FC2ブログ
IMG_2416.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

恐るべし子供パワー

ルカは 月に二回 老人施設にセラピードッグとして
ボランティアに参加させて頂いていますが

先日 そのボランティア仲間のブランママから

「なんか幼稚園の知り合いの方から
ワンちゃん来てくれないかなって話があったんだけど
ルカくんとミエルちゃん、来れませんか~?」ってお声をかけて頂きました。



幼稚園・・・子供かあ・・・・う~~~ん、どうだろうなぁと思いながら
何事も経験、慎重に慎重を重ねる覚悟で 連れて行ってみようと
「はい、行きますよ~」とお返事をしました。

メンバーは 矢野ドッグスクールの優等生 
ボーダーコリーのロッキーくんとゴールデンのブランちゃん、
訓練なんて まだ何も出来ていないに等しい我が家のルカに 
マテはおろかスワレすらまだ怪しいミエルちゃん
あ、でも ミエルちゃん、最近 ご飯前(だけ)フセが出来るようになりましたよ~




で、予定の日が近づいて 詳しい話を聞くと
幼稚園ではなくて保育所。


出かけるその時まで 連れて行くのをどちらか一頭にしようかと迷っていました。
保育所のような小さな子供のいるところならミエルの方がいいんじゃないかな~と。

ルカが興奮して動いたら 手足の長い分 やっぱり動きが大きくて 
子供さんに怪我をさせては大変だし
その点 ミエルは動きがゆっくりと言うか(笑)
普段から あんまりガサガサぴょんぴょんしない子だし
いつも 精神的に安定した子なので
体の小さい子供の相手には向いているような気がしました。

でも あちら(保育所)には四頭で伺いますと伝えてあって
すごく喜んでくださっていたと聞くし。。。。


で、結局 二頭とも連れて行ったのですが・・・・


その保育所はビルに二階にあって 一歩 ルカミエが室内に入った途端、






キャーーーーーーーーー!

キャーーーー!!!きゃーーーーーーーーーー!


    キーーーーーーー!!!!!


きゃーーーーーーーーー!



つんざくような奇声の嵐!! 

喜んで走り回る子供たち!




・・・・・・・・・・ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)ノ





正直、えらいとこに来てもたーーーーと思いました。


「奇声をあげてバタバタと走り回る子供」・・・
たぶん、これほど犬を興奮させる相手はないのではなかろうか。

ましてや 小さい子供とは縁のない我が家。
ルカもミエルも こんな幼い子供たちの騒々しさは初めての体験。

この 子供たちのすっごい興奮のエネルギーの中で
うちのルカミエが冷静でいれるわけないや~ん

案の定 初めての場面と雰囲気に 興奮気味のルカとミエル。

どうなるんやろ??? いや、どうする?????

汗がどーーーっと噴き出た


押し寄せるお子ちゃまパワーに 同じく唖然とするブランママにロッキーママ。


でも そこはさすがにブランちゃん。
落ち着いています。
子供たちもさっそくブランに群がる。

あ、あんまり見えないけど 真ん中にブランちゃんがフセているんですよ。
CIMG4058.jpg
奥では ロッキーもフセています。
あの状況(とにかく、子供たちの奇声でけたたましい)でフセができるブランとロッキー。
さすがだ

私とルカミエは、と言うと・・・・・・
CIMG4056.jpg

壁際で ひっそりと鳴りを潜めてました(笑)
あ、ルカ 子供ウケするように恐竜のお洋服着て ミエルは耳に飾りつけてま~す。
ミエルの飾りはすぐに取れちゃったけどね(笑)

CIMG4057a.jpg


そのうち 子供たちが 壁際で隠れていた待機していた ルカとミエルにも気づき
沢山の子が撫でに来てくれました。

その様子を写真を撮ってる余裕なんて とてもじゃないけど なし!


けれど ルカミエの様子を見ていると面白かったです。

あの状況で 私はルカが興奮して 私のコントロールが効かなくなることが心配で
そうなったら すぐに部屋を出ようと思っていたのですが
部屋に入ってすぐの興奮は 案外すぐに治まって
全身がリラックスしていて いつものルカになっていました。
そうなったら 元々 どこを触られても平気なルカなので
後は 子供さん達が どんなアプローチをしてきても
それほど心配はすることはなかったのですが

意外だったのは ミエルです。
キャーキャー言いながら 目の前を走り回る子供に反応して
何回か「ワン!」て吠えて私に怒られました。
明らかに ミエルの方が興奮して 
遠慮なく近づいて 遠慮なく触ってくる子供の行為に戸惑っていました。


ミエルの様子に目を光らせながら
アンテ、面白いなあ~~~~と思った。

よく 「犬の社会性」とか何とか、言われますが
正直 あんまり分かってなかったんです。

犬には社会性を身につけましょう、なんてよく聞くけど
しつけ・訓練をすることと どう違うのかな?とか。
漠然と。


けれど 今日のルカとミエルの違いを見て 何となく分かりました。
我が家に来て一年経つルカ。
お出かけ大好きのオット飼い主の都合であっちこっち連れまわされて 
楽しいこともあるだろうけど つまんないこともあるだろう。
けれど 色んな違う場所で、多くのことを経験し、多くの方に出会っている分 
色んな状況に対する許容範囲が広くなっているような気がしました。

その点 ミエルは 保護された当時 肉球がプニプニで柔らかく
文四郎ママさんのおうちのお散歩で 肉球が一皮剥け、
預かって頂いたKJさんのおうちでも肉球が剥けたそうです。
よほど最初にミエルを飼われていたおうちではお散歩はされていなかったんでしょうね。
と 言うことは それだけ外の世界での経験が不足した状態で成長してきたわけで。。。。。

最初はミエルの方が向いていそうに思っていた子供さん達のお相手ですが
そう、予想に反して この保育所で私が神経質に様子を見たのはミエルの方でした。


なのに・・・・・

ルカ、子供さんウケするように恐竜のコスチュームまで着て挑んだのに
やっぱ 黒くて大きな犬は怖いのかなあ。。。。
子供たちが 触りたがるのは 小さくて(ルカに比べると)色も明るいミエルなんです。

CIMG4063b
だね・・・・かーちゃんも ルカに触りに来てくれる方が よほど安心だったんだけどな。

でもルカも
CIMG4068.jpg
これくらい くつろがないとね~(笑)


CIMG4067.jpg
最期のご挨拶で ルカは ハイタッチを披露しましたよ。




いや~~~~~、正直 疲れました!!
子供って あんなに元気なんだな~!
忘れていましたよ。
でも どの子も可愛かった。

CIMG4069.jpg
ね、可愛いでしょ?(笑)


CIMG4062.jpg
いい経験ができたね~。
少なくとも ミエルの今後の課題が見えました。


夜、眠りこけるルカミエ。
CIMG4073.jpg
二匹とも ヘソ天(笑)


さすがに疲れたかな?
でも 子供たち、喜んでくれていたよ。

ありがとうね、お疲れ様。

Posted by アンテ on  | 12 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。