IMG_247620170819a.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

お山登り

二上山に登ってきました。


DSCN997320140225.jpg


これまた 地図も地形もルートも確かめもせず 

とにかくルカミエと登れるのなら、と行ってきました。


DSCN997220140225.jpg

ルカはお山とか、こういう自然の道を歩くのが好きです。

DSCN999620140225.jpg
あちこちの匂いを嗅いだりしながら 嬉々として登ります。



一方ミエルは・・・


DSCN997520140225.jpg


でも 短いあんよで一所懸命登る後ろ姿はとっても可愛いのです。

DSCN000720140225.jpg

だからでしょうか。

DSCN002320140225.jpg

DSCN001620140225a.jpg

ミエちゃんのお尻が沢山写っていました(笑)



そうそう、二上山 雪がいっぱい残っていました。

DSCN999920140225.jpg


曲者は 

DSCN998620140225.jpg
こういう急な坂道に残った雪・・・・

それでなくても滑りやすいのに ルカミエが引っ張ったりしたら危ない、危ない。

こんなところで犬に引っ張られて骨折でもしたら
シャレにならんがな。。。



登るのも降りるのも 雪のない部分を選んで歩いて
DSCN002020140225.jpg
慎重に、慎重に。





でも どちらにしても こういう山道は四輪駆動の犬達の方が有利で元気。
悲鳴を上げるのはいつもアンテとオットの方です。

DSCN001520140225.jpg
ルカなんて楽しくて楽しくて仕方ない様子
ミエルは淡々とついて歩くんだけど 全然しんどそうではありません。
ミエちゃん ほんと逞しくなったね~。


人間はヒィヒィ言いながら登ったのですが
DSCN000220140225.jpg

DSCN001220140225.jpg
雪の残るお山は 空気が澄んでいて気持ち良かった~。

登山をする人の気持ちが  ちょっぴりだけ分かるような気がした


DSCN003020140225.jpg


駐車場のところにレストランがあるけれど
DSCN003820140225.jpg
もちろん犬はNGなので


おとさんが
DSCN004220140225.jpg
アイスクリームを買ってきてくれました。

寒いんだけど 
DSCN004420140225.jpg
お山を登って喉が渇いていたから美味しかったわ~。



しかし・・・いつから私達夫婦はこんな山になんか登るようになったんだろう??





いつも応援ありがとうございます!
ほんと、アウトドアなんかには無縁だったのよーーーー。
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村   犬の力は偉大なり。




Category : お散歩
Posted by アンテ on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

じゅんこ says...""
アンテさん。じゅんこです。

そう、よく覚えているでしょう。。。われながらそう思う(笑)
あ。いや、でも桜だったかもしれないわ?

その当時、わたしの父も入院して、何度目かの治療をしてたから
なんとなく重ね合わせていたんだと思います。

そして、父は今施設にいて母は一軒家にひとりで住んでいて
この間、街中のマンションを勧められたらしく、どんなもんだろうねって話してるところでした。
今回はやめたみたいだけれど。。。お互い歳をとると状況はかわってくるけれど
その都度、置かれてる状況でベストな決断ができたらいいのかな。

ミエちゃんのおちり!それはもう芸術品ですね。
それはみんなにみせなくっちゃ。
わたしにはミエちゃんのむちむち感もかなりつぼです。
き、きっと毛のせいね。。。(笑)

また新作楽しみしてま~す。




2014.02.25 13:02 | URL | #- [edit]
アンテ says..."じゅんこさん"
ミエのオチリは可愛いですよね~。
短い足のなせるワザだと思います(笑)

よく老後は静かな田舎で・・・なんて聞きますが
歳を取ったら買い物にも医療にも便利で人の多い場所で暮らすのが一番いいんじゃないかな・・
最近 そう思います。
住み慣れた土地、家を離れるのはそれ相当の思い切りがないと出来ないことですが
そう、ほんと、その都度 ベストの選択が出来たらいいですね。
2014.02.25 23:23 | URL | #jAL4TSMI [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://anteglaze.blog10.fc2.com/tb.php/1378-7a3a2b5c
該当の記事は見つかりませんでした。