FC2ブログ
IMG_2416.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

走る・・・・!

広いランへ行くと カメラの腕前が下手くそなクセに

撮りたくなるのが ルカミエの ラン&ジャンプシーン。



でも いつも思うんだけど 

プードルって 犬らしくないと思う。


性格も人間ぽいけど シルエットは特に。


犬として 走れば走るほどジャンプすればジャンプするほど  犬から離れる



なんで・・・・・?


などという疑問は あっちゃに置いといて


銀木犀さんでやみくもに撮った ルカミエのラン&ジャンプの写真を並べます。



DSCN142220130611.jpg
ほいっ。

DSCN143520130611.jpg
あらよっ!

DSCN143620130611.jpg
駆け抜けてキャッチ!!

DSCN147120130611.jpg
シュワッチ!


股関節が柔らかくて 後ろ足がオモシロんだよな~


DSCN144020130611.jpg
あは~ん。


DSCN147520130611.jpg
狙って

DSCN148120130611.jpg
あ、失敗・・・・


DSCN152220130611.jpg
失敗・・・


これも
DSCN147420130611.jpg
あ・・・  
失敗してるよね。。。。。(笑)


DSCN145320130611.jpg
でも

走れりゃ
DSCN148220130611.jpg
幸せ



ミエルだってね
(オヤツという誘惑さえなければ 
DSCN146920130611.jpg
走るんですよ(笑)



DSCN140520130611.jpg
ちょっとボールが遠いけど・・・

DSCN140920130611.jpg
ちょっと遠いけど・・

DSCN148320130611.jpg
ありぇ?
今度は行き過ぎちゃったけど。。。



広いラン
DSCN147920130611.jpg
走るミエル。



ミエルは 迷い犬として名古屋のセンター(保健所)に収容されていたところを
「Wonderful Dogs」さんによって命を救われた元保護犬です。

「Wonderful Dogs」さんのスタッフの 文四郎ママさんにセンターから引き出してもらった後
芝生の上を歩くのを嫌がり 周辺を”普通”にお散歩をしただけで 
肉球がペロリと剥がれたと聞きました。

お散歩をあまりせず 室内だけで育った子の肉球は鍛えられることがないので
柔らかくてプニプニ、ちょっとした刺激でも 皮が剥けてしまいます。

保護された当時 獣医さんの見立てで 2歳前後というミエルですが
前の生活では 全くお散歩というものをしてなかったんでしょうね。
一体 どんな生活をしていたんだろう。。。。


その後 文四郎ママさんのところから移動して 預かりをしてくださったKJさんの所でも
お散歩をしていて 全部の足の肉球がズル剥けになってしまったそうです。

散歩中20130611a
ミエルが我が家に来た時に KJさんが送ってくださったお散歩の写真です。 


肉球がめくれたので ミエル(当時はパジ) 靴下を履かせてもらっています。
散歩中20130611
KJさんのところで 大きな犬にも小さな犬にも囲まれてお散歩に連れて行ってもらって
たぶん 初めて 犬らしい生活をさせてもらったんだと思います。


良かったなあ。。。。。ミエル、助けてもらって。




DSCN150720130611.jpg
おとしゃん、早く投げて、投げて!


DSCN140720130611.jpg
ぎゅーーーーん! (ミエルの脳内のイメージ音)



DSCN150620130611.jpg
走れ、走れ、ミエル。



どんな足元でも 逞しく走り抜ける 今のあなたの姿は

あなたの命を救い、私達に繋いで下さった皆さんへの 


DSCN151320130611.jpg

何よりものお礼の言葉となって伝わるはずだから。。。。


そして
DSCN151920130611.jpg

あなた達のこの笑顔は 私達にとって最高のプレゼント。



いつか あなた達が年老いて 病気になって 走れない日がきても おかーさんは大丈夫。

あなた達は ずっとずっと 心の中で この日のように 



DSCN141020130609.jpg

走り続けるから。





いつも応援 本当にありがとうございます。
とっても励みになっています!

にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村     ボールだいしゅきっ!

Category : ドッグラン
Posted by アンテ on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

nana says...""
なんだか、我が家に来た時のニーナたんとダブっちゃって、じ〜んとしました。
ぷにゅぷにゅ肉球、玄関から門の外に出るまで40分、筋肉が全然ない足腰、ずっとクレートの中で生きてたんだもの、そうなりますよね。でも、やはりワンコは今を生きる!今とこれからが楽しく元気いっぱいなら不幸なワンコなんかじゃないですよね。
何より、ベネニナが我が家に来てくれて私が幸せだし。。。

そうそう、プードル、後脚がなんだか笑えるんですよねー。

2013.06.11 12:42 | URL | #QoBbrBfg [edit]
アンテ says..."nanaさん"
ミエルは「迷い犬」ということで収容されてお迎えがなかったんだけど
何らかの理由で 元の飼い主さんに捨てられたんだと思います。

私 勝手に想像しているのは 仕事をしている一人暮らしの女性が(なんか女性のような気がする)
「大きいプードル飼いたいわ~」で飼ったのはいいけれど
毎日 お散歩なんて行けないし もちろんブラッシングする時間もない。
最初は シャンプーやトリミングなんてお休みの日に自分で出来る~なんて思っていたけど
実際には無理で だんだん 理想とは程遠いプードルの姿になってくるし
トリミング代を聞いたら 何万て料金で これから先 ずっとそんなお金がかかるんだと思うと
こんなはずじゃなかった!って 持て余してきてとうとう捨てちゃった・・・んじゃないかな、と。

保護された時は どちらが前なんだか分からないくらい毛玉だらけでもこもこだったそうで
その後の様子を見ていても お散歩も全くしてもらっていなかったと想像できるけれど
幸い ちゃんとご飯はもらえていたみたいだし 
何よりも ミエルは虐待されていた様子はなくて 心は傷ついてはいませんでした。

でも ニーナちゃんは狭いクレートに閉じ込められたま(これ、虐待だよね)
邪魔扱いされて心が傷ついていたものね。
それは 本当に、本当に 大変だったと思います。
nanaちゃんでなければ nanaちゃんのご家族でなければ ベーネちゃんでなければ
今の 明るくて元気で奔放(笑)なニーナちゃんに生まれ変わらせることは出来なかったと思います。
別のおうちでは また持て余されて可哀想な環境に置かれていたかも。。。。

そう思ったら 犬も人間も出会うべくして出会っているのかな~。。。。

2013.06.11 14:41 | URL | #jAL4TSMI [edit]
jemmy29 says..."アンテさん!!!"
あ~~~(ノД`)・゜・。  だめだ~~~ 今日の記事、、 最後のほー 涙で 読めなくなっちゃった~~~( ̄д ̄)
ルカミエちゃん♡ 幸せになれて良かった~~~   でも、ミエルちゃん♡ 肉球が 剥けちゃったなんて!!! 痛々しい。。。
2ひきの、スタンプ~を 引き取って ここまで 育てられた アンテさん!!!
頭が下がりますm(__)m        プードルが好きすぎるジェミー29ん家に 今1匹もプーちゃんが いないので  ジェミー29も 里親のサイトを見ましたが、 犬好きには辛い(/ω\)
気が滅入って、、、見続ける事が出来ません(/ω\)        そおゆう事に携わっておられる方々には、敬服致しますm(__)m    ジェミー29は町にお買い物に行った時など 里親センターの方が そこのワンチャンを連れて募金活動を街頭でされているとき 少しですが 協力させて頂いています*  うまうまが好きなミエちゃん♡ PCの中のミエちゃん♡に   はい!!って  うまうま上げたいです(*´▽`*)  いつか、本物の アンテさん!!!ルカちゃん♡ミエルちゃん♡に 会いたいです♡
2013.06.22 00:41 | URL | #- [edit]
アンテ says..."jenny29さん"
里親のサイト ご覧になりましたか~。
びっくりするくらいに色んな犬種の子達がいますよね。。。。

あ、でも そこに載っている子達は幸せな子達です。
ボランティアの皆さんの 強い意志で命を救われて 優しさに守られている子達ですから
その子達の過去を思って辛い思いをすることはないですよ。
私は この子達の里親になったことで 幸せを二つも頂いたんですよ~。
そして 多くの皆さんの愛を受けて新しい犬生を歩み始めた保護犬達は
幸せにならなければならないと思っています。
本当に ボランティアの皆さんに感謝しています。

うひひ、本物のアンテですか?
普通のオバチャン・・・いや、普通以下かも(汗)
そして ルカもミエルも普通のワンコ・・・あ、ミエルはちょっと違うかも(爆)

2013.06.22 23:11 | URL | #jAL4TSMI [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://anteglaze.blog10.fc2.com/tb.php/1115-8e2a4a5d
該当の記事は見つかりませんでした。