FC2ブログ
IMG_2416.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

ワンコとドアノブ。

ゴールデンウィークの出来事を順番にご紹介して行こうと思っていたのですが・・

ここでいきなり ちょっと横道。


名古屋か姉妹のじゅんぴさんのブログで
「ミニーちゃんがリビングのドアを開けて困ってます」っていう記事を読んで
おお・・・と 大笑いした 懐かしく思い出したアンテ。


実はこの悩み 以前ルカが来てすぐの冬に記事にしたことがあった・・・そう、あった。

で、我が家の場合は ”ドア丸ごと交換”の話まで出てアンテをビビらせたけれど
結局 親切なハウスメーカーさんの「レバー式のドアノブのレバー部分を縦にしてみては?」というアドバイスで
一件落着した・・・・と このブログではお伝えした・・・・まま、だった

参照記事⇒ 「知恵ぇは勝つ~♪」 


この状態ですね。
CIMG7878.jpg
で、これで円満解決したか、と言うと・・・・・実は違ったんです


ルカ、さすがプードル。
4~5日もすると 器用に前足を使って この縦にしたレバーも開けれるようになったんです。
この子、私達が開けるのを 変にじーーーっと見てるな、とは思っていたんですが
正直 こんなに早く 開けるようになるとは思ってなかった


万事休す。。。。。もはや残された道は”ドア丸ごと交換”か?と 追い詰められたアンテ、捨て身に出ました。


レバー式のドアノブ、犬猫はそのレバーに前足をかけて てこの原理を応用して
軽い力と単純な動作でドアを開けちゃいます。

ならば その 「てこ」を出来無くしたらええんちがうん



で、結論から言うと 現在の我が家のリビングのドアノブ

201205012734.jpg
こんな状態です。
短い上に 下向き(笑)



では 時間をさかのぼりましょう。。。

幸い 我が家のドアノブは木製だったので これは切れる!と思って

お庭の枝切り用のノコギリで
201205017970.jpg
ギコギコギコ (これ、2010年12月クリスマス頃の写真です・笑)

201205017974.jpg
最初 念のために もっと短くしようと切り始めたのですが
中に芯棒の金具があったので断念。
金具のない部分で切りなおしました(なんとも不細工

201205017975.jpg
で、バラバラに。

201205017976.jpg
この状態では さすがのルカも前足をかけることができなくて

201205017977.jpg
勝利を確信した瞬間でありました


以来 ずっと
201205012735.jpg
この状態・・・。

201205012747.jpg
人は握って回せるので 全然不便は感じていません。
レバー式ドアノブですが もはや丸ノブと同じ(笑)


ちなみに
201205012736.jpg
リビングの外側は 下向き。

201205012739.jpg
キッチンに通じる洗濯室のドアノブは上向き。

201205012738.jpg
洗面所に通じるドアノブは ノーマル。。。。と なぜか バラバラ
で、このノーマルタイプだと あんまり賢くないね~と言われているミエルでも
今では軽々と開けることが出来ます。


じゅんぴさんのおうちのドアノブはとっても可愛いワンコの姿をした金属製のドアノブなので
アンテんちみたいに簡単には短くできないと思いますが・・・・
専門の方に頼んで コッカーの尻尾みたく短く・・・
いや、プードル風にしてみたらいかが~?


それにしても
ワンコと快適に暮らそうと思うと 色々と融通を利かさなきゃならないことって多いですね。

先日 紹介したルカミエの足が滑らないように敷いたフロアマット。
201205012751.jpg

とっても良いので 他のホームセンターで売ってないか探したら、あった(笑)


で、ルカミエの動線部分に敷きました。
201205012757.jpg

201205012755a.jpg
・・だそうです。

これで ルカミエが少々 わちゃわちゃ遊んでも安心して見ていられるようになりましたが

どうしても 椅子を引くと引っかかるので
201205012749.jpg

オットはいっそ全面に敷いたら?って言うけれど
冬、床暖房を使う時期になったら 全部 取らないといけないことを考えると
なるべく少ない範囲で敷いていたいアンテ・・・

なので テーブルの位置を動かしたら
テーブルとペンダントライトが

201205012750.jpg

別に・・・全然 構わないんですけど、ね。
犬と生活していらっしゃらない方には 色々と不思議な家の中かもしれません・・・

Category : ルカ
Posted by アンテ on  | 10 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。