FC2ブログ
IMG_2416.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

いよいよ、かも。。。。。

ごめんなさい、今日はきれいな話ではありません!!


昨夜はジムで仲良くなったエアロのインストラクターさんの送別会で
アンテ、帰ってきたのは夜の9時半を過ぎていました。

オットはまだ帰っていなくて 子供達はそれぞれ自分の部屋。
リビングのリーフ、マットに大量のオ○ッコしてました。
ここのところ リーフ、オ○ッコの粗相が続いています。

先に帰ってきていた息子の話によると
玄関にはウ○チもしてあったとのこと。。。。。。

はあ~~~、もう両方済ましたんならもう今夜は
お散歩しなくてもいいんちゃうの?と言いながら
とりあえずお散歩したら りーフ、しっかり大量のオ○ッコをします。

まあ、これで今夜は安心かな~と思っていたら
夜中の12時半頃(アンテ、お風呂上がってきてスカパー観てました)
横でチャッチャッと音がするから え?! と思って見たら・・・・
見たら・・・・・ りーちゃん 、またマットの上でオ○ッコしてるんです。。。。

うわーーーー!

いえ・・・・・いくらでもオ○ッコされるのはかまわないんです。
リーフとの15年間を考えたら その後始末をすることくらい、何でもない。

けれど お洗濯が間に合わなくて 
下に敷いてやるマットがなくなってしまうのです。

リーフ、元々股関節が弱い所に年齢も加わって後ろ足がぐらぐらで
今ではフローリングの床では後ろ足が滑ってなかなか立ち上がれないんです。。。。。
そのためになるべく足元の安定するマットを敷いた部分に彼を囲っているのに。


実はその朝も粗相をしたためにマットはお洗濯して
お天気が悪いのでまだ乾いていなかったんです。

で とうとう古~い古い小さなバスマットのみになっちゃった。

CIMG4071.jpg
はい、それだけです。誰のせいやの~(笑)

これが夕べの最後の状態。

その後もやたら水を飲むので 嫌~な予感で寝たら

CIMG4072.jpg

やっぱり 今朝 またフローリングの上にオ○ッコの粗相していました。。。。。


雨なので もう 家中にリーフのマットが干されています(笑)
CIMG4078.jpg

これも・・・
CIMG4082.jpg
(汚くてごちゃごちゃモノがあるのは見逃してくらさい!!

この他にもお風呂場に粗相で汚れて洗わなきゃならない敷物が2枚ありました。


で、今夜はやっと乾いた敷物が加わったのに・・・・
200909304077.jpg
いらんのかいな~



って ここまで この記事を書いていたら
リーやん もがきながら起き上がったと思ったら またオ○ッコ!

CIMG4081.jpg

もう完全に敷いてやるものがなくなりました。。。。。どーしよ。
フローリングの床の上でもがくのは ますますリーフの足に負担をかけるだろうし。。。



今まで どんなに長時間、おうちの中でお留守番させていても
おうちの中では 決して粗相をしなかった子です。
そのリーフが15歳と約半年でこんな風になりました。

仕方ないと思う。
むしろ 今までよく頑張ってくれたね。ありがとね。

CIMG4083.jpg

濡れた敷物を片付けようと丸めていたら
リーちゃん、その上で寝ちゃった。

臭くないのかな。

でも それで寝れるならそのままにしておくね。

この姿が可愛くて可愛くて可愛くて、仕方ないです。


オムツを考えています。
人間だって必要になればオムツするんだもの、
アンテはそれを決して恥ずかしいこととは思いません。
まして犬のリーフにためらうことはありませんよね。
それよりもお互いに快適に生活することを大切に考えるべきですよね。。。。。

明日、リーフにオムツ、買ってきますね。

Category : リーフ
Posted by アンテ on  | 8 comments  0 trackback

8 Comments

あけみ says...""
もう、お出かけになったでしょうか…

きっと 支払いを
済ませるまで、どうしようかと 悩んでいたでしょうね

本当に、きれいな話ではないですけど
私も、そうでした

私の場合、母ですけど…
時間が経っても、答えは でません。

でも、イライラする気持ち、それ以上に切ない気持ち、何より、後始末(勿論、苦ではありませんが)に かかる時間、
母が 謝る回数…
これらは、確実に減ったような気がします。
勿論、『犬』であるリーフくんに、どれだけ当てはまるかなんて、私には 経験がありませんので、うまく 言えませんが…

洗濯に慌ただしくてそばに いないのより、少し気持ちが 悪くても、クルクルポイ だけで、後はそばにいてくれる方が リーフくんは 嬉しいかも しれませんね…

長くなりましたが、やっぱり リーフくんの笑顔 大好きです。
2009.10.01 09:50 | URL | #- [edit]
wanko says..."おむつ時ですね"
頻繁にオシッコしたくなるようになったら、おむつの方がお互いに良いと思います。
リーフ君の屈託のない寝顔、出来るだけ長生きしてね。
2009.10.01 14:22 | URL | #L1QD85KM [edit]
馬場エマ says..."うーむ"
犬も人間も、最初と最後には
オムツなんですね

うちは(人間のほうね)粗相はしても
まだオムツは、なし

しかしナゼか
後始末の紙がコンパクトトイレの中じゃなく
傍のゴミ箱に・・・・
臭い臭いと自分で言ってますが
もう習慣になっています

リーフ君、きっと膀胱が緩んで直通なんですね
癒し犬、リーフ君好きです
一日でも長生きしてもらいたいものです

うち?
うちはまだ後10年は   アハ アハ
2009.10.01 15:17 | URL | #7aamKCAQ [edit]
mamaponta says..."癒しの寝顔"
安心し切って寝てるリーフくん、かわいいなー。
動物ってほんと、罪のない表情してくれますよね。
そっか。そういう時期がくるんだね、自然と。
アンテさんが穏やかな生活が出来るのが一番の方法ですよね。
2009.10.01 15:59 | URL | #b4jxZAz. [edit]
アンテ says..."あけみさん"
人間の方が現実を意識する力や その方のプライドがあるから
お世話するほうもされる方も気を遣いますよね。。。。。
逆に 私はまだそういう経験がないのですけど 
その場面になったら今どころでなく悩んで気を遣うと思います。

その点、犬の場合は気持ちは楽かな。
たぶん リーやんはオムツをしても何とも思わないと思います。
「なんですかー、これ。妙に股の辺りがごわついて歩きにくいですなあ」くらい。
そういう子です(笑)

問題は”おかーさん”の立場の、私の思いだけです。
「やっぱり ここまで来たか・・・・」みたいな。
でも それも考えてみたら贅沢な話ですよねー。
15歳ですもん、ラブラドールとしてはお釣りがくるほど
傍にいてくれているんですもん。。。。

>やっぱり リーフくんの笑顔 大好きです。

ありがとう。本当にそう言ってもらえることが嬉しいです!
最後までリーやんの笑顔が見えるように過ごしたいな。
2009.10.02 00:03 | URL | #jAL4TSMI [edit]
アンテ says..."wankoさん"
はい、いよいよ”その時期”が来たなあって感じです。

ここ2,3日で完全に リーフの”何か”が変わったような気がします。

これから 彼がどうなって行くのか・・・全く予想がつかないんだけれど。
無理せずにお世話して行こうと思っています。
それにしても リーやん、ここまで本当によく頑張ってくれました。
感謝、感謝です。
2009.10.02 00:14 | URL | #jAL4TSMI [edit]
アンテ says..."エマちゃん"
エマちゃんはえらいよーーー。
ご本人のことやら周囲のことやら、何より精神的に大変だと思うわ。
その点 やっぱり犬は楽よ。
「うわーー、またぁ?もう敷くものないよ~e-262」って言っててもリーフはニコニコだもの(笑)

>きっと膀胱が緩んで直通なんですね

もうね、どうやら何もかもが直通(笑)
後ろ足が立たないので腰やお腹の辺りを持って立たせてやったら
それが刺激となってウ○チが出ちゃうし。
しかし、アンテ、気がつきました。
ウ○チの粗相の方がマシ。オ○ッコは大変ですぅ~。

エマちゃん、後10年て・・・・・!?
いや、驚いちゃいかんけど。ため息ついてもいかんけど(笑)
人って因果ですなあ。。。。。
本当に勉強になりますです。
2009.10.02 00:24 | URL | #jAL4TSMI [edit]
アンテ says..."mamapontaさん"
そう、いつまでも無邪気なんですよ~。
足が立たなくて 前足だけで移動している姿に こちらは涙が出そうになるけど 
本人(本犬)は「ありゃ~?なんか変ですよ?何ででしょ?」くらいの表情です。。。。。
で、立たせてやったら立てたで 当たり前のことのようにヨロヨロしながらウロウロ。
その単純さに救われる思いです。

リーフには感謝してもしきれないくらいの思いがあるんですよ。
しっかりと最後まで二人三脚で行きますね(笑)

2009.10.02 00:33 | URL | #jAL4TSMI [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://anteglaze.blog10.fc2.com/tb.php/105-0cb029e6
該当の記事は見つかりませんでした。