FC2ブログ
IMG_3329.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

ラン&ラン

今日 アンテ夫婦とルカは 車をかっ飛ばし
前から行きたい、と思っていた 「ともnet」 さんの名古屋の譲渡会に 
とうとう行くことができました。
ルカに初めて会った春日井の譲渡会場を思い出して 感無量。
皆さんにお会いできて めちゃくちゃ嬉しくて幸せで 
今 まだその余韻に浸っております。。。。。





とりあえず 時間の順番に紹介していこうと思います。

まず、ゴールデンウィーク。

GW、皆様 いかがお過ごしでしたでしょうか(ん?世間はまだGW中??)



アンテ一家、自慢がじゃありませんが GWを夫婦そろって過ごしたことがありません。
(これ、去年も書いたような気がする・・・・


オットは 毎年恒例の 北の国ゴルフ三昧の旅へ(ええ加減飽きたやろーと思うのだが)

さすが北海道、5月だというのに 4日に雪が降ったそうな。。。。

「まあ、それは ざまあみろ 残念だったね~。」と良き妻を演じるアンテ。
そこはソツがありません



私は、と言うと ゴールデンウィークは とにかくルカとラン三昧でした

お山のランでのメンバーは


ここのところ 顔を合わせる機会の多い(笑)
CIMG9903.jpg
アテルイ・モレ兄弟。
ランで 何故かリード付き(笑)


アニーママファミリーの レアくん。
CIMG9905.jpg
小さくて びっくり。
でも 気合は充分
でかいのが ややこしくモメてると テーブルの上から 活 を入れておられました。

アンテのお気に入りの しんごくん。
CIMG9909.jpg
しんごくん、可愛い、とにかく、可愛い
だから ずっとお膝の上に抱っこしたいたい・・・ねん けど
・・・・・しんごくん、重い。。。。。 



黒ラブのリタちゃん。
CIMG9911.jpg
リーフの旅立ちから 半年過ぎて。
ラブの手触り、表情、動き 全てに切なくなるアンテ。
リタちゃんの横顔 素敵。

やっぱラブは好きやーーーー。

あ、肝心の アニーくんの写真がないっ!!



前の日も 一緒にランで走り回ったアテルイくん

CIMG9897.jpg
ピーピーなるボールを手に入れてご機嫌な様子(ほんまにこの子は分かりやすいなあ~・笑)

で、ルカは
CIMG9898.jpg
そのボールが欲しくて アテルイくんの周りをうろうろ(笑)


この後も この小さなサッカーボールを巡って
アテくんとルカの 取ったり取られたり、二匹の頭脳戦?が繰り広げられました。
その様子を見てると
ほんと、犬って面白い~~~~。

あ、モレくんのお顔も写せてなかった。。。


とにかく ママさんたちとのお話が面白くて楽しくて
ついつい写真が後回しになってしまった私です。




お山のランで
ルカは リタちゃんとこの お姉ちゃんに 沢山遊んでもらいました。
お姉ちゃん、サンキュー!

犬との接し方、遊び方って センスの良し悪しってあると思うんですよ。
それで言えば このお姉ちゃん、抜群のセンスの持ち主やと思います。

ボール一つ投げるのも じらしたりフェイントかけたり、犬を惹きつけてからボールを投げる。
かと 思うと 犬がストレスを感じないように 合間に直球で 思いっきり走らせてみたり。
犬の好奇心・欲求を満たしつつ 頭で考えさせるよう仕向ける、
その加減が絶妙です。
で、決して オーバーリアクションではなく
誉めるところは きちんと押さえて誉めて声をかけてくれてはる(←意外とこれが出来ない
見てて 本当に感心しました。


お陰で ルカぼんの偏差値もぐっと上がり(?)
CIMG9908.jpg
お顔つきも 賢げになっておられます 
ぼん、お顔のゴミが少々 ちとアレと言えばアレですが・・・・・


で、
CIMG9910.jpg
この汚れっぷりーーーー!
ここまで汚れたら かえって気持ちいいわ~、あーはははは! (アンテ、壊れる)


アテモレ兄弟と アニーファミリーのお陰で 本当に楽しく過ごせました。
ありがとう!!
連日のランで 思いっきり遊べたルカ さすがに家では爆睡してましたよ(笑)




アンテ お気に入りの一枚。
前の日のランで
CIMG9892.jpg
ルカの前で わざとボールを見せびらかすアテルイ兄。

ルカ、ただ今 修行中です(笑)





今 FreePets さんによって

福島原発20キロ圏内に取り残された動物達の救済に関して 
特別に組織された専門家チームを「緊急事態応急対策に従事する者」として、
または、市町村長が認める一時立ち入りとして、
警戒区域内に入らせる旨の緊急措置を要望する 

と 言う内容で賛同人を集めてらっしゃいます。
こちらは ペーパーによる署名ではなくて
ネットのフォームから賛同人として登録することができます。
すごく簡単です。
よろしくお願いします。

Category : お散歩
Posted by アンテ on  | 8 comments  0 trackback

少しずつでも進む。

私の前の記事ですが 少し流れが変わってきているので
訂正しますね。


ベーネちゃん、ニーナちゃんという二匹の可愛いスタンプーと暮らしている 
 「モルトベーネ!なスタンプー」 のnanaさんが
5日付けの福島民友という新聞に掲載されていた記事を教えてくださいました。
nanaさん、いつもありがとうね!

車とペット、持ち出し可  
一時帰宅で政府は4日、自家用車とペットの持ち出しを認める方針を固めた。
実施時期については今後、検討する。
自家用車の持ち出しでは、スクリーニングと除染を実施する複数の場所を確保した上で開始する。
バッテリーが上がっている車両が多いとみられ、
車の持ち主は充電器を持参し集団で警戒区域内に入る。
移動可能な車両は隊列を組みスクリーニング場所まで走行する案が浮上している。
政府は警戒区域内に8~9000台の自家用車があるとみている。
ペットは、飼い主から希望を募った上で、
行政関係者らがまとめて持ち帰る方法を検討している。』

でも まだ「実施時期については今後、検討する」だし
「ペットは、飼い主から希望を募った上で、
行政関係者らがまとめて持ち帰る方法を検討している。」
検討、検討・・・なんでいちいち こう面倒くさいんだろう。。。。

正直言って 遅すぎると思います。
被災地の残された彼らは 今 この時を ボランティアの方々力によって
必死で生き延びてくれているのに。

そして 行政関係者ではなく
Free Petsさんが提言されている
『特別に組織された専門家チームを「緊急事態応急対策に従事する者」として、
または、市町村長が認める一時立ち入りとして、
警戒区域内に入らせる旨の緊急措置を要望する。』
にするべきです。

それでも 一時帰宅の際の「ペットの保護は不可」から考えると
うんと前進していると思う。。。。。


CIMG9885.jpg
さて、ルカの頭はどこでしょう?



連休中、ずっとこのことでモヤモヤしていて
記事にしようか 悩んでいました。

思い切って記事にして nanaさんから頂いたコメントで 
少なくとも動物達のことが考慮され始めていることが分かって 思わず涙が出ました。
最初は「お留守番」の気持ちで動物達を置いて出られた被災者の方々が
今度はいつ帰れるか分からない現実を知りながら 
それでも動物達を 再び置いてこなければならない辛さを考えると
そんなむごいこと、ありえへんやろ!!?と ずっと思っていたから。。。。


私、人間が小さいものですから
どーしても目の前のルカとたぶらせてしか物事を考えられません。

もしも ルカが 大阪の我が家ではなく 
福島の 今、避難区域に指定されているおうちに引き取られていたら?
(その場合 私達はルカを知らないんですけどね。そういうことは考えない・笑)
いや、それがリーフだったら??

こんな可愛い子を置いて避難しなければならなかった飼い主さんの気持ちが
痛いほど想像できます。
どうしても、どうしても、置いていかなければならなかったとしたら
そして二度と会えなかったら・・・・
一生、そのことで涙し、苦しむでしょう。

いや、関西だって 明日にも大地震で生活が一変する可能性が大きいのです。
だから、私達の目の前の子を守るためにも 諦めないでいましょう。
どんな時も 愛する存在と共に行動できる世の中を。




これだけでは何ですので
今朝の面白かったことを・・・・・(笑)


朝、起きてきてリビングに入ると

CIMG9887.jpg
おかーさん、おかーさん、迷惑ですの!

ふうこが文句たれてきた。

ん、何?と見ると

CIMG9888.jpg
これよ、これ!!


あ、あれ??
それ、ルカにあげた おもちゃやん?


もともとは 猫のぬいぐるみ型のペンシルケース。
ハコが これの 白猫・黒猫・茶トラ猫 の三つを無駄に持っていたので
ひとつ頂戴、ともらったのが黒猫だったのですが
ルカが来てからは ルカのおもちゃになっていたのです。

それが何故か ふうこのケージの中に入っておりました(笑)

CIMG9886.jpg

ふうこのケージは 
CIMG9912.jpg
普段 この上のとびらが開けてたままなので(ふうちゃん、飛び出さないからね)



この黒いのが ふうこのケージに おもちゃを入れたと思われます(笑)
CIMG9894.jpg
気にいってもらえたでふか?


いや、なんか迷惑そうだったよ(笑)


Category : 未分類
Posted by アンテ on  | 3 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。