FC2ブログ
IMG_2416.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

教わる

木曜日はルカのダンストレでした。


IMG_259120180713.jpg
お隣では 小さなナーニちゃんもトレ。

また 大きなホワイトシェパードさんも同じ時間だったので 三組での 結構 賑やかなトレ室でした。

ミエルとえっちゃん
IMG_259420180713.jpg
お付き添いさんの目線の方が真剣と言う・・・(笑)


さて、ルカダンストレ。
前回(3週間前)のトレで魔法のように構成が出来あがったものの
かなり欲張って新しい動きやトリックを取り入れたために いまだにバタバタ、進歩なし。
曲に沿って練習するなんて夢のまた夢。

覚書として:
出だしのワンツー歩き、大概練習していると思うのに安定しない。
これが最後までハラハラしそうな気がする・・イヤだな、出だしが不安なのは
ステップは何故か右に頭を傾けるという変なクセあり(これ、なんでこんなクセがついたんだろ)
正面に戻って来る時に前に寄ってこないように。
ウィーブ、いちいち顔を見上げるなー
スピンからエイトバック、ここ 曲に合わせてタイミングを確かめないとダメ。
スライド、まだまだ練習不足。
キメポーズ、練習するのん忘れてた・・・・・

あ・・・気分悪くなってきた



気分を取り直して
IMG_259820180713.jpg
ランチ


救いは ルカが前向きに、楽しそうに練習してくれていること。
ルカなりに 一生懸命 どうしたらいいんだろう??と考えてくれているのが分かる!
(そのうち分かってきたら手を抜き出すんだろうけどね・笑)
それだけに ちゃんと的確にこちらの意図を伝えられていないこと、
アンテ自身が新しい曲の速いテンポに慣れていなくて
まだまだ迷いのある練習をしてしまっていることが申し訳ない。。。。

IMG_259720180713.jpg
ごめんやでー!
なるべく無駄のない練習が出来るようにおかーさんも考えるからね。

IMG_259620180713a.jpg
サムくんとミエル。
本当はミエルも練習をしておきたいのですが ルカだけでいっぱい、いっぱい・・・




この、ちょうど一週間前の木曜日、
おごしトレーナーのパートナー犬、黒ラブのボルドくんのお葬式でした。
このブログでもトレ室での光景には必ずと言ってよいほど写っていたボルちゃん、15歳でした。
本当によく頑張りました。
ずっと先生の傍らに居て シェイクの皆さんにも可愛がられて とっても幸せな一生だったよね。


IMG_259320180713.jpg

実は ルカとボルちゃんとの最初の関係は良くなくて・・・・
てか、ルカがボルドをめっちゃ嫌ったんです(ルカは2歳くらいだったかな)
そばに近寄られただけでワワワッて怒ってた。
ラブらしく温厚で穏やかなボルちゃんなのに なんでルカはそんなに怒るんだろうって悲しかったし
ずっと不思議でした。
それだけが理由じゃないけれど アンテがタフラブをしようと思った理由の一つです。
ルカのこと、ミエルのことをもっと知りたいと思ったから。
で 後から分かって来たのは ボルちゃん 当時 未去勢だったんですよ。
どの子に対してでもないけれど(ここが難しい) 
ルカは未去勢の子とは近づきたくないんだなと言うことを教わりました。
この後 いくつの時だっけ、ボルちゃん去勢をしたのですが
去勢したボルちゃんに対してはルカがピリピリすることはなくなりました。
むしろボルちゃんを好きだという態度まで見せたのは驚きでした、面白かったな~。
でもボルちゃんはルカに怒られたことをしっかり覚えていたから 最後までルカのことは怖かったね
なのでアンテのそばにルカがいる時は絶対に近寄ってこなくて
ルカがオビに入ってマテしている時を狙ってオヤツをもらいにアンテの前に来て動かないので
”ボル、そこ邪魔やろー!”と思うこともあったけど(笑)
でも ボルちゃんのいないトレ室はちょっぴり広く感じたよ。
ボルちゃん、お疲れ様、ゆっくり休みや~。


IMG_260020180713.jpg
とっても蒸し暑い日だったので(ずっとそうだけど) 用心して 三回だけのボール投げ。
ルカさん、ボールに関してはちょっぴりおバカさんなのでね(笑)


犬達を通して 色んなことを教わっているような気がします。
感情が豊かで そして本能に正直で シンプルだけど複雑で・・・
犬は本当に面白い。
教えてもらっているのはおかーさんの方だ(笑)




こんなん買うてんよ。
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村  いつ使うのかしらん??(笑)


Category : ドッグダンス
Posted by アンテ on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。