FC2ブログ
IMG_2416.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

新しい家族

今日は 秋晴れの本当に気持ちの良いお天気でしたね~。

風が冷たくて 夕方からは寒く感じるほどでした。



一昨日 リーフの一周忌を無事に済ませ(って何もしてないけど・・あはっ



今日は ゴルフから帰ってきたオットと

東大阪にある ドッグランフィールドに行って来ましたよ。

ここは 前に 名古屋&関西親ばか会で皆さんと集まったドッグランです。


CIMG3309.jpg

まあ、ルカ 本当に楽しそうによく走りましたよ~・・・・って


写真で ルカの隣で一緒に楽しそうに走っている子は、誰??と思われました??
(あ、前を走っているのはトイプーちゃん

その子もスタンプーじゃないの?って。


そうなんです、今日のことを紹介する前に お伝えしなければならないことが~




この子。
CIMG3325.jpg

17キロの小柄なレッドのスタンプーの女の子です。


実は この子、うちの子なんです!(ああ、嬉しい~~~~、やっと紹介できたーーー!


名前はミエル、と言います。


年齢は二歳前後と言うことで ルカよりもちょっと年上だと思うのですが
ルカの妹として我が家に来てくれました。



CIMG3302.jpg
ほんと、びっくりだね(笑)



この子もルカと同じで
元々は 迷い犬として 名古屋のセンターにいたところを
Wonderful dogsさんに引き出してもらって里親募集されていた子です。



覚えていらっしゃるでしょうか?
9月1日、台風が迫ってくる中 アンテ夫婦がルカを連れて名古屋の
ディニーズガーデンに行ったことを。

CIMG2813.jpg
デイニーズガーデンでの ミエル(当時はパジちゃん)
預かりをしてくださっていたKJさん(ローデシアンリッジバック2頭とパピヨンのオーナーさん)
のところで お世話になっていました



あれは この子(パジちゃん)に会いに行ったのです。

この子との縁も不思議と言うか・・・


このKJさん、ご自分の犬達と一緒に ディニーズガーデンにパジちゃんを連れてきて
その時にソラママさん とお会いされていて
この子のことは その時に ソラママさんのブログで 
里親さんを探しているレッドのスタンプーの女の子がいる、と聞いてはいたんです。

けれど その時は 自分達と縁のある子だなんて 全然思っていなくて。。。
「早くいい里親さん、見つかるといいですね~」なんて言ってたんですよ。
(今思うと笑える~


以前 スタンプーのバニちゃんを預かって「2頭いるっていいなあ~」とはオットとも言ってて 
いつか2頭飼いたいな、なんて思いはしたけれど
何だかんだ言って やっぱりスタンプーって手がかかるし、
お金も体力も要る犬です。


そう簡単には・・・・・と、思って、いた。。。。のよ?。。。。じゅんぴさん(笑)

CIMG2834.jpg
ディニーズガーデンでのパジちゃん。
とにかく小さくて、ルカの大きさに慣れていた私達、第一印象は「小さいーーーー!」(笑)



そう、事の始まりは  じゅんぴさん!(笑)

あの日 ランでパジちゃんを見たじゅんぴさんから
「アンテさ~ん、可愛い子ですよ~。いかがですか?」なんて写メ付きのメールが。。。。

あ、あら・・・・・か、可愛い・・・・・
いや、ダメダメ そんな簡単なことじゃないんだから!

で、いくらなんでもオットが止めてくれるだろう、と
オットに見せたら「可愛いな・・・・これは、縁と違うか?」なんて言い出すし


後は 正直 自分達でも びっくりするくらいに話が進んで

一週間後には Wonderful dogsの 文四郎ママさん とKJさんが
大阪まで パジちゃんを アンテの家まで連れてきてくださいました。
文四郎ママさん、KJさん、本当に遠いところをありがとうございました。

KJさん、ご自身も大型犬2頭と小型犬を飼われていて大変なのに
ミエルを可愛がって大切にしてくださって、本当にありがとうございます。
大きなお姉ちゃん達と遊んだお蔭で ミエルは本当に上手にルカとも遊べます。
これからも ミエルを見守ってやってくださいね。

ルカの時もそうでしたが・・・・
保護されたワンちゃん達のために活動されている皆さんの熱意と行動力には
本当に頭が下がります。尊敬します。
本当にありがとうございます。



何故だか 夫婦で無性にパジちゃんを我が家に迎えたい!と思って 
その気持ちをじゅんぴさんに伝えてから
(じゅんぴさんも まさかのびっくり・笑)
色んなことが分かり始めて それらが全て、アンテの中で繋がりました・・・・

CIMG3021.jpg
トライアル中のルカとミエル。
それぞれのクレートでオヤツをもらいます(真剣です・笑)




夏前に バニちゃんを預かったこと・・・
あのバニちゃんとの10日間がなかったら たとえどんなに良いお話でも
私達は二頭目の犬を迎える勇気は持てなかったと思います。
バニちゃんが うちにいてくれたあの10日間。本当に楽しかった。
二頭との生活は 決して 労力が二倍されるわけではなく
けれど 楽しさと笑いは二倍にも三倍にもなるということを経験していたから。
あの十日間のお蔭で 私とオットは この子を迎えることのチャンスを与えられたことに
躊躇しなかったんだと思います。
あれは この子を迎えるための複線だったんだ。
バニちゃん、ありがとうね。。。。

そして、もしも預かりをされているKJさんが ディニーズガーデンに来ない人だったら
ソラママもじゅんぴさんも パジちゃんを直接知ることはなかっただろうし、
アンテは ソラママのブログでそんなレッドのスタンプーちゃんのことは知ることが
出来なかったし じゅんぴさんも アンテにパジちゃんの写メを送ってくることは
なかったでしょう。

私、最初 じゅんぴさんからメールを頂いた時は
その子は 個人の方が里親を探してらっしゃるんだと思っていたのです。
でも 後から Wonderful dogsさんの保護犬で
そのパジちゃんをセンターから引き出す役目をされたのがWonderful dogsの文四郎ママさんで
その文四郎ママさんは 私が去年 ルカに会いに 春日井の譲渡会場に行って 
最初に「すみません、ムーちゃんはどこですか?」と声をかけさせて頂いた方で 
パジちゃんを一週間 お世話されていたことを知って。。。。。
ですから 文四郎ママさんは すでに生アンテをご存じだったんです。
これには 鳥肌が立つほどの縁を感じて感動しました。

これらのことが アンテの中で繋がったとき
「この子はうちの子、きっとうちに来る」と 変な確信のようなものが生まれていました。



それから 二週間のトライアル期間を無事に終え(長かった・笑)
昨日 9月22日木曜日 
正式譲渡の契約書をWonderful dogsさんに送らせて頂いて
パジちゃんは 晴れて我が家のミエルになったのでした。

奇しくも その日はリーフの命日の翌日、
リーフの体を霊園に持って行ってお空に帰した日でした。
これも・・・・不思議だな。。。。ね、リーフ。



aCIMG3303.jpg


ミエル・・・miel。

まあ、この名前に決めるまで どれだけ紆余曲折、葛藤があったことやら(笑)
実は ミエルって 最初に浮かんだ名前なんですよ。

でも 言いにくい、聞き取りにくい、覚えにくい、の三拍子。

ミエル・・・・「ミエハル?」との反応は オット&みもとさん(昭和、昭和・笑)
       「三重県?」は三重県出身のじゅんぴさん
       「視えるんです・・・・」ってnanaさん(怖いよ・爆)
       「見えるとか見えないとか~」 これはアンテ(あはは



でもね、どう回り回っても アンテの頭の中で この子の名前、ミエル・・・・に戻っちゃう。

だって miel・・・ オフランスゴで 「ハチミツ」の意味ざま~すのよ。

最初に会ったとき、「ハチミツ色の子だなあ~」と思ったのが始まり(笑)

ほ~ら、今 オシャレだっ!と思ったでしょ!!でしょ!!?






ルカの時の経験から言って まだまだネコ被っている感満載だけれど
いい子です!
人懐っこくて 落ち着いていて それでいて はじける時ははじける。
ほんとに可愛い子です。
こんな素晴らしい子を 本当にありがとうございます!

じゅんぴさん、よくぞ あの時 写メを送ってきて下った!!!
ありがとうねーーーーー!



CIMG2978.jpg

ルカとミエル。
大切な宝物が増えました。



ルカミエを どうぞ よろしくお願いします



Posted by アンテ on  | 30 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。