IMG_631320170309.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

エリカラミエちゃん

いきなりですが

ミエルのエリカラ姿。

DSCN683920140906.jpg
意外と可愛い

はいはい、見えてますよぉ。

ミエちゃん 天井向いてないで もっと正面見てごらん~。


IMG_637420140906.jpg
そうそう


実は ミエル、先週の木曜日(9月3日)に 鼻に出来ていた腫瘍の切除手術しました。


もう だいぶ前のこと(これがいつだったか思い出せない)
ミエルの鼻に ポツッと黒いほくろのような点が出来たな~なんて思っていました。
その黒いほくろが徐々に大きくなって ふと気が付くとぷっくりと盛り上がってきて
この ぷっくりと盛り上がった状態が長くて 最初はあまり気にしていなかったのですが

5月の終わりに 狂犬病の予防注射のために動物病院に行った時に
この鼻のデキモノのことを獣医先生に相談していて診て頂いて
その時に先生が大きさを測られたのが直径4ミリ。

IMG_623120140906.jpg
これは手術する直前の写真です。


で・・・夏に入って 少しこれは?と思うほど大きくなってきたので
8月26日 ワクチンを打ちに また動物病院に行った時に
このデキモノの細胞診もして頂いたのですが(この時 3か月で倍の大きさ 直径8ミリになっていました)
細胞診の結果では良性とも悪性とも言えず 
はっきりしたことは切除手術して病理に出してみないと何とも言えないとのこと。。。。

悪性であれば 迷うことなく切除手術が必要なのですが
良性であったとしても このままの状態でほおっておいたら 刺激を受けやすい鼻先、 
これから先 こすれたり当たったりで潰れて炎症などを繰り返すのも良くない。
また 微妙な場所なのでこれ以上大きくなってから手術するとなった場合 
縫い合わせるのが難しい・・・・などの先生の説明から
早々に手術して頂くことを決心しました。 

全身麻酔が必要なため ワクチン接種から一週間は空けて・・・と言うことで 

9月3日の手術日の朝。

ミエルのネームタグと一緒に
DSCN680320140914.jpg
 リーフの朝顔のタネを入れたお守りを結びつけました。

DSCN680620140914.jpg
どんな時も どんな事からも リーフがこの子を守ってくれますように。。。。


当のご本人さんは
そんなことは分かりませんから

DSCN680420140914.jpg
朝からの絶食が一番 理不尽で辛かったと思われ・・・・・・



で、夜には帰ってきたミエル(笑)
DSCN684120140914.jpg
嬉しそうなルカと エリカラミエちゃん。

デキモノ(腫瘍)は
DSCN684620140906.jpg
綺麗に取って頂きました


後はブログでも見て頂いていたように
普通にお散歩には行くわ シェイクで遊ぶわ お寺を散策するわ セラピーには参加するわ・・・・
あ、トリミングまでしてもらった!(笑)
いつエリカラ付けてたん?(笑) というほど 本犬も飼い主も傷を気にすることもなく
普通に元気に生活しておりました。


で、昨日 手術日から9日経って
抜糸と病理の検査結果を聞きに病院に行ってきました。

まず 検査の結果ですが 診断は「低悪性度の悪性メラノーマ」ということです。

検査結果のコメントで
「腫瘤はメラニン細胞に由来する腫瘍性病変であり悪性に分類されます。
その形態学的悪性度は比較的低いものです。
このような低悪性度の腫瘤が転移を起こすことは比較的稀です。
周囲の表皮ではメラニン細胞が腫大・増生しており 腫瘍化しつつある状態の可能性が考えられます。
このような病変から再発起こしてくる可能性は否定できません。経過観察が必要です」

これを読ませて頂いた時 ん?んーーーー??となりました。
悪性だけれど 「まあ そんな心配せんでもええよ~」と言われているようであり
「いやいや、他の部分もなりつつあるよ~。気ぃつけや~」と注意されているようでもあり。。。。

先生も 「安心してください、と言える結果でもなく だからと言って”悪い”結果でもないんです」

ただ、手術したのは正解、大正解
組織所見で「本標本上マージン(-)であり 脈管内浸潤も確認されません」とのこと。
これ、簡単に言うと「取り残しはありませんよ」と言うことだそうなので
気になる部分は綺麗に取って頂けたということになります。

まだお付き合いの浅い先生なのですが やはりとても熱心で知識も豊富、
丁寧な説明で信頼してお任せ出来ました。
正直 「悪性メラノーマ」という文字を見た時は ドキッとしましたが
今 あまり心配はしていません。
ミエルが痛がってるわけでも苦しがってもいるわけでもないし 至って普通 元気です。
今回の手術は腫瘍の状態・大きさから見て 抜群のタイミングで手術して頂けたと思っています。
ミエちゃん ラッキーやわ。

IMG_649320140914.jpg
用心のため(笑) 4か所縫われたうちの2か所 抜糸してくださいました。
残りは一週間後。


悪性の腫瘍になっていたということは事実ですので
この後の治療・予防として抗がん剤の話もしてくださいましたが
それは今回は見合わせることにしました。

今回、ミエルのデキモノの発生から ここまで大きくなる過程と変化を見て来ましたから
この子の体質と(どうやらメラニン色素の多い部分にこういった腫瘍ができやすく、
またその腫瘍は悪性化する要素を持っているということ) これから先上手に付き合って 
先生と相談しながら最善の対処ができるだろうなという貴重な経験が出来ました。



さて、身近で腫瘍の先輩と言うと・・・・・

o0480064013063928567.jpg
たりらり 天才 ピース。

「悪性組織球種」と言う悪名高き癌を か~るく乗り越えた不死身のオトコがおります。

DSCN654420140914.jpg
ミエル、弟子入り決定!!

よろしくです(笑)




いつも応援ありがとうございます。
エリカラ姿のミエルに ポチッとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村  エリカラつけたの一晩だけ~


Category : ミエル
Posted by アンテ on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。