。。。。。ね。



2015.10.08 22:38 | URL | #jAL4TSMI [edit]
アンテ says..."ミキコさん"
そうなのかな。
もしかして 今頃 先に旅立った飼い主さんに
「美味しいご飯もらったよ、暖かいお布団で寝ていたよ、ボク幸せだったよ!」って報告しているでしょうか。
そしたら 元飼い主さんも喜んでくださっているでしょうね。

うん、私もそうであって欲しいな。。。。
2015.10.08 22:41 | URL | #jAL4TSMI [edit]
ルースママ says...""
アンテさんのブログ見てたら涙が出てきました。
動物を飼うってことはその子の命が尽きるまで面倒をみるってことなのに…
自然死であれ病死であれ、飼い主が先に死ぬ場合もある。その時は、獣医に連れていって安楽死も選択肢の一つだと思います。
動物を残して飼い主が死んでいくのは無責任な気がします。
いろいろな事情でやむを得ないこともあると思います。でも、やりきれない気持ちでいっぱいになりますね。

冷たくて怖い場所で死んでいくより、こうやって手をさしのべて貰えてほんとに幸せだったよね。
怖い記憶から暖かい記憶に置き換えて貰えて良かったよね。

人間でも会いたかった人に最後会えたりしたら、今までなんの反応もなくてもふと目を開けたりとか聞きますもんね!
きっと暖かさを感じ取れて、生きる力が芽生えたんだよね。
ほんとに良かった。

私にはできないこと。
たくさんの命を繋げてくださってる方々には頭が上がりません。
2015.10.09 08:24 | URL | #YqzQT8Bs [edit]
アンテ says..."ルースママさん"
そう、生きているものを残して、
それも 飼い主を頼るしか生きる術を持たない存在を残して
先に逝ってしまうのは無責任なんだと思います。

母の従弟にあたる人が獣医をしていて
実家で飼っていたマルチーズの健康管理をずっとしてくれていたのですが
母が「この子が死ぬと考えると胸が詰まるわ」と言うと
「でも おばちゃん、この子を残して死んでしまうことは出来ひんでしょ?その方が辛いでしょ?」と
言われたのを聞いていて
あ・・・と思いました。
この子達の死を見届けるのが 飼い主の責任、と。
そして それが出来ることが飼い主の幸せなんだ、と。


犬って 良い意味でとっても単純だと思うんです。
シーザーさんの言葉通り「今を生きている」
だから 見捨てられて死の直前まで行ったエルフィも
差し伸べられた優しい存在に命を吹き返した。
そして その優しい気持ちを最後に旅立って行ったんだと思います。

ありがとうございます。
こうして 少しでも
こうした活動をしてくださっているボランティアの皆さんの気持ちを伝えることが出来れば・・
本当に嬉しいです。

2015.10.10 00:48 | URL | #jAL4TSMI [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://anteglaze.blog10.fc2.com/tb.php/2014-fcad547d
該当の記事は見つかりませんでした。