FC2ブログ
IMG_3329.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

パピーミルについて考える

前にもお話したように
ルカは迷い犬として保健所に収容され、殺処分される前に
岐阜を中心に保護活動をされている 「ともnet」 さんによって助け出された子です。

CIMG8863.jpg

この可愛い子が、私達家族に毎日笑顔と、活力をくれるこの子が、
「ともnet」のMZさんに助け出されてなかったら 今、この世に存在しなかったのか、と思うと
いつも胸が締め付けられるように切なくなります。

でも、人間の身勝手で寿命を全うできない、
人から愛されることすら知らずに一生を終える、
そんなワンちゃんが 世の中には まだまだ沢山います。



「パピーミル」という言葉をご存知でしょうか。


「パピーミル」=「子犬を作る工場」と言う意味だそうです。
要するに そこでは 母犬は「子犬を産む機械」。

その機械に お散歩も暖かい陽の光も、人のぬくもりも必要ありません。
狭く不潔なケージの中で ただただ妊娠し、出産するだけの犬生。
生むためにのみ存在する母犬達。
無理な出産のために まだ若くして歯がボロボロになり抜け落ちた母犬。
休み無く妊娠するために 伸びきった子宮。
でも これが 多くのペットショップの可愛い子犬達の背景にある残酷な現実なのだそうです。



パピーミルについては 私がいつも楽しみに読ませて頂いている 
あがさんの「SMAILES@LA」 
 「シーザー、パピーミルを語る」   「買ってはいけない」 を どうぞご読んでみて下さいな。
(あがさん、丸投げ、すみませ~~ん!!
LAで暮らす あがさんの愛犬、ニコちゃんとニヤちゃんの豊かな表情が楽しいブログです。
この 元気一杯の可愛い二匹も 元保護犬、シェルター出身なんですよ。

私は このあがさんのブログで「パピーミル」について
初めて知ることができました。


ちなみに、この↑↑記事タイトルにあるシーザー(シーザー・ミラン)さんとは 
アメリカで有名なドッグトレーナーです。
とても魅力的な方で
この方の犬に対する考え方、接し方、納得することが多くて
私 大好きで尊敬しているんです。


CIMG8949.jpg
なのに!
ルカ坊、態度でか過ぎ。シーザーさんになんて言われるやら



あがさんの記事を読んだとき
どうして こんなむごい繁殖方法が 日本で問題にならないのだろう?と不思議に思いました。

そして なぜ、私が 今 この「パピーミル」について書くかというと・・・


私が最近 お邪魔している フチゴロウさんのブログ 「フチゴロウ王国」 
崩壊したブリーダーの犬・猫達のレスキューのことを知ったからです。

どうぞ こちらの記事をご覧下さい  「パピーミル 崩壊レスキュー」 


私は昨夜この記事を見たとき
400匹もの命を粗末に扱って なんてひどいブリーダーだろうと
怒りで一杯になりました。

けれど フチゴロウさんの説明で これは決して最悪のケースではないことを知りました。
このブリーダーさんはご自分で飼育の限界を感じて廃業を決心し 
自らレスキューを求めてきたのだそうです。
きっと これがこのブリーダーさんなりの 犬・猫たちを救うための
最後の決断だったのでしょう。

では そうだとすれば これ以上の最悪の状態で 今も飼育され続けている犬達は??


「パピーミル」・・・裏にこんな現実があるとしても
ペットショップにいる可愛い子犬たちに罪はありません。
彼らも 今 そこにいる以上、暖かい家族の元に買われて行って欲しい。

でも買われれば(需要があれば) また無茶な繁殖が行われる。
どこで この悪循環を止めれば良いのでしよう。


犬を飼いたい、と思う方がいらっしゃるなら、
今のアンテは 「どうぞ 里親募集のサイトを見てくださいな。
犬・猫の譲渡会に足を運んで この子だ!と思うワンちゃんをぜひ探してみてください!」
と 迷わずおススメします。
迎えるワンちゃんは ペットショップにいるような何も二ヶ月足らずの子犬でなくても 
充分可愛いです。
色々な過去を背負った子達もいるけれど その子達は本当に 暖かい家庭を求めているのです。
時間はかかるかもしれないけれど 注いだ愛情に必ず応えてくれる、それが犬です。
そして それが”犬と暮らす”最高の醍醐味だとアンテは思っています。
またご家庭の生活リズム、活動エネルギーのレベルによっては 
キャピキャピの子犬でないほうが
問題が少なく平和に暮らせることもあると思います。

けれど 犬を飼うための情熱も愛情も充分ある方でも 
里親というのも条件やらなんやらあって なかなか難しいことも。。。。

CIMG9389.jpg
大好きな”おとさん”を見つめるルカ。
このまっすぐな瞳・・・・
でもね、これ、おとさんがソフトクリーム持ってるからなの(笑)


そしたら 次は しっかりとしたブリーダーさん。
その犬種、犬種に魅せられて プライドを持ち正しいブリーディングをされているブリーダーさん。
そんなブリーダーさんでは ちゃんと飼育環境も その子犬の親犬も見ることができます。
その犬種の特徴や飼い方なども教えて頂けるし 後々も相談できるし安心です。

でも、そういうブリーダーさんて敷居が高くて・・・
見学までお願いして 子犬を見せて頂くのに 悩んであげく「考えます」って言えなさそう・・・・
と言う方もいらっしゃると思います。
だから そういう方には 気軽に犬を見てまわれる、やっぱりペットショップのようなところが
必要なのかな、と思うのです。


ペットショップ側は 子犬を仕入れて ただ売れればよい、ではなくて
その繁殖業者の施設がどんなところなのか見学し、環境を確かめてから
子犬を仕入れるという方法は取れないのでしょうか。

施設の見学をさせてくれない業者、
劣悪な環境で無茶な飼育をしている業者には 
「こんな所の子犬はうちは置けない。」と声を上げることはできないのでしょうか。
お客様から 「この子の母犬、父犬はどんな子でした?」「どんな場所で生まれた子ですか?」
と聞かれて 胸を張って答えられるようには出来ないものなんでしょうか。

きちんとしたブリーダーさんの元で生まれた子犬と 
そんな子犬を迎えたいと思っているお客様との
その架け橋となるペットショップであれば。。。。。


それが出来ないのなら こういう現実を知ってしまった私には

「ペットショップで子犬を買わないで」 としか言えないのです。。。。




Category : ペット
Posted by アンテ on  | 10 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。