IMG_631320170309.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

暑い? 熱い!

あーーーーつーーーーーーーいーーーーーーー 

何なんでしょ、この暑さ。。。

一昨日の午後 チャイナペイントのレッスンだったのですが
レッスン室、まともに西の角にあるんです。

なので 午後からの日がガンガン当たる~!

DSCN554720140726a.jpg
クーラーが なーーんか今一つ効いていないような気がして仕方ありませんでした。

部屋を出たら これまた半端ない暑さなので
さすがにレッスン室はクーラーが効いて涼しいって分かるんですけど
それにしても冷房効率が悪い部屋。。。。

DSCN554520140726a.jpg
これはレッスン室の窓の外もガーデンシェードを考えないといけないな。。。。


と、こんなに暑いさなか
トレーニング用のオヤツ作りは勢いを増しております(笑)
夕べも4回オーブンに鉄板いれて焼き上げました。
もお、暑いんだか 熱いんだか・・・・・

DSCN5518.jpg
バナナ味とミルクチーズ味。
ミルクチーズ味は前日にミクニで買ってきたチーズパウダーを入れて 
なおかつ 表面にパルメザン粉チーズをパラパラ・・・・ 香りが良いですよ



木曜 ルカトレでシェイクだったのですが

カンカン照りの中 短時間集中ラン!
信じられない?
だってルカが走るって言うんだもーん飼い主もやけくそ 

とにかく あっついので 頭が  ボーーーーー

DSCN549620140726.jpg
まともにフレームに納まっていない写真や

DSCN549520140726.jpg
何を撮りたかったんだか 謎な写真。


ボール投げもそこそこに
DSCN550120140726.jpg
早々にカフェに入ることを希望するミエルがまともに見えた日。




そして トレ室での写真は見事に一枚もなし!(だははっ)

ですが
ルカトレ、今 めっちゃ暑い・・・いや、熱いんです(覚書として)


オビのトレーニングをしていた時
よく おごしトレーナーに
「もっと犬に考えさせて。犬に正解を導き出させて!」と言うことを言われました。
これ、特にミエルのオビの時によく言われたのですが
(ミエちゃん、ほら、あんまり考えはらへんからね・笑)

うん、先生が言わんとされていることは (何となく)分かる。
でも 実際は 先を急ぐ気持ちが優先して それがなかなか出来なくて 
ついつい先に手助けをしてしまったり ほどほどでOKを出してしまったり。
実際に  ああ、こういうことかー!というような、はっきりと体感したことなかったんです。


今 ルカと次の秋の競技会に向けてのダンスの構成を練習していて
今までは 声のコマンドとハンドシグナルをつけて指示を出してトリックをさせていたのが
少しずつ ハンドシグナルを無くしていくように指導されています。
ハンドシグナルをなくすと 途端に動けなくなる自分の犬に
今まで犬が声のコマンドではなく、いかにハンドシグナルに頼って動いていたかが分かります。
これ、当たり前と言えば当たり前です。
トリック 最初はオヤツで釣って動きを教えますから 犬は飼い主の手の動きに敏感なんです。


その中でも バック(後ろに下がる)で離れてターン、バックで戻ってくるというトリック。
これを ルカでハンドシグナルをなくしても出来るようにしたくて練習を始めると
バックはハンドシグナルを外しても 割とすぐに下がるようになったのですが
ハンドシグナルなしではターンが出来ない。
「ターン!」と何度 コマンドをかけても ルカ ???状態。
やっぱり分からへんよねぇ・・・と半分 諦めつつ
そのまま戸惑った様子で前に進んでくるルカを「違う違う」と押し戻し 
また「ターン!」・・・・と何度も繰り返していると ルカはルカなりに考えたみたいで
お、出来たっ!
偶然やら まぐれやら分かりませんが ターンして戻って来た!

そんなこんなで ちょっとハンドシグナルなしのターンが出来てきたかな??
と言うような状態で木曜日 トレを受けたのですが

ここで おごし先生のダメ出しがでました


DSCN550520140726.jpg
ランチでオットが合流して また灼熱のランへ ほんと、バカ。


        
ターンは 犬が その場で180度向きを変えなきゃならないのに
ルカのターンは 2,3歩 前に踏み出してからターンしてるからダメですって。。。
う・・・・・実はこれ少し前から気になっていたんです。
ひどい時は4~5歩も前に進んできてからターンしてたもの・・・・
(ターンはミエルの方が綺麗にくるりと回ります)
でもアンテは単純に ハンドシグナルなしでターンが出来たので喜んでいたんだけど
甘かった

そして またもや綺麗なターンを求めて やり直しやり直し。
その時のルカは戸惑っていると同時に 何を求められているのか 「考えて」いました。

正しくない動きのときは無視する。。。。犬は考える。
正解の動きが出来たら褒める。。。。犬は考える。
なんであれは知らん顔されて これは褒められたのか。
犬はまたまた考える。
で、犬なりに色々やってみる(← こう?って戸惑いながらする姿は可愛いです・笑)
そうやって 少しずつ少しずつ正解にたどり着こうとする。
この時のルカがまさしくそうでした。
犬ってすごい。
面白い!


DSCN550720140726.jpg

で、あれこれ悩んだ末に 踏み出さずにターン出来たのを褒めて 
この日のトレーニングは終わりました。

この、前に踏み出すのは 体の動かし方が下手なルカが勢いを利用して動こうとする癖だと思うので 
テンションが上がったら余計に勢いをつけて もっと前に踏み出してしまうと思います。
テンションのコントロールと 足の動かし方が課題。



それにしても ルカさん、
こんな暑い日 ランしてるワンちゃんなんていませんよ?
満足しましたか?
DSCN550920140726.jpg
そりゃあ ようございました。

DSCN551020140726.jpg

ミエちゃん、あんた、走ったっけ??

しかし、ミエちゃんのこのおねだりにおとさんは弱い。
この後 ヤギミルクを頼んでもらったルカミエでした(笑)




何となく・・・何となーく・・・・ちょっと分かってきたような気がします。
「犬に考えさせる」と言うことは「犬を信じる」ってことなんだなって。
「この子は絶対に出来る」って信じることです。
もしも「出来ない」としたら それは私に根気が足りないか 伝え方が悪いから。。。。
この子達は 私達が想像する以上のことを考えて、そして出来るんです。
トレ、やっぱり面白い





いつも応援ありがとうございます!
頭いーーっぱい使ったルカにポチっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村

Category : ドッグダンス
Posted by アンテ on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。