FC2ブログ
IMG_3329.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

腫れ、のち クスリ

実は ちょっと心配事・・・・



日曜日 ミエルがしきりに右足を舐めるので
何だろうと調べてみると

指と指の間の水かき部分?

人で言うと

IMG_189420130128.jpg
皆さんならお分かりになるはず。

その指と指の間に しこりが

えっと思ってよく見ると 表面が黒くなってプリッと盛り上がっているので
う~ん・・・と思いながら ニキビを潰すようにして押し出してみると

何の抵抗もなく プニュと
DSC0767620130128.jpg
ゼリー状のものに包まれた こんなんが出てきました。

で、それが出た後は ぽっかり大きな穴が開いてる。

う~~~~ん。。。。


で、ぎょっとしたのは そのそばにも同じようなコロコロした”しこり”が。
こちらも 潰したら中が出てきそうな雰囲気だったんだけど ミエルがイヤそうにしたので
それ以上触るのをやめて

まさかと思いながら 他の指の間を調べると 
前足の殆どの指の間に同じような大小のしこりがいくつもある。。。

IMG_189220130128.jpg
こんなのです。




でも ミエル自身は歩く時 全く痛がってなくて ルカとふざけて思いっきり走りもしてるので
全然気にしていない様子。


しかし、気になる、ということで 翌日 ご近所の動物病院へ


先生に見て頂くと そのうちの一つがもう潰れそうだということで
針の先でつついて穴を開けて周囲からしぼると するっと中身が出てきたのですが
毛がもろもろと集まった玉みたいで 触ると簡単に崩れます。
IMG_18532013012820130130.jpg
アンテが前日に絞り出したのも 毛が混じっているみたいだし、毛玉?


たぶん何らかの理由で本当なら外に生えるはずの毛が外に出ることが出来ず
毛穴の中に埋まって炎症を起こしているんだろうとのこと。
先生がご覧になって悪性のものではなさそうなのですが  前足の指の間だけに幾つも出来ていることとか
先生ご自身も今まで見たことがない例だそうで「また調べておきます」ということで その日は帰ってきました。


で、その時はそれなりに納得して帰って来たのですが
帰ってきてから じわじわと もっと詳しく知りたい。。。。


獣医先生って本当に大変です。
どこがどんな風に痛いとか、いつから変だとか、言葉で伝えることのできない動物たちの、
しかも全身、全科を診なければならないのですから 正直 無理があると思います。

以前 ルカの目の具合が悪くなった時の経験から
そういう時は ダイレクトに専門の先生に診て頂くのがベストだと思っています。
こういう時にためらいは必要ありません。

なので 昨日 腫瘍科のある病院に行って来ました。

実はこの病院 ワン友のYOHちゃんちの黒ラブのバディが足のしこりを手術してもらい
アテモレさんちのソウちゃんも背中・首・お尻に出来たしこりの手術をしてもらい
ハグママんちのハグちゃんもおでこに出来たしこりを診て頂いたと言う
私達ワン仲間では おじいちゃんおばあちゃんの石切さん(石切神社=デキモノの神様)のような存在(笑)

ルカミエで言うと 知り合いのワンちゃんに輸血が必要となった時 
ルカとミエルを供血に連れてきたことがある病院です。
その時は ルカだけ血を取ってもらったのですが
 
IMG_1898201301230.jpg
その時のことを思い出したか、ルカ。

待合室に入った途端
IMG_190420130130.jpg
尻尾が下がった(爆)

逆に その時は血も取られずお付添いの立場で 殆どイヤなイメージがないミエル。
IMG_191030130130.jpg
相変わらず お気楽。



で、この後 ミエルは腫瘍専門の先生に診察をして頂いたのですが
細胞診して頂くために ミエルだけ診察室の奥へ。
針を指して細胞を取って診てもらうのですが ミエルがどれだけ抵抗したか・・・・は 全く知る由も無し。
まあ、この子の意外に頑固な性格から想像するに かなり無言の抵抗をしたことは間違いない



結論から言うと 前に行った先生のご意見とほぼ同じで毛包嚢腫と考えられるそうで 
大きく腫れた部分は炎症を起こしているそうです。
色々と説明して下さいましたが 不思議なことに日本語に聞こえず。理解できず。覚えられず
ただ、「それであれば”良性”と考えられます」という言葉だけが はっきり耳に残った(笑)


とりあえず抗生物質のお薬で炎症が引くか様子を見ることになります。
アンテとしては なんでこんなのが出来たのか原因を知りたかったのですが(お散歩のし過ぎかと思った
何らかの外的刺激によってなったとも考えられるけれど やっぱり体質的と考えるのが普通なようです。

とにかく数が多くて足の間のことなので 炎症がひどくなって腫れて破裂して・・を繰り返すようなら
外科的な処置(切除手術)をするのが一番いいんですって~~~


お会計を済ますのを待っていると 大きな秋田犬さんが。
IMG_191630130130.jpg
大きな子だったけど 腰、引けてました(笑)

IMG_192020130130.jpg


”おみや”はお薬。
IMG_192520130130.jpg

結構大きな錠剤を 一回に2錠飲むのですが
ちょっとクリームをつけたパンでくるんだら あっさり飲み込んでた


DSC0729520130111.jpg

これで腫れ、ひいてくれないかな~。


いつもありがとうございます。
ポチッとよろしくお願いします

今朝なんて 普通にフードにヤギミルクと一緒に混ぜたら完食(笑)
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村   愛は地球を救う! 食い気はミエルを救う・・・・・     


Category : ミエル
Posted by アンテ on  | 10 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。