FC2ブログ
IMG_2416.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

作陶展の続き

ご自身も陶芸をされていてユニークな作品を作られているwankoさんが
「陶芸でピンクの色がなかなかでないです」とコメントで書いて下ったのを読んで
そうなんです、そうなんです!と 大きくうなづいたアンテです。

陶芸を始めてしばらくして 陶芸用の下絵の具を買ったのですが
どの色も 良く言えば素直と言うか、悪く言えば単純と言うか・・・・
まだ使い慣れていないせいか 下絵の具では微妙な色使いがどうもできません。

今回 出展させていただいたお皿の桜の色に これで悩みました。

最初 先生のところに 
桜花窯変(おうかようへんと読むのですが・・・漢字 自信がありません)
という釉薬があって それが見本では ほんわかとしたピンクだったので
「これだ!」と思って 桜の花びらの部分に流し込むように入れたのですが
焼きあがりを見ると 殆ど色が見えないうっすらとベージュ?になっていただけ。。。

それで 上絵付けの絵の具でなんとかしようと思い

余った土で作った小皿で 
CIMG5100.jpg
三種類 試してみました。

結果 有田の絵の具が一番 印象的な花びらになるかな、と思って
有田の絵の具を選んだのですけれど
チャイナペイントでもそうですが 赤とかピンクとかの発色は本当に難しいですね。


本当に素敵な作品ばかりだったのですが
作陶展で 私が心惹かれた作品をいくつか・・・

CIMG5082.jpg
呉須でこんな風に いつか、描きたいです。
お皿のフチに花びらの端が描かれていて そのまま裏側にまで描かれています。
そういうのも大好きな作品です。

CIMG5083.jpg
何とも シンプルでモダン!
釉薬の色の出方が本当にいいなあ。。。

201003095085.jpg
これは もしかして本物の葉っぱを土に押し付けて
葉脈の部分の凹みを作られたのかな?
一度してみたい・・・好きな葉っぱを探すことにします(笑)


CIMG5086.jpg
この作品は 素晴らしかったです。
細かいデザイン好きのアンテも 「うわぁ・・・すごっ。」
絵の具は 九谷かな??緑色が印象的です。


201003095089.jpg
これも目に留まった作品。
201003095090.jpg
この雰囲気がなんとも。。。。

CIMG5092.jpg
爽やかなブルーのラインが良くて。
夏、こういう色合いを使ってみたいです。


面白かったのが
CIMG5095.jpg
この作品。

ふくろうが びっしり(爆)
CIMG5096.jpg

一緒に行った オットが
「これ、一個一個 作らはったんか?」

そら そうやろ~(笑)



本当に面白いですね、陶芸。

Category : 陶芸
Posted by アンテ on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://anteglaze.blog10.fc2.com/tb.php/173-3a19e7b6
該当の記事は見つかりませんでした。