IMG_631320170309.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

タフラブ・パックウォーク その2

返す返すも その時 デジカメを持っていなかったことが悔やまれるアンテ。。。。
あの表情は撮っておきたかったな。


それまでルンルン♪だったミエルが かちーんと固まった。。。のです。


少し広い空間に皆さん集まって ばらけて
何が始まるのかと思っていたら いわゆるオビの時間でした。

「フレブルは座ってー」
「他犬種はその間を歩いて回ってー」

「他犬種、フセてー」
「フレブル その間を自由に歩いて回ってー」

ここで 飼い主の指示通り スワレと言われたらスワり、フセと言われたらフセなければなりません。
飼い主の後について 他の犬を気にせず歩き回らなければならないし
他の犬に気を取られたら すかさず「見るな!」のコレクションが入ります。
皆さん とても落ち着いてらっしゃるし
他のワンちゃん達も何にも問題なく。


この時 ルカをハンドリングしているのはアンテ。
オットはミエルをハンドリングしていました。

ルカは それまでのビビリキョドキョドは解消して むしろ自然体な感じ。
フセのコマンドにもスワレのコマンドにも素直に従って
もちろん 歩く時も他の犬に気を取られることもなく 順調

んが

ふと、見ると

オットが苦戦しておる

オットが「ミエル、フセ!」と命じても 頑としてフセせぬミエル。
他のワンちゃんは みーんな 素直にフセの体勢を取るのに
ミエルだけが 無表情で、スワレした身体は反り返り 目はあらぬ方向をにらんでいる。

 ミエルのあの表情・・・・見覚えがあるぞ。。。


そう、あれは シェイクでオビのクラスにいた時。
頭 プシューってなっちゃって
「もういや、何言われても私、しましぇーーーーん」の頑固なあの表情や。
その上 目が真ん丸になって ミエルの脳内がパニクっているのが見て分かる。

オット ますます焦って「フセ、ミエル、フセ!」
ミエル、頑としてせず。

ひゃあ、おもろいわあ


その時 ずばりの写真はないのが残念なのですが
その後の ミエル。
DSCN920120150729.jpg
口元をぎゅっと結んで無表情で 硬い顔。

DSCN920320150729.jpg
そういう意味ではルカの方がすんなりと 状況を受け入れていたように思えます。



DSCN920420150729.jpg
口角がくっと下がって まさしく気難しい表情(笑)


DSCN920520150729.jpg
ミエル

DSCN921120150729.jpg
ずっとこんな表情やったね


頑としてフセを拒否するミエルに
オット 一旦 仕切り直し。
ミエルを立ち上がらせて その辺りをウロウロと歩かせてから(これは正解!
また フセさせようとしましたが それでもせず。
最後は前足を引っ張られて強制的にさせなきゃならなかったんちゃうかな。

一体 何がこんなにミエルの心を閉ざさせてしまったのかな。
ちょっと理由が分かりません。
もしかして 下の枯葉だらけの地面がイヤだったのかも。
なんか意味わからずに皆と歩かされて とうとうフセなんて言われて納得ができなかったのかも。


ここでの目的は 犬に「させる」こと、とアンテ理解しました。
同じ座る行為でも 犬の方がオヤツをもらう目的で「座る」のと
飼い主に言われて イヤイヤながらでも「座る」のとでは 全然意味が違うのだそうです。


実は マスミさんを勉強しだして 実際にアヅミさんのセッションを受けた後
今までしていたトレーニングとの兼ね合い(?)に悩みました。

マスミさんの「興奮・緊張・執着に良いことなし!」に大いに納得、共感するものの
今までシェイクで習ってきたオビ・ダンストレーニングは 犬の興奮(テンションを上げる)と 
オヤツに対する執着を利用して進めてきたのですから。。
正直 ルカミエのためにはダンスを止めた方が混乱させなくていいのかも、とさえ思ったのですが
でも、でも アンテ、ルカミエとのダンス、好きなんです。
ダンスは 本当に この子達とのコミニュケーションです。
ダンスをすることで沢山の事を学びました。
凹むこともあるけれど やっぱり、やっぱり 楽しい。
そのことをアヅミさんに伝えると
「続けてもらっていいですよ。でも ママが”させる”と言うことは忘れないで!」とアドバイス頂きました。
頭のいいスタンプー、飼い主の先を読んで「やったってる」になるんだそう
下手したら飼い主の方が 「お願い、オヤツあげるからやって~」になることも(これ、絶対にあかーん)
それを見抜いたアヅミさんのアドバイスでした。
それとダンスは続けよう思ったもう一つの理由は
少しずつ タフラブとシェイクのトレーニングの「違い」が頭の中で整理できてきた時
ダンスはタフラブの教えをもとにして出来ると考えたから。。。。
ダンスはテンションのコントロールが大事です。
ただテンションが高ければ良いってもんでもない。
その辺りはやはり飼い主が犬をコントロールして成り立つことが多いので
そういう意味では 飼い主主導が理想なんだと思います。

あ、話がまとまらなくなってきた



さて、オビの時間 
もうお一方、頑としてフセを拒んだ方が・・・

DSCN922420150729a.jpg
そう、ウルちゃん、あなた!!

こんな可愛いお顔をして なかなかの頑固者です。
アヅミさんに時間をかけてフセするように仕向けられていましたが
これが なっかなかしない!
小さい体、全身でフセをすることを拒んでおりました。

それでいて みんなで朝ごはんを食べるとき
少し離れた場所に係留されると TMさんを呼んで「キャン!」と鳴いて
注意されるウルちゃん。
DSCN919620150729.jpg
NO!を入れられても あれは絶対に反省はしてないな(爆)
(あ、アテレコはアンテの脳内アテレコでございます)



この皆で朝ごはん。

DSCN919920150729.jpg
の時

犬達は 離れた場所で係留された状態で
大人しくまったりと過ごさなければなりません。
飼い主を呼んでピーピー鼻鳴きしたり ましてやキャンキャン要求吠えは許されません。
犬は そこでじっとしとけ!です。

ルカミエは 今回初めてと言うことで

DSCN920020150729.jpg
割と近くに係留することにしました。


皆 
DSCN923020150729.jpg
まったり。。。。

DSCN921920150729.jpg
お尻

DSCN922020150729.jpg
ばっかり。。。。。(笑)

これ、一応 アンテ 気を使ったつもりです。
カメラのレンズって 犬には目に見えるそうで・・・・
だから 正面からレンズを向けられるのを苦手にする子も多いんです。
実際 ルカはあまり正面からレンズを見るのはイヤみたいで視線を避けることが多いです。
なので ウルちゃんは前にも会っているので気にしなかったけど(笑)
他のワンちゃんは それこそどこにスイッチがあるか分からないので正面から撮ることは遠慮しました。 


DSCN919820150729.jpg
いいでしょ、このショット
この子達、ずっとこの状態で 本当に可愛かったー。


さて、アヅミさんにスペース奪われて オカンにコレクション入れられて
DSCN921520150729.jpg
ぶー垂れるウル坊。
可愛いんだな、この子。

DSCN921620150729.jpg
あ、ごめん
そろそろシャンプーやわ。


DSCN921720150729.jpg
今回のパックウォークで 頑固二大巨頭となったミエル・ウル。
TMさん、この子ら 何とかしましょーなあ!


振り返ったら アッと言う間の3時間でした(解散した時 朝の8時・笑)
参加されてお散歩していたワンちゃん達、きっと他の方から見たら
とてもお利口で とてもしつけの行き届いたワンちゃんに見えたと思います。
皆 大人しく飼い主さんの後ろを リードは”し”の字で
鼻息高く飼い主を引っ張って 好き勝手に歩くワンちゃんなんていなかったですもの。
けれど 本当は皆さん それぞれ問題を抱えて悩み タフラブの門を叩き 
犬を理解しようと 日々 地道な努力を積み重ねてきた飼い主さん達です。
そんな皆さんと一緒に歩かせて頂くことで
とっても良い勉強をさせて頂きました。
とにかくついて行くだけに一生懸命で
あまりお話はできませんでしたが ありがとうございました。


DSCN922820150729.jpg
また 参加するぞーーー!


あ、大阪城 とっても涼しかったですよ~。
暑さは全然気にならなかったです。
ただ、セミがうるさくて アヅミさん「セミ、うるせー!」っ叫んでいたけど
さすがにセミにコレクションを入れるわけにもいかず・・・
セミはやっぱり うるさかった。。。(笑)




長い内容にお付き合い ありがとうございました。

次はもうちょっと離れたところで まったりしてもらおう。
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村   ポチッとお願いします

Category : タフラブ
Posted by アンテ on  | 8 comments  0 trackback

8 Comments

ディノまま says...""
さすが、アンテさん上手にまとめてらっしゃるーー

犬って、させられたとき本性が出ますねー(笑)
それとも、ハンドラーがパパさんだから?
ミエルちゃんの 意外な一面が見えて面白いです

ダンスとタフラブ、迷いますよね
これ前にも書いたかもしれませんが、
ダンスの第一人者である アンディ先生も元は訓練士で、
アンディ先生の教室の犬達は、もと問題犬がたくさんいます

問題行動を直しつつダンスもやってるわけで
アンディ先生が どうやって問題行動を直してらっしゃるかは
わかりませんが、絶対 陽性強化ではないはず

でも、アンディ先生のところの犬達のダンスは見事としか
言いようがなくて、、、
きっと、きっちり犬との上下関係を付けたうえでのダンス
だからこそ、あの演技ができるのではないかと
若輩ものの わたしが言うのもなんですが、そう思ってます

ルカちゃんやミエルちゃんも、タフラブ学んだ後のダンス
きっと違ってくるのではないでしょうか
タフラブがいい影響与えると、そう思います
2015.07.31 06:36 | URL | #tk5HCC0k [edit]
アンテ says..."ディノままさん"
ミエル、面白い子でしょ(笑)
でも この子のこの「脳内パニくり」をなんとかしてやりたくて 
これがきっかけでタフラブに踏み込んだようなものです。
「カツーン」とコレクションで ハッと我に返したいのですが
未だ ミエルに効く「カツーン」が見つかっていません。。。。(^_^;)


ディノままさん・・・
コメント頂いたこと、本当に感謝しています。
やっぱり私なんかより ずっとずっと深くタフラブを理解してらっしゃるし
多くの経験から物事を見てらっしゃる。
本当に有難くて胸が熱くなりました。


タフラブを芯としながらダンスも続けたい。
そう思って、そう思いながらも まだ不安でした。
一方では興奮するな!と導くのに それなのに一方ではテンション上げて!!って要求するって
ルカやミエルを混乱させないかな、とか。
そんな私のことを ルカミエが信頼してくれるかな、とか。

でもアンディ先生のお話で とても前向きになることができました。
ダンスは最初はオヤツで釣って様々なトリックを教えますが
単なる陽性強化には留まらないと思っています。
私、まだまだなのでエラそうには語れませんが
一曲仕上げようと思うと 必ずオヤツうんぬんではない状態になります。
理想で言えば その時、しっかりと飼い主と犬との関係が出来ていなければ
素晴らしい演技は出来ないのだと思います。

たとえ犬が「したくない」時でも 「しなさい」と命じられたら「しなければならぬ」。
それも 犬がイヤイヤするのでは ちっともダンスとして見ていて楽しくありませんから
犬に「その気」にさせる飼い主側のテクニックやモチベーションの上げ方も必要なわけで。
また ダンスは犬を興奮させてテンションアゲアゲで出来るものでもない。
まだまだタフラブは勉強不足な私ですが 突き詰めて行ったら
犬の興奮をコントロールしながら 
「させる」がいっぱい詰まったドッグスポーツ違うかな、なんて今は思えます。


何だか とっても勇気を頂きました(*^_^*)
これで迷いなく タフラブ・ダンス 欲張ることが出来ます(笑)
本当に ディノままさん、ありがとう。。。。



2015.08.01 00:37 | URL | #jAL4TSMI [edit]
ひまママ says...""
今頃、またまた失礼します!
記事 読みながら アンテさんとディノままさんのコメント
読みながら そうそうそうーー! まさにそう~~!と
何度と声出しました(笑)

同じ思いの方がいらっしゃるというのは、
ほんとに勇気をいただけます!(^^)
そして、わかりやす!
タフラブって?を言葉にするのは大変なのに
尊敬します(*^_^*)

私もアジリティと普段の生活(お散歩も含め)で
悩みました。
でも、アジリティは私とヨウがお互い心の言葉を
通い合わす共同作業で大切な時間なんです♪
競技会でも、質の悪い興奮でスタート地点に立つと
待てませんし、走り終わってからハンドラーの
声が届かずどこへやら~もある訳でして
やはり、そこには人との繋がりコントロールが
必要なんだと思えるようになり 心晴れ晴れ
練習に励んでおります(爆)

まだまだ課題あり、トイのひまわりと始めたアジリティ
なんですが彼女が未だにわかりませんでして(汗)
ミエちゃんと同じ表情するんですよぉ
口を一文字にキュっと
そして、もひとつ 閉店ガラガラ~になる事も
あるんです(笑)
わかりにくく興奮したり、もじゃっこさんが
びびりドミひまわりの興奮を見つけてくださいましたけどっ

奥深く、魅力的な我が子たち まだまだ理解できてませんが
同じ気持ちで話せるタフラバーさんが増えると嬉しくて~
また、頑張ろうって思います♪♪♪




2015.08.03 11:38 | URL | #- [edit]
アンテ says..."ひまママさん"
ありがとうございます!
私も同じ思いの方から こうしてコメントを頂けると
本当に勇気を頂きます(*^_^*)

毎日の生活の中で 少しずつ、少しずつ、色んなことが繋がって
自分の中で納得がいって整理されて行っています。
反面 新たな疑問や悩みも生まれているのですが・・・(^_^;)

>でも、アジリティは私とヨウがお互い心の言葉を
 通い合わす共同作業で大切な時間なんです♪

そうなんですよね!
タフラブ すごいなって目からウロコの連続なんですが
でも ドッグスポーツの類をするとなると どーなるの?みたいな。
犬と一緒に何かしたいし
犬の持つ特性や個性、能力を発揮させてやりたい。
今はやっと それも飼い主主導で出来るんだと新しい視点に立てています。
(出来るかどうかは別として・笑)

そうなると やっていることは今までと同じなんですが
なんだか 自信や責任のようなものが湧いてきて
ルカに指示を出すのも ダメ出し出すのも
余裕を持って出せるようになっている気がします。


閉店ガラガラ~(爆)
まさしく あの時のミエルですね(笑)
で、私 今ミエルにてこずっています。
まだ よくミエルのことが分かっておりません。。。。
ミエルでもう一回セッション受けたいと思っています。

こんなことが こんなことに繋がっていたんやね、なんてオットと話しています。
考えてみたら 人間も同じ。
表面の見た目だけではありませんものね。
ほんと、奥が深く魅力的です(*^_^*)


 
2015.08.04 02:00 | URL | #jAL4TSMI [edit]
はなもも母 says..."お疲れ様でした"
先日PWでご一緒させて頂いたフレブルのはなここ・ももこの飼い主です。
記事の写真で2匹でずっと同じ姿勢してました犬です(笑)
私達もあまり余裕がなくてお話しできなくて…
でも、ルカちゃんもミエルちゃんもとっても落ち着いてましたね。
フセ拒否は気づかなかったです。
ウルちゃんは近くでフセ拒否は見てましたが(笑)
次回もよろしくお願いします!
PWの謎、次回の時に私の見解をお伝えしますよ〜
2015.08.05 08:15 | URL | #- [edit]
アンテ says..."はなもも母さん"
ひゃあ、あのワンちゃん達の!!
もう ずーっとあんな風にフタリで寄り添う後姿が可愛くて微笑ましくて(*^_^*)
なんともフレブルの後姿、味がありますねぇ(笑)

わざわざコメント、ありがとうございます(^O^)
PW お疲れ様でした!
そうですよ~、あの日 フセ拒否ったの、
うちのミエルとTMさんちのウルちゃんだけだったと思われます(笑)
何とも不名誉な頑固巨頭となりました。

ほんと、余裕がなくて
もっと皆さんとお話してお勉強させてもらえば良かった~と ちと後悔していました。
あ、アズミさんが他のワンちゃん・飼い主さんに指導されるのは
耳そばだてて聞いていましたが(笑)

ぜひ、次回もよろしくお願いします。
PWの謎、特に第二の謎、期待しています(笑)


2015.08.05 23:03 | URL | #jAL4TSMI [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.08.13 07:45 | | # [edit]
アンテ says..."「管理人のみ閲覧できます」B姉さん"
お返事が遅くなってすみません。


あ、覚えていますよ~。
ピザカッター!(笑)
わあ、こんなことで喜んで頂けるんや~って嬉しかったですもん(笑)


旅行先でスマホでコメントを読ませて頂いていました。
帰ってきてから またパソコンの大きな画面で 
一言、一言 じっくりと読ませて頂きました。


どの仰る内容も 今の私にはとても良く分かり
また あらためて心に染みこむようでした。


>基本さえ間違わず、
 ここ!ってとこさえ掴めば・・・・・・

そう、私も色々と悩んで 色んなことを欲張っても
自分も犬もしんどいなあって思えるようになりました。
完璧な犬を求めているわけでなく お互いに信頼しあって何よりの存在でいたいだけ。
後はやっぱり この子達の個性ですものね。
それは大事にしてやらないと。。。。


ダンス、まだまだなんですよ~。
まだまだ オヤツ・・・いや ルカだったらボール、かな?に負けるハンドラーです(^_^;)
でも タフラブや こうしてコメントを頂いて教えて頂くことで
また違う視点からダンスのトレーニングを見ることが出来る様になって来ています。

本当にありがとうございます~!
とても分かりやすく 心が整理されたような気分になれました(*^_^*)


2015.08.16 10:58 | URL | #jAL4TSMI [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://anteglaze.blog10.fc2.com/tb.php/1940-7a6760f3
該当の記事は見つかりませんでした。