IMG_247620170819a.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

伝えたいこと。

日曜日の名古屋行き。


御在所のSAですっきりしたルカミを乗せて 名古屋に向かったアンテ夫婦。
お天気は程よい晴天、高速道路は混むこともなくとっても快調だった・・のが

モリコロパークの近く付近になると ぼつぼつ車が多くなり始め

とうとう駐車場に入る前に渋滞に。

目の前にモリコロパークがあるのに入れな~い
それが この記事 ⇒ もうちょっと。

「わあ すごい 皆 ともnetさんの譲渡会に行くのねぇ~!」と心の中で叫ぶアンテ
(はい、分かってます・・・・違います・・・・だったらいいな、と。。。


「東海エコフェスタ」 本当に大きなイベントでした。

DSC0016020130415.jpg
無数のブース(テントのところ)が ずらーーーーーーーっと。

DSC0016220130415.jpg
芝生広場には人もいーーーーーーっぱい!


楽しそうなお店が それはそれはいっぱいあったのですが

目指すは


DSC0016820130415.jpg
「ともnet」さんの譲渡会ブース。

DSC0016520130415.jpg
バザーもされていましたよ。


沢山の可愛いワンコ服が並べられていたのですが 殆どが小型犬用・・・
でも この日は アンテが 「行きます!」なんて言っちゃっていたものだから
ルカミエ用にって 大きなお洋服を作って用意してくださっていました
ありがとうございます!! & 気を使わせてしまって すみませ~ん


なんか 気が付けば 裸族まっしぐらのルカミエ



久しぶりのワンピース姿のミエル・・・


ドキドキ・・・


DSC0016920130415.jpg
あ、あら?・・・・・・可愛い

やっぱりミエルって女の子らしいなあ。。。。と あらためて思うアンテ。
(本性は食いしん坊のオッサンそのものなのになあ・・・・得だなっ、ミエル)



さてさて・・・


ルカは?

DSC0017120130415.jpg
うひゃひゃひゃ
なんだろ~?ルカの体型ってワンピース、似合わないな~~~(爆)


いやいやいや、でもこのワンピースの生地

DSC0017220130415.jpg
何とも とぼけたクマ柄なんですよ。
可愛いでしょ?
あ、名古屋の白くま・らぶちゃん の前で着たらよかった・・・・”浪速の黒くま”でぇ~すってね(笑)


もう一つ用意してくださっていた洋服は ノースリーブのTシャツ。
DSC0017320130415.jpg
やっぱり この方がルカにはしっくりきますね
ルカは 赤がよく似合います

この他にも 蝶ネクタイやリボン、可愛いマグネットにワンコおやつ。
それに 小型犬のお洋服まで(だってめちゃくちゃ可愛かったんだもの~)ついつい買ってしまいました
とっても可愛いので また機会を改めてご紹介させてくださいね。


そして


ボスとのご対面~(笑)
DSC0021520130415.jpg
ルカがボスに甘える姿に・・・・・・・アンテ、なんか 胸が熱くなりました。



ルカ、

あなたは もう覚えてないんだろうけれど

DSC0021720130415.jpg

でも その人が 

あなたの命を 私達に 繋いでくれた人なんだよ。



揺るがない強い意志と 

優しい柔らかな心で

DSC0018020130415.jpg
たくさんの、

DSC0017520130415.jpg
たくさんの、

DSC0017720130415.jpg
 

犬や猫たちの命を助けてきた人です。




ルカはその中の
DSC0021620130415.jpg
一つの命なのです。



ボランティアの皆さんの努力をもってしても
DSC0016720130415.jpg
救いきれない 

多くの命。

ひっそりと、消えて行く 

多くの命。



人間の身勝手に ”生きる”ことが かなわなかったこの子達の命の分も

あなた達は 

DSC0019520130415.jpg
人に優しく

DSC0019820130416.jpg
人を

DSC0019920130415.jpg
笑顔にできる存在でいてください。



いつか

”保護犬”なんて言葉も

”殺処分”なんて言葉も 


DSC0018720130415.jpg

この世から 消える日がくると


信じたいから。。。。。





いつもありがとうございます。
とっても励みになっています。 
どうぞポチ、よろしくお願いします

にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村   同じく「ともnet」卒業のひよちゃんと。
                     

Category : 保護活動
Posted by アンテ on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

Jun says...""
アンテさ~ん。じゅんこです。

お帰りなさい。

くまくまちゃんのシュールな生地に釘付け。
か、かわいい。。。この柄の何かが欲しい。。。

ワンピース姿のミエちゃんもかわゆいなあ。
深窓のご令嬢に見えましてよ。ふふふ。
出来れば全身のお姿もリクエストいたしたいかと。


ルカくんがボスさんに甘える写真、何だか泣けてきますね。
とーってもいい写真。ルカくんの笑顔のきらきらしてること!
きっとこころが通じているんですね。


アンテさん。「知る」ということは大きな一歩ですね。
わたしも数年前までは保護犬の存在を知りませんでした。
犬や猫を家族に迎えるならペットショップやブリーダーさんから、と思っていました。
もちろんそれも選択肢の一つだと思います。
でも、保護犬から、という道もある。
このことを知れたわたしは幸せだと思います。

だからアンテさん。もっともっと多くの人が保護犬の存在や
犬や猫たちの悲しい現状、そして一匹でも多くの命を救おうとして
日々がんばっている人々のことを知ってくれるといいですよね。
そしたらきっと変わるはず!

一匹での多くのわんにゃんが
新しい真の家族と巡り合えるといいなあ。


2013.04.16 12:58 | URL | #- [edit]
もみじ says...""
素敵な時間を過ごされたのですね。

アンテさんの言葉と映像が、まるで映画を見てるみたいで、
心がそのまま伝わって来る素敵な日記でした。

いえ、いつも素敵ですけど、今日はまた特に^^

私、子犬より成犬が希望だったんです。
犬が欲しいと思ってから、保護犬の事もず~~と見てました。
地元の伊賀で、少しだけ猫の預かりもしてたんです。(子猫でしたが)

フィーフィーも、うちの来た時は可愛いさかりの2,3か月を既に過ぎていて、
もうすぐ5カ月という頃でした。
子犬じゃない方が、初心者の私は安心できると思いました。

子犬はもちろんとても愛らしいけど、そのこらしさがまだ分からなくって・・・。
だから、もし次の機会があれば、保護犬から迎えたいと、思っています。
大人の犬と暮らすって、どんな感じだろ~~と想像しています。

今のそんな気持ちは、フィーフィーと手探りでやって来て、生まれたもの。
だから、私はフィーフィーに、一緒に生活して来てくれて有難う~~~です。

NZでも、SPCAという全国区の組織があって、
保護活動に取り組んでいます。(対象は全ての鳥獣、魚類、爬虫類)
そこから迎えるのもごく普通の選択なんですよ。
でも、ペットショップの可愛い子犬ちゃんも人気です。

色んな形で、それぞれの家族へ行くペット達が、皆幸せでありますように。

2013.04.16 14:48 | URL | #- [edit]
アンテ says..."JUNさん"
はあい、帰ってきましたよ~(笑)

くま柄のお洋服、可愛いですよね~。
でもルカは本当に似合わなくて これが逆におもしろかったりして(笑)
ミエルは 親バカ全開で言うと よく似合ってました。
やっぱり女の子ねぇ~なんて 感心しましたわ~。
今度 全身 撮ってみますね(笑)


ほんと。。。「知る」ことが大切ですよね。
多くのペットショップで売られている子犬の親犬達が どんな劣悪な環境で飼育されているのか。
飼い主に見捨てられた犬達が どんな最期を迎えるのか。
一人でも多くの方に知ってもらうことで

そう、きっと 変わるはず。。。。


 
2013.04.17 01:18 | URL | #jAL4TSMI [edit]
アンテ says..."もみじさん"
ルカが ボスの膝元に寄りかかって 甘えて撫でて頂いている姿は 
本当に嬉しくて 胸が熱くなりました。

ブログには書かなかったけれど ボスのお嬢様も来られていて
ルカのことを「可愛い、可愛い」って・・・
もちろん このお嬢様も 保護された当時のルカを知ってくださっていて、
ルカの世話をしてくださったのだと思うと それだけで有難くて有難くて、涙腺の緩むアンテでした。

もみじさん、ボランティアをしてくださっていたんですか!
なんか それも感激~!

そう、私も リーフが旅立った後 子犬を探そうとは思っていませんでした。
結果的には パピーと言える6か月のルカと出会いましたが
出来れば 5、6才の子と縁がないかな・・なんて思っていました。
それは 単純に リーフとの生活が5、6歳ころから落ち着いてきて
お互いに良い感じになってきていた思い出が強かったからなんですけれど

実際にルカミエを迎えて 
何よりも それぞれの性格や気質、長所も短所も全部把握したうえで
その子にあったご家庭を探されるという里親制度というのは 素晴らしいと思いました。
ペットショップで、お金を払えば どんな子でも手に入れられるのとは違って
そこには”犬を家族として、終生、共に生きる”という責任感がありました。

でも フィーフィーちゃん「静かすぎてショーに向いてない」って(笑)
犬に求められるものって 色々なんだな~って思っちゃった。
そんなフィーフィーちゃんはもみじさんファミリーに癒しを笑顔を届けに来たんですね。。。
いい子に出会えましたねe-446


2013.04.17 01:35 | URL | #jAL4TSMI [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://anteglaze.blog10.fc2.com/tb.php/1055-5be02e32
該当の記事は見つかりませんでした。