FC2ブログ
IMG_2416.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

ミエルの大きさ。

一気に カフェ彦「ほのぼの編」へ突入しようと思っていたのですが・・・・


ちょっと 中休み。

今日はミエル、避妊手術の日でした。
そして その後は一泊のお泊りです


朝一番 ルカ兄たんはお留守番で ミエルだけを連れて病院へ。
CIMG6197.jpg
ちょっぴり不安そうに見えるのは アンテの気のせい。

きっと・・ミエルの脳内、
CIMG6197a.jpg
ま、こんなところでしょうね(笑)


駐車場から病院までを 一生懸命 横について歩くミエル。
CIMG6198.jpg
ミエちゃん、小さいなあ・・・と胸がキュン。

いや、犬としては十分大きいんですけれどね
我が家としてはとっても小さくて幼いイメージなんですよ、この子。


待合室でも
CIMG6209.jpg
お行儀よく待ちます。

CIMG6210.jpg
飽きてきたそうです・・・・・

CIMG6212.jpg
あ、壊れた

この子、リラックスすると床に寝転んでクネクネ、コロコロします(笑)
ミエル、リラックスし過ぎやで。。。


さて、お名前が呼ばれて診察室では

CIMG6206.jpg
手術を前にして 血がちゃんと固まるかの検査をしました。
採血も大人しく済ませましたよ。

CIMG6207.jpg

CIMG6208.jpg

先生にリードを渡して連れて行かれるとき
一生懸命こちらを見ているミエルを見たら胸が詰まりましたが
知らん顔して病院を出てきました。


夕方は ルカ一匹のお散歩。
なんか味気ない~~~
つい4ヶ月前までは ルカ一匹が当たり前だったのに不思議ですねぇ。
ルカもなんか寂しそうで お散歩から帰って家の中に入ったら
えらい勢いであちこちミエルを探していました。
おうちで待っててくれてると思ったんだろうなあ。


その後 病院に行って
ミニーちゃんの避妊手術で大変な思いをしたじゅんぴさんのアドバイスにしたがって
摘出した子宮と卵巣を見せて頂きながら十分に説明して頂きました。
そんな、子宮や卵巣なんて まともに見れるかしらん?と思っていましたが
案外冷静にじっくり見れた自分にびっくり(笑)

ミエルはもう麻酔も切れて 犬舎の中で普通に立ったりしていると聞いて
一安心しました。
先生が「会って行かれますか?」と言ってくださったのですが
私の姿を見て帰りたがるのに 置いて帰ることの方が辛かったので
会わずにそのまま帰ってきました。



この記事、本当はミエルが帰ってきてからアップしようと思っていたのですが
麻酔から覚めて 自分で立てるほど元気にしていると聞いて なんかホッとして(笑)
ミエル、明日の夕方 お迎えに行ってきます。

CIMG6213.jpg
何故か ミエルがいつも寝ている場所で寝るルカ。

しかし・・・一匹いないだけで 寂しいものですねぇ。。。。

小さいミエルが 大きく感じる今夜です。



Category : ミエル
Posted by アンテ on  | 15 comments  0 trackback

「学ぶ飼い主」編 @カフェ彦

さて、NOBKOB@「カフェ彦」さんでの続きですが 
今回の内容はちょっと趣が違います。


ふと 気が付くと「カフェ彦」さんの奥の壁のテレビに映し出されていたのは

CIMG6010.jpg

わあ、アンテの大好きな 
アメリカのドッグトレーナー、シーザー・ミランさんの番組だ!!


アンテは離れたところに座っていたので どういう話の流れかは分からないのですが
どうも ラテママのACOさん、ナポママのみもとさんが
カフェ彦さんにいらした家庭犬訓練士の方とお話しをしていて 
犬のしつけについて色々と相談に乗って頂いて
シーザーさんの録画した番組を見せてもらい始めたみたい・・・(合ってる?)



CIMG6012.jpg


実は アンテ、シーザーさんが大好きなんです。
シーザー・ミランさんはメキシコ人。
「世界一のドッグトレーナーになる」という夢を抱いて
メキシコから不法に国境を越えてアメリカに入国してからの彼の人生は
彼の人間的な魅力と天賦の才によって開かれるアメリカンドリームそのものです。
シーザーさんの熱烈なファンで 彼について詳しく紹介して下さっているのが
「SMILES@LA」のあがさんのブログです。
あがさんの愛娘 ニコちゃんとニヤちゃんの美しい目を堪能して頂いて
ぜひ「シーザー・ミラン」カテゴリをご覧になってみてくださいな(あがさんに丸投げ


シーザーさんの考え方は とってもシンプルです。
 「飼い主は 犬にとって常に穏やかで毅然としたリーダーであること」

彼はよく「エネルギー」と言う言葉を使います。
で、番組を見ていると分かるのですが 彼は犬に ぺちゃぺちゃ話しかけたりしないんですよ。
初対面の場面は犬のことは完全無視、
その犬の名前で呼びかけることはもちろん 目を合わすこともしません。
たぶん、彼にとっては 「名前なんて必要ないし 犬に言葉なんて むしろ無駄」
彼は 毅然とした穏やかなエネルギーと ボディランゲージで
自分がリーダーであることを伝え、自然と犬を従わせます。
この辺になってくると やっぱカリスマ(笑)
まあ、私達が簡単にマネできれば苦労しませんね

CIMG6014.jpg
ACOさんも 真剣。

シーザーさんが いつもまず言うのは「運動・規律・愛情」の順番です。
まず 犬に必要なのは「運動」
これが十分でないと 犬のエネルギーが溜まって問題行動を大きくします。
十分な運動をさせてエネルギーを発散させておく(早い話が疲れさせておく・笑)と
その後の「規律」が受け入れやすくなります。

次に必要なのは 家の中での「規律」(ルールを設けて守らせる)
私達は 犬の嫌がることはさせず 自由にさせてあげることが
犬を大切にして可愛がっていると思って 犬は幸せだと思いがちですが
「規律」(ルール)のない生活・飼い方は 逆に犬の精神状態を不安定にしてしまって
決して犬にとっては幸せではないこと・・。

最後に やっと「愛情」です。
きちんと「運動」が足りて 「規律」を受け入れて生活している犬は
人に対しても犬に対しても穏やかで従順になります。
そこで やっと「愛情」を与えてあげて良いのだそうです。
興奮していたり 怯えて不安定になっている状態の犬をなだめようと抱き寄せたり
ついつい「ヨシヨシ」なんて撫でてしまうのは間違いなんですね~。。。

な~んて分かったように書いておりますが
アンテも シーザーさんの考え方に納得していても これがなかなかできない。。。。って言うか
徹底できません


真剣に番組に見入るみもとさんの腕中でこのヒトはしらけ顔。
CIMG6009.jpg
いやいや、ナポくん、そのうち名古屋出身「カリスマドッグトレーナーみもと」が誕生するかもよ



うちの食いしん坊さん、お料理が出てくるのが気になって仕方ない。。。
CIMG6032.jpg
KYのミエルが一生懸命 話しかけている?オレンジのベストを着た方が
家庭犬訓練士をされている先生です。

CIMG6033.jpg
ミエル、お仕事の邪魔するんじゃないよ~~


この方が 
CIMG6074.jpg
ワンズを従わせます。

CIMG6076.jpg
シーザーさんの言うところの「敬意を払う」範囲に犬が入ってきません。
犬達は静かに一定の距離を置いて待ちます。

飛びついて要求するなんて問題外なんだよ・・・>オット

CIMG6077.jpg
ニンファちゃんも 「頂いて良いのかしら?」という表情。

CIMG6079.jpg
ルカは もう一歩下がって「この人 何だろう?」という顔をしています。
ミニーちゃんなんて もっと遠くにいたのね(笑)


最初に ピッと一発くらったナポ師匠。
飛んで逃げました(笑)
CIMG6081.jpg
いやいや、これが みもとさんの未来の姿だよ、ナポくん 覚悟しな~(笑)


「出た、親バカ!」と笑って頂いて良いのですが ルカは本当に頭の良い子です(笑)
感受性も鋭いし運動神経も良い。
年齢も自我と反抗心が芽生え始める2歳前。
そこにミエルという女子が加わったことで「群れ」の意識がルカに生まれて来ているのを
時々見ることができます。
それは自然なことだし 決して悪いことだとは思わないのだけれど
この時期、私達飼い主が扱い方を間違えると コイツ、とんでもない知能犯になりそうな気がする
(でもこれはスタンプー全部に言えることですよね)
またミエルはミエルで このヒト マイペースのKYちゃん。
叱られていても叱られていると分かっていないような・・・
そして見かけによらず強気女子です。

ここのところ 微妙に変化し始めている繊細なルカの状態と
全く真逆の性格の神経の太いミエルのしつけと・・・ 
二匹いるとしつけるのも難しい~~~と少し混乱気味のアンテだったのです。

CIMG6035.jpg
見た目も真逆の二匹。

ですから この日、とっても良い経験が出来ました。

オットも何か感じたのか・・・?
お散歩で 前に出よう出ようとするルカを 気合?シーザーさんの言うところのエネルギーで
ルカを制していました。
そしたらルカ、途端にリードは「しの字」にたるませたまま、オットの後ろを歩きます

お散歩の後 オット ルカに向かって「そうや、やれば出来るやないか~」と言うてましたが
その言葉 そっくりそのまま オットに贈りたい。
オットよ、やれば出来るんじゃないか~!
ぜひ、その状態を維持してもらいたいものです。。。。


雨でランには行けず ちょっと残念だったのですが
この先生のお蔭で とっても有意義な時間が過ごせて楽しかった~。
「カフェ彦」さんにいらした先生、お世話になりました、本当にありがとうございました


さて、次は 「カフェ彦」さんで撮った ほのぼの写真を予定しています~(笑)

Category : ワン友達
Posted by アンテ on  | 10 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。