FC2ブログ
IMG_3329.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

温かい目、さりげない手

チャイナペイントという あまり知られていないけれど素敵な世界を 
少しでも知って頂きたくて始めたこのブログですが。

私自身の日常や リーフの老い、死を経て 

そして ルカを迎えて

いつの間にか 立派な?犬ブログになった、このブログ。


でも もう一つ ちらっと以前 触れた 娘、ハコの障害、高機能自閉症のこと。。。。
(あ、ハコちゃん 就職決まらずに 大学卒業でぇ~す


そうなのです。
この「自閉症」というテーマは あまりにも奥が深くて、 
この障害の本当に複雑な特徴を上手く文字で説明するほどの文才もない私は、
皆さんに この障害について 正しく伝えることができるか自信がなくて
このことについて より掘り下げることが出来ませんでした。

それと ハコは この子を理解して 見守ってくれる良い友人や 
信頼できる素晴らしい先生方に恵まれたお陰で
ものすごく成長してくれて 自閉症としての根っこはあるものの 
今 とても社会に順応した生活が出来ていて 彼女なりに大学生活を楽しみ
普段の日常生活では 彼女に特別な配慮が必要なくなっている、言うことも
ここで 特別に取り上げることがなかったというのも理由でもあります。


CIMG9473.jpg
ルカ、ペットボトルを破壊中。ベコベコととってもうるさいの


でも

nanaさんのブログで
「自閉症」 
という記事を見て ハッと思いました。



ハコが4歳の時に 阪神大震災が起こりました。
当時の 障害児母親仲間と
「こんな子達 避難所生活なんて出来ないよね・・・・」と話したことを覚えています。

この子達の「社会での生き難さ」「接しづらさ」を知っている私達は
神戸の被災地にもいるであろう その子達の親御さんのご苦労・心労に思いを馳せたものです。

我が子を”宇宙人”と表現したお母さんもいるくらい
とにかく この子達が興味をもつ物、こだわる事、この子達の行動は
周囲から見たら 何で?と意味が分からないことばかり。
「周囲に迷惑をかけたくない、普通にしてもらいたい」と思えば 
とにかく 何もかも「ダメ!」と否定の言葉ばかりを言わなければ
ならなかったのですから。


自閉症と一言に言っても 様々なパターンがあり 
あまりにも幅が広いので 簡単に説明することが私には出来ないのですが

その多くは 日本人が得意とする「場の空気を読む」ということが苦手で
コミュニケーションの困難さや 独得の”こだわり”を持ちます。
何よりも 「環境の変化」に弱く「日常の順序の変化」が受け入れられず
ストレスから パニックを起こし 問題行動が激しくなります。

健常の人でも ストレスの大きい避難所生活。
今 被災地で 障害を持った方、障害を持った子供を守りながら避難されている
ご家族のご苦労、心痛はいかばかりでしょうか・・・・・・


nanaさんは小学校の特別養護学級で補助教員をされていたので
障害を持ったお子さんと接していらした経験がおありなのだそうです。
ですから nanaさんが記事にして下さっている 障害のある人と接する時の説明は
本当に分かりやすく うん、そうそう!とうなづいてしまいました。

私なりにまとめてみると

*たとえ 助けるつもりでも、慰めるつもりでも 急に体に触れたりしないでください。
 (パニックを起こしたりします)
*急いでいる時も かける声のトーンは静かにゆっくりと落ち着いた声でお願いします。
 大声は逆効果。
*相手が話を聞いているかどうか 分からなくても 無理に視線を合わせようとしないで
 ください。聞いてないように見えても ちゃんと聞いていたりします(これ、不思議・笑)
*相手の意思が知りたくて会話を試みる場合は なるべく簡潔に 一問一答を。
 長い説明や遠まわしな表現は 相手を混乱させるだけです。
*nanaさんが説明してくださっているように
 聴覚からの情報よりも 視覚からの情報の方が処理しやすい人が多く
 伝えたいことがあれば 絵や写真で伝えるほうが理解しやすいようです。



何よりも 私はnanaさんのこの言葉に胸が熱くなり 涙が出ました。

「私たちが言っていることや、耳にした言葉をオウム返しで
繰り返したりもしますが、イライラしたりしないで
そうね。そうね。って言ってあげて下さい。」


そうなんです。
彼らこそ、否定の言葉ではなく 肯定の言葉をかけてあげてください。

nanaさん、ありがとう。。。。。


暖かい目とさりげない手が 彼らを守ってくれていますように。。。。。



ダイニングのレースのカーテン。
CIMG9750.jpg
亀裂が増え 縦型ブラインド化 着実に進む。


もちろん こいつの
aCIMG9756.jpg
しわざ。



被災地でなくても 
普段のスーパーで、電車の中で、??と思う方に出会われることがあると思います。
ぶつぶつ独り言を言ってたり 一人でにやにや笑っていたり
手をひらひらと独得に動かしていたり・・・
動きや喋り方にちょっと特徴があったり・・・・

彼らを 「怖い」「気持ち悪い・・」と思うのは仕方ないと思います。
「この人って ヤバくない?」と思うのは当然。
だって 不思議オーラ全開だものね(笑)

でも 彼らを ”自分とは無関係の存在”と思う前に、

我が子の障害に胸を痛め涙を流し、
それでも その現実を受け入れ乗り越え  
「この子が 社会の一員として受け入れてもらえるように」と
一生懸命 愛し育てている親御さんの存在や兄弟がいることに気が付いてくださいな。

そうすれば 彼らは特別な存在ではなく
皆さんと同じ、普通の存在だと思えるはずです。




あ、自閉症について もっと詳しく知りたくなった!という方は
こちら!
 「自閉症児とともに、気ままにおさんぽ♪」 
心優しいジヘイクンの成長記録と 自閉症について 情報が盛りだくさん。
我が(あくまで)心の師匠・クーちゃんが分かりやすく楽しく伝えてくれています。


それと 意外と良い嫁?のエマちゃんの「同居嫁のぶつぶつ日記」 
独得な感性とこだわりを持つフェチ子ちゃん、
彼女の武勇伝には何度 笑わせて驚かせて頂いたことか。
でも 自分に正直で愛すべき女の子です。

クーちゃん(ブログではくめくめ)と エマちゃん。
もう長いお付き合いだよねぇ。。。。。
色んな節目に彼女達との交流は 私を励まし笑わせてくれました。

いつもありがとうね~。

Category : 生活
Posted by アンテ on  | 8 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。