IMG_631320170309.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

リーフの朝顔

皆さん、

お元気ですか~~~!

って それはあんたに聞きたいわっ!と突っ込まれそうですが(笑)

はい、元気です。
ありがとうございます



リーフが虹の国に旅立って一週間が過ぎました。

まだ一週間?
たった? 
私にとっては1ヶ月にも1年にも感じるくらい長い時間でした。


突然 ホロホロと涙が流れ、止めることが出来ない。

その ホロホロ涙のきっかけは 
朝、リビングに入った瞬間であったり
食卓の、私の位置から見えるリビングの風景であったり
朝のトーストの残りのひとかけらであったり。。。。

もう家中のあちこちに地雷が落ちているような状態で
・・・・かないませんなあ。。。。もともと涙腺ゆるいのに


あれほど 何をしても楽しくて仕方なかったルンルン毎日が
突然 何をしても味気のない砂の様になってしまって・・・
リーフは私の”楽しい”って感覚を一緒に持って行ってしまったんかな?と思うほど。


でもね、大丈夫です。
精一杯生きてくれたリーフですから。
ずっと私達に笑顔をくれたリーフですから。
私は そのリーフの「おかーさん」だったんですから。
立ち直りの早さが ”私とリーフの良さ”ですから(笑)




リーフが亡くなったその夜は 一晩中 涙が止まらず
泣きすぎて頭が痛くて殆ど眠れず。

翌朝 ぼーっとした頭で起きてくると
リビングにはもう動かないリーフ。。。。。。。現実に、また涙。

オットと午後から一緒に動物霊園に連れて行く約束をしながら
「何かしてないと私、ダメになりそうやから 私、それまで庭の雑草取りしとくわ」
と言って

そして 最後にリーフが汚した敷物を洗ったのを
いつものように玄関前の階段のフェンスに干そうとした時

あ・・・

こんな可愛い花を見つけた。

DSC00184.jpg
ほったらかしで荒れ放題の、イネ科の雑草の中に 埋もれるようにしながらも
きれいなブルーの朝顔?
それは それは 引き込まれるほど爽やかな色で。


あ、って思った。
「リーフやね・・・・・」って。


その花を見たとたん、なんだか心が温かくなって嬉しくなって
にっこり微笑んで 空を見上げた。
リーフが空から 私を見てくれているような気がして。

リーフが私のために咲かせてくれた花。


その花、葉っぱも花の形もどうみても朝顔なんですが
栄養不良のせいか(笑) 直径3センチのミニサイズ。

空き地によく見るヒルガオの一種かな、とも思ったのですが
葉っぱの形がヒルガオとは違うし
朝顔に間違いないのは 午前11時ごろには 
CIMG68741
早々とこうやってしぼんじゃいます。

でも 朝顔だったら 季節的に遅くない?
それに 不思議なのは うちでは 一回も朝顔なんて植えたことないんですよね。
どっから種がきたんだろ?
朝顔の種なんて鳥、運ぶのかな。


この花が嬉しくて嬉しくて 日に何回も眺めに庭に出てます。

えへへ、感傷的ですねぇ。
まあ、心がちょっと弱っている状態ですから・・・・・笑ってやってください(笑)


でも 朝の数時間しか咲かない花が、
リーフが旅立った翌朝に最初の花を咲かせて
私がその咲いている時間にリーフの敷物をフェンスに干しに出て、見つけた。

もしも その朝に咲いていなかったら、咲くのが一日でも遅かったら、
また 私が外に出るのが何時間か遅かったら この花はしぼんでいて気付かれず、
私は確実に他の雑草と一緒にこの苗を引っこ抜いていたわけで・・・・・

それに咲いた場所も ほぼ毎日 ずっとリーフの敷物やタオルを干していた
フェンスのすぐ横で 私がすぐに気付けたと言うのも。。。。
何か 偶然とは思えなくて・・・・

いや、思いたくなくて。。。。。。


リーフが旅立った翌日(22日)の朝に一番花を咲かせてから
25日(土曜日)の朝に2番目の花が咲きました
CIMG6881.jpg



CIMG6880.jpg
ちゃんと ツルが伸びていけるように支柱持ってきて からませてあります。
VIP扱い(笑)


CIMG6884.jpg
もう一つのツルも順調にからんでいます。

小さな蕾が まだ一杯あるんですよ~。

DSC00188.jpg
これ、明日の朝に咲きそう(嬉)
朝一番に見に行かなきゃ。

この地味ぃ~な喜び、なんともリーフらしいわ~(笑)


だから あんまり早く寒くなって欲しくないな、と思っています。
リーフが旅立ってから急に寒い日や雨の日が多いじゃないですか。
ハラハラして庭に出ては この朝顔を眺めています。

ちゃんと 全部の蕾を咲かせて欲しいな。

そしてそれを見届けたいから。




コメント欄 閉めてすみませんでした
あの日、とにかく リーフを見守って可愛がって下さった皆さんに
リーフの旅立ちを報告しなければ、と それだけを思いました。
でもコメントを頂いてもお返事できるか自信がなくて閉めてしまいました。
コメントくださった皆さん、ありがとうございます。
ブログの方にお礼の気持ちを伝えさせて頂きました。
本当に、ありがとうございます。


リーフは幸せでしたね。
多くの方に可愛がって頂いて。
そして 私も 本当に幸せな飼い主だと感謝の気持ちで一杯です。



思いっきり泣いた日が過ぎて 今は楽しい明日を期待する私に戻りつつあります。
立ち直り、早いでしょ(笑)
でも それがリーフの望んでいることだと思います。



リーフ・・・・

リーフと暮らした16年間を、おかーさんは無駄にはしないよ。



Category : リーフ
Posted by アンテ on  | 11 comments  0 trackback

リーちゃん、おはよう。

「リーちゃん、おはよう。」

思えば16年間 この言葉で私の一日は始まっていたように思います。

朝、2階の寝室から下りてきて、リビングで待つリーフに朝の挨拶。
何気ない毎日の、当たり前の習慣のようなもの。



リーフ、21日(火曜日)の午後4時半過ぎに 虹の国に無事に旅立ちました。

そして 今日 22日の午後に動物霊園でリーフのお葬式を済ませてきました。

リーフを霊園に連れて行く途中、
CIMG6877.jpg
公園の横に車を止めて
CIMG6878.jpg
リーフのシッポの毛を撒いてきました。

やっぱり ここは いい公園だよね、リーフ。




リーフ、16歳5ヶ月と10日。 
ラブラドールとして充分な歳月だったと思います。
そして、最期の最期まで 「生きることに」頑張った犬でした。

リーフの最期までの頑張りを 私は誇りに思います。


不思議なくらい、悲しみってないです。
うん、これは、悲しみとは、違う。
辛い、ともまた違う。
むしろ リーフを無事に虹の国に送り出せたことへの安堵感。

今頃 幼馴染の公園仲間だったジェーンやランちゃんやウンパキやモモちゃん、
今年の初めに先に逝ったジェスと会って
軽くなった身体で走り回っているに違いない。
幸せな光景だなあ。。。。
リーフの「いつでも笑っている顔」 復活だね。
おかーさん、嬉しいよ。


でも、なんだろう、この脱力感と虚しさは。
どうしようもない寂しさが止められません。

リーフの居なくなったリビング。

うちのリビングって こんなに広かったっけ。。。。
こんなに静かだっけ。。。。。

家族みんなが 今 ”リーフがいない”ことに戸惑っているよ。

リーフ、あんたの存在って、大きかったんだね。

leaf1.jpg
ちょっぴりおバカでお気楽で・・・・子供達に優しかったリーフ。
何よりも何よりも 人が大好きで。
リーフ。

本当に、本当に、16年間、有難う。。。。



リーフを応援して励ましてくださった皆さんに心からお礼を申し上げます。
私はリーフのお陰で沢山の方とお知り合いになることができました。
私にとって 人が大好きだったリーフが 私に残してくれた宝物です。

本当に、本当に、有難うございます。


Category : リーフ
Posted by アンテ on  | 0 trackback

さすが、リーやん。

すいません、もうここは犬ブログです。
そうなんです、犬ブログだったんです
そう思って諦めて見てくださいっ!!


夕べ 遅く(18日の夜、11時頃だったかな) リーフが無反応になってですね、
お顔を見ると 目が、いっちゃってて。。。。
今まで見たことの無い生気のないリーフのお顔になっていて。

息子もその顔を見て
「何!?この顔!夕方とは全然違うやんか!」と驚いたくらい。
そう、夕方くらいまでは 割と普通に周囲に反応していたのですから。

覚悟しました。

で その夜は私は リーフに話しかけながら リーフを思いっきり撫でて
全身をマッサージしてやって リーフのそばのリビングのソファで寝たのですが
明け方 「おい、もう2階でちゃんと寝ろや。後はオレがいたるから。」と オットに起こされ
朦朧とした頭で 「リーフは?リーフは??」と聞いたら
「大丈夫、まだ生きてる」

その言葉で安心して2階の寝室にフラフラと上がったのでした。

そう、まだリーフ 大丈夫です。

今朝 掃除機をかけているときのリーフ。
CIMG6861.jpg
あはは~
まあ、普段通りの生活音を聞かせた方がリーフも安心するかなと思って。。


今日の午後 
アテモレさんとアテモレさんのお友達Tさん(憧れのグレートデンを飼ってらっしゃるんですよ~)と
ジェスママが来てくれました。
皆さんね、最愛の犬を見送った経験がおありなんです。

犬談義に花が咲いて、そりゃ、面白かった。
特にアテモレさん、あなた、面白すぎるわ・爆

女4人で わいわい、きゃははは!と笑っていたら はっきりリーフが違うんです。
夕べ夜中の生気のないリーフの顔ではなくて はっきり周囲を意識していて
皆さんに「リーフ~!」と呼びかけてもらったら ちゃんと目で追うんです。
前足を掻いて起き上がろうという動作まで!
まあ、自由の利く身体なら 絶対にテーブルの側にはべっていたな、あれは(笑)

嬉しかったーーーーーー!!!!!

人が好きで、好きで、好きで、皆が楽しそうにして笑っているのが大好きだったリーフ。
リーフの元気の源は 皆の笑顔!
やっぱりリーフは最後までリーフなんやぁ!


アテモレさん、Tさん、ジェスママ、来てくださって本当に、本当に、本当に、ありがとう!!
この気持ちを言葉で表すことは出来ないくらい、
ただ、ただ、今日のリーフをもう一度見ることが出来て 私、大満足です。
私は、本当に本当に幸せな飼い主だと思いました。
幸せです。
ありがとう。


いっつも楽しく、楽しく、生きて来た、これがリーフです。

16年間 私達家族に言い表せないほどの愛と素晴らしい出会いをもたらしてくれました。



CIMG6862.jpg
まあ、皆さんが帰った後は「つまらん・・」てな顔してましたけどね、
どんだけ社交家やねん(笑)



リーフ、今も私の横で スウスウと寝息を立てて寝ています。

少し前のメールで
ジェスママが「リーフ、夢と現実の間を行ったり来たりしてるんやね」と言うてくれました。
そして「そして段々夢の方が多くなってきて、最後には夢だけになるんだよ、きっと。」と。

うん、そうだ。
いいなあ。。。私も見習いたいな。

Category : リーフ
Posted by アンテ on  | 16 comments  0 trackback

生きてる証拠

今朝のリーフです。
生きてますよ(笑)

CIMG6847.jpg
これでも ちゃんと意識あります。
私が近寄ると 目で追います。
相変わらずの ふざけた顔です(笑)


色々とご心配をおかけしています
犬ブログでもない(はず・笑)なのに、こんな展開でよいのかと思ったり。。。。
でも 頂いたコメントの一つ一つが心に沁みて、沁みて・・・有り難くて。
本当に有難うございます。
そして 同じ様なシニア犬と暮らしている方には 辛い内容だろうなと思います。
ごめんなさい。


えっと・・・リーフ、食べていません。
いつからだったかな。。。。
リーフに合わせているつもりはないのですが 時間の経過があいまいになっちゃってて。

そうだ、完全に食べなくなったのは昨日からです。
お水をほんの少し 半ば強制的に飲ませるくらいです。
その前の二日間も「食べた」と言えるほど食べていないので(舐めた程度)
殆ど食べない日が4日間続いていることになります。


アイスクリームにヨーグルト、プリン、バターのついたパン・・・・・
つい最近までのリーフなら 
飼い犬のプライド投げ捨て、魂を売ってでも食べたかった(←ほんまにこんな犬・笑)ご馳走が
目の前にとっかえひっかえ並べられても
もう今の彼には関心はないようです。

それでも 彼の一日は穏やかで ものすごく静かな時間が今流れています。


お散歩に行けなくなった、美味しいものも食べなくなった・・・
後 リーフの好きなことって何やったやろう?と考えて
あ、思い出した。
触って撫でてもらうことが大好きやった。
もう うるさいくらい寄りかかってきて ナデナデを強要されたっけ。
毛まみれナデナデエンドレスにうんざりしたっけ。
そうか、それが まだあった。

で、リーフが起きているときは ずっと側でナデナデしてます。


夕べ、子供達がリーフを覗き込んで
「お母さん、なんかリーちゃん、鼻詰まってない?」
「鼻息がすごく大きいねんけど。」と言う。
それは 確かに私も気になっていた。
リーやんの鼻息、シューピー、シューピーって今までと違う、何か音が大きいなって。
うーん、たぶん鼻の奥で炎症起こしてると思うんやよ。
苦しかったらお口で息できるから・・・なーんて言うてたんですけれど。

夜遅くになって そのシューピーシューピーがもっと大きくなってきて
気になって気になって仕方ない。
聞いているだけで こちらまで 息苦しくなってくるので
これは可哀相、何とかできんもんか、とオットとリーフの鼻の穴を覗いたら
・・・・ふさがれてる。
何や、これ?
綿棒で拭い取ったら どうやら鼻水が固まった鼻くちょでした(爆)

これ、鼻くちょに気が付く前の 昨日のリーフの写真です。
CIMG68441
小さくした写真では分かりづらいけど 鼻水が出てきてるんですよ(笑)
これが リーフの鼻の穴をほぼふさいでシューピーいわせていたんです。
両鼻の穴とも綿棒で掃除してやったら スウスウと気持ちの良い鼻息が復活!
まるで私まで呼吸困難から救われたような思い(笑)
良かった~、気が付いて!

そうか~、若かったら鼻水くらい舌でベロンて舐めて自分で綺麗にしてたんやろうね~。
こんな歳になっちゃったら 鼻コベコベでも感じなかったか。。
私も目の周りやお口の周りはウェットティッシュでぬぐってやるんだけど
鼻までは思いつかなかったなあ。。。。

まあ、鼻水が出て鼻が詰まるのも生きてる証拠(笑)


食卓の、私の位置から見えるリーフ。
ぼんやりと眺める。

CIMG6849.jpg
スウスウと寝息が心地よい(笑)

リーやん、これで も一回立ち上がって ご飯ガツガツ食べたら
「さすがリーフや~~!」って 皆を驚かせるのになあ。。。。(笑)



Category : リーフ
Posted by アンテ on  | 10 comments  0 trackback

緩やかに、穏やかに。

涼しくなりましたねぇ。
こんなに すんなり涼しくなるんでしたっけ?
「9月いっぱい暑かったはずじゃないんですか~~~?」
と、一人文句を言うてみる(たぶん)少数派。。。。。

秋を感じさせる虫の音が、うるさいくらいです。
雑草を好き放題にさせている我が庭、さぞかし居心地が良いことでしょうなあ。



月誕生日の11日にアテモレさんが来てくれはったのが 
嬉しかったのか?刺激になったのか?
その夜はガツガツご飯を食べたリーフだけど。。。

なんとか普通にご飯を食べたのは 翌日12日の夜のご飯までで
CIMG6793.jpg
12日の夜のご飯を食べるリーフ。
(オットにデジカメの使い方教えました。写真、マシになりました・笑)


でも その後 今一つ食べません。。。。
チョロチョロっと食べては すぐに横向いちゃいます。

一日は じっと様子を見ていたんだけれど
昨日はさすがに「こりゃいかんかも~」となって 
いろーーーーんなものを用意してリーフのもとに運びました。

リーフが大好きだったリンゴのすったのやら 柔らかいパンをミルクに浸したのやら
バニラアイスやら 野菜ジュースやら・・・
(一番食いついたのは「バニラアイス」笑)


でも どれも ちょっと口をつけるだけで横向いちゃいます。

そのくせ 私がキッチンからお皿持って近付くと

「今度は何かな~?」風に上半身をしっかり起こすリーフ、

なんか それって変なんですけど

・・・・て言うか そんなリーフを見ると「お、食欲出たのかな?」って期待して 
いそいそと口元に運んでやるのだけど 
なのにちょっと食べるだけで横向かれると、
仕方ないと分かっていても切なくなるもんですねぇ。。。

で、昨日はアテモレさんに頂いたエンシュアに望みを託して
CIMG6800.jpg
バニラ味。
CIMG6801.jpg
美味しいんです~(飲んでみました)
あのね、プリンを焼く前の液体の味です。
(但し、私の記憶が正しければ。長いことプリンなんて焼いてないから~、おほほ)

こりゃ 美味しいよ、とリーフに差し出すも飲まない。

じゃ、バナナ味は?(これも美味しい。バナナシェイクの味です~)
バナナ味もダメだった。。。


今朝はホームセンターに行って こんなんやらあんなんやら買ってきた。
CIMG6811.jpg
懐かしい~、子犬用の缶詰だわ。


CIMG6813.jpg
缶詰の3分の1ほど。

CIMG6815.jpg
あ、食べる(喜)

CIMG6817.jpg
食べた~
少ないながらも完食。
それが もう嬉しい。

でも それから後は 今日一日 まともには何も食べませんでした。

思うのですよ。
たぶん、リーフは「もう要りませんよ、食べませんよ。」という方向を示しているのだろうに
それを認めようとせず、とっかえひっかえ食べ物や飲み物をリーフに差し出して
必死で引きとめようとしている私。

今日 一口食べたから、飲んだから、と言って 何日彼の寿命が延びるんだろう。
もう歩く事も出来ず、喜んでご飯を食べることも出来なくなったリーフに
その”伸びた何日”はなんの意味があるんだろう。
私は何をしているんだろう。
犬としての自然な喜びを全て失った彼の”今”を一日でも伸ばそうとする私の行為は
飼い主の、単なるエゴなのかもしれない。

なんだか 自分のしていることが、分からなくなってきた。

オットにその思いをぶつける。

オットは言います。
「それでええねんて。お前の納得するまでしたらええって。
それでもリーフの寿命が尽きるときは尽きる。 
命を預かった者は その死に納得する義務も権利も持つねんで。」

そうか。

夜、オットを見上げるリーフ。
CIMG6825.jpg
この仕草、表情は オットが何かオヤツを持ってないか期待する以前のリーフのまま。

こんなリーフを見ると やっぱり諦められない私。

まあ、しゃあない。
諦めの悪い”おかーさん”です。
リーやん、とことんお付き合い願いましましょか(笑)


Category : リーフ
Posted by アンテ on  | 12 comments  0 trackback

食い意地復活。

本日 リーフ めでたく(?) 16歳と5ヶ月になりました。

CIMG6763.jpg
歩かなくなったので爪がすごい!この爪を切るべきか切らざるべきか。。。

CIMG6764.jpg

地味ぃにお祝い


本来なら 「よくぞ この歳であの酷暑を乗り切った!よくやった!!」と
花火の一発でも打ち上げて喜びたいところですが・・・・・
もはや目標は17歳なので こんな中途半端なところでは喜んでいられません

「勝って兜の緒を締めよ」ならぬ
「老いて明日も生き延びよ」・・・・・意味はよく分かりませんが


前の記事で「リーフが元気がない」と書いたのを読んで
心配してくださったアテモレさん が 今日 リーフに会いに来てくれはりました。

リーフにこんなええもん頂いてしまった~~。
CIMG6760.jpg
栄養剤です。人間用ですよ、人間用。
「食べられへんかったら これで栄養取りや~」と沢山くれはった!
ありがとう~~~、すみませ~~~ん

でも、実は・・・・
リーフの唇の腫れに気が付いてから 抗生物質を飲ませているのですが、
それが良く効いているみたいです。 
どうしても犬歯はあたるので腫れは治まりませんが 痛々しかった赤みが消えて 
だいぶ楽になっているようです。
で、とにかく超シニアですから 見えない部分でも色々と起きてそうなのが
お薬のお陰で楽になったか 

今日は食欲復活(笑)

唇の腫れの為に飲ませているお薬で 
一石三鳥くらいの効果が出ているような気がしてなりません。
さすが安上がりな犬

横倒れになりながらも アテモレさんが差し出したオヤツのクッキーに
ガツガツと食らいついたリーフ。
アテモレさん、その勢いに 「ええっ??!」とびっくり

リーフは それで普通ですが・・・・・何か?? 

アテモレさん「リーちゃん まだまだ 大丈夫やわ~」と大笑い。
(その言葉、ジェスママも来て言うてはった・爆)
色々とご心配をおかけしてすみませんでした~


お陰様の リーフの今夜の食いっぷり。
オットに写真頼んだら、全部ピンボケ(そうではないか、と思ってはいたけれど )
CIMG6766.jpg
最近のリーフのお皿は 植木鉢用の受け皿。
浅く平たくてフチが立っていて、食べ方の下手になったシニア犬には良いか、と。
植木鉢用のお皿なんて 庭のどっかに転がっているのですが
一応 リーフに敬意を表して 近所の園芸店で新しいのを買ってきました(笑)

CIMG6769.jpg
食べ広げるので スパチュラは大活躍。
今 気が付いた、リーフ 変な格好で食べてたんやね。。。。


CIMG6771.jpg
ちらりとカメラ目線。

CIMG67721
途中で 広がったご飯を 食べやすいようにまとめて、まとめて・・・
リーフはちょっと休憩。

CIMG6775.jpg
そらっ。


CIMG6776.jpg
もっと。

CIMG6777.jpg
もう少し~。


完食した途端 倒れこんで
CIMG6779.jpg
はい、お疲れ様。


今日も平和に過ぎました。
CIMG6790.jpg
良かった、良かった。
関係ないけど これはアンテが今撮った写真、↑の8枚とは違うでしょ?違うでしょ??(笑)


   
    ****************

アテモレさ~ん、こんなんですので まだリーフ、当分大丈夫そうです~(笑)
頂いた栄養剤、もう少し先の緊急用においとかせてくださいな~
本当にありがとう!!
今度ゆっくりまた来てね!(笑)

Category : リーフ
Posted by アンテ on  | 14 comments  0 trackback

お歳だからね。

まあ、年取った犬には色々と起きるものでして。


今日のリーフは こんなオシャレな”ワンポイント”で決めてみました。

CIMG6758.jpg
ダメかね?(笑)

まあ、ちょっとくらい我慢しなさいよ。


なぜかと言うと
CIMG6759.jpg
上唇の部分が口の中に垂れ下がってしまって
口を開け閉めするたびに犬歯で突いて傷つけ 腫れてしまっているのです。

ここのところ ご飯の時とか 食べにくそうにしているなあ、と思ってはいたのです。
でも時間をかけながらでも完食するものだから 
まあ、お歳だから食べ方も下手になるわよねぇ、くらいに
思っていたのですが(実際それもあるでしょうが・・)

リーフ、今日は全体に元気がなくて ご飯も まだ食べたそうなのに
途中で諦めたように食べるのを止めてしまったので
あれ?なんで?と思って この腫れに気が付きました。
ご飯を食べようとするたびに この上唇も一緒に噛んでしまうので
痛いしチマチマした食べ方になっていたようです。

とりあえず 抗生物質を飲ませて
リーフがお口をパクパクするたびに傷つけられる唇をなんとかしなければ、と

CIMG67581.jpg
垂れ下がった唇がお口の中に入り込まないように 
テープで上に引き上げているんです(笑)



何故 わざわざ このことを記事としてここに紹介しようと思ったかと言うと
今年始めに天国に旅立ったイングリッシュ・コッカー・スパニエルのジェスも
CIMG4192.jpg

寝たきりになったとき 自分で自分の上唇を噛んで噛んで、
彼の場合は上唇を犬歯が貫通して穴を開けてしまっていたからです。

口吻がとがった犬?と言うんでしょうか、柴犬とかスピッツとかなら
こういう心配はないのかもしれません。
でもラブラドールやゴールデン、スパニエル、セッターとかセントバーナードとか
口元が太い犬?お口の周りがタフタフしている犬?
そういう犬種は歳を取ったらこういうことが起こる可能性が
大きいのかもしれません。

テープで止めて引き上げても いかんせん毛が生えているので
ちょっとリーフが顔を動かしたらはがれてしまいます。
本当なら毛を剃ったらいんだろうけど(悩)

でも ちょっとでも腫れが引いてくれたら
まだまだ 食べたい意欲は満々のリーフなので
早く治って美味しく食べて欲しいな。

Category : リーフ
Posted by アンテ on  | 10 comments  0 trackback

与えられた時間

先日 あまりにも臭くなっちゃったリーフの下半身を
ペットシートを敷いて 少しずつお湯で流す方法を思いついて
一人 夜中にウフウフ喜んでいたアンテですが・・・・


ふと考えてみたら
我が家には

無駄に デカイのが二人もいるじゃないか。
(オット183センチ、息子180センチ)

そうだ、オットか息子にリーフを抱えてもらって 
お腹だけシャワーしてやったらええやないの、ということに気が付きました。

で、翌日 オットに抱えてもらってお腹シャワーしてみました。

CIMG6717.jpg

濡れると ますます痩せて筋肉が落ちてるのが分かる。
これがちょっと寂しいなあ。。。。

でも やっぱり直接お湯で流すと違いますね~。
以来 毎日 オットか息子を捉まえて 日に一回はお腹シャワーしてます。

最初は抱きかかえられてお風呂場に連れて行かれるので
「何すんねん?」てな感じで緊張していたリーフも
今日あたりは慣れてきて お湯をかけてあげると 気持ち良さそうに
ふわ~っと大股開きするのが可愛くて可笑しくて
さすがのあられもない大胆ポーズ、写真には撮れないのが残念(笑)


もう立てないリーフだけれど ふと気が付くと
CIMG6730.jpg
こーんな所まで移動していたり

CIMG67341.jpg
こーんな風に立ち上がろうと前足をカキカキした様子をみると
ちょっと切なくなります。


夜、ふうこのエールをもらっても・・・・

CIMG6750.jpg
ふうちゃん、無理を言うでないよ


正直を言って・・・・
リーフがまだ若い頃、リーフがまだ自分の足で当たりまえの様に立って歩けていた頃、
「犬が自分の足で立てなくなったら 死んだほうがマシだろうな。」と思っていました。
実際 野生の世界だったら 立てないこと=”死”を意味します。
そして 私自身も「そんなリーフを見るのは辛いだろうな。」と思っていました。

けれど 今、立てなくなったリーフは 私や家族の世話によって 一日一日生きています。
それは・・・リーフは野生の動物じゃないから。
私達という家族がいるから。
そして「歩けないリーフなんて見たくない。。。」と思っていたアンテは
美味しそうにご飯やおやつを一生懸命に食べるリーフに目を細めています(笑)


CIMG6756.jpg
クッションとアンテの膝に支えられながら 今日もきれいに完食。
夜には野菜ジュースとおやつのパン食べてました(笑)

今の私に出来ることは
リーフが神様から与えられている時間を目一杯使わせて頂くことでしょうか。
立てなくなったリーフのちょっとした仕草、表情に 何故か癒される私。

最後の最後まで 犬との生活は奥深いな、と思う今日この頃。



Category : リーフ
Posted by アンテ on  | 12 comments  0 trackback

ガラス美

以前 こちらで紹介した本木先生が教えていらっしゃる
ガラスの教室の体験レッスンのイベントのお手伝いに 美術室に行ってきました。


それにしても・・・・今日も本当に暑かった

美術室に行く途中、車を運転しながら 上半身裸の男性を二人見ました。

一人はとても鮮やかな青い短パン一つで自転車をこいでいらっしゃって
あまりの日差しの強さと ゴルフ場横の緑の多い広い道だったのとで全く違和感がなく 
まるで ここはハワイかマイアミか? と思ってしまった(笑)
もう一人は もっと普通の街中の道を上半身裸でジーパンだけの姿で普通に歩いていました。
でも それも全然仕方ないと思えるほどの日差しの強さ。


美術室に着くと・・・・


CIMG6708.jpg
涼しげなガラスの色見本。

CIMG6714.jpg
粉ガラス。

美術室、大好き


ガラスの作品も先生の絵も 所狭しにおいてあって 色があふれていて 
私にはそこにいるだけでワクワクしてしまう、一日中ででも
この身を置いていたいと思う大好きな場所です。


先生が教えていらっしゃるのは ガラス・フュージングというもので
ガラスを fuse(高熱で解かす)して小物やアクセサリーを作ります。
私も3年間ほど教えて頂いていたご縁で 今もイベントのお手伝いに参加させて頂くのです。


今日の体験レッスンで使ったガラスのパーツ。
CIMG6709.jpg

これを こんな風に透明の板ガラスに
CIMG6711.jpg
好きなように乗せて(グラデーション風にしてみました)

これを一度 焼いて 色ガラスを透明ガラスに焼付け
それから もう一度焼いてスラッピング(熱の力を使ってたわませる)してお皿の形にします。
今は角がピンピンしているガラスが熱が加わると角がなくなって

CIMG6713.jpg
これはデザインは違いますが こんな感じになります。
ガラスのトロリとした感じが綺麗なんですよ。

ガラスは本当に魅力的な材料です。
色々と頭で考えるよりも 自然や偶然に任せて 何気に散らしたガラスの粉やパーツが
思いがけない輝きを見せてくれることが多いように思うのです。

それにしても・・・・・チャイナペイントに陶芸にガラス。
どうも私は硬質なものにばかり惹かれるようですね(笑)


イベントの後
本木先生と絵のお話とかいっぱいして 血中美術濃度をうんと高くして帰ってきました。
あー、楽しかった!

大満足で美術室を後にしたら
CIMG6715.jpg
空はこんなに綺麗な色。

なんと言う幸せ。


Category : 生活
Posted by アンテ on  | 6 comments  0 trackback

犬又進行中。

朝から陶芸教室に行って来ました。


今日 作ったのは これ
CIMG6677.jpg
直径20センチほどの平鉢です。

同じ感じで 二つ作りました。
CIMG6679.jpg
と言っても 右側のは 殆ど先生がお手本として作って見せてくださって 
最後の方だけ アンテがさせてもらったもの。
左側の平鉢が最初から最後まで殆どアンテが作ったものです。


目標は 陶芸の本に載っていた このお皿なんです。
CIMG6680.jpg
素敵でしょう?
結構 手間がかかります。
今回は とりあえず成形して 白マットの釉薬を刷毛で塗った段階まで。
次回は釉薬を使っての絵付けが出来そうで すごくワクワク、楽しみです。


夜、リーフのブラッシング。
CIMG6686.jpg
歩かなくなった途端、背骨も曲がってどんどん筋肉が落ちました。

一番 気持ち良さそうにするのはシッポの付け根。
CIMG6687.jpg
うんうん、元気な頃から ここをカキカキしてもらうの好きだったものね。

首筋も好きでしょーーー。
CIMG6692.jpg
大人しくブラッシングされているかと思うと

突然
CIMG6693.jpg
気持ち良さ余ってか、まるで吊り上げられた魚みたいに
突然 跳ね上がってくるので油断なりません。


それにしても・・・・・
リーフの下半身、臭い
濡れたタオルや犬用のウェットティッシュで拭いてやるのですが
毛の中に染み込んだ匂いは取れません。
何より 肝心のお腹の柔らかい皮膚の部分はオシッコのせいで
赤くなってきていてるのでゴシゴシできないし。

ああ、暖かいお湯で流して清潔にしたやりたいなあ。。。。。

あ、今 思いついた
ペットシートを下に敷いて お湯をお腹に少しずつかけてやったらいいかも、いいかも!

そうだ、そうだ、その方法があった!なーんて ウフウフ思いながら

ふと リーフを見たら
CIMG6700.jpg

ぼーーーーーっと座り込んでいたのでびっくり

リーフ、ますます犬又化(笑)

Category : リーフ
Posted by アンテ on  | 8 comments  0 trackback

夏休みの宿題

9月1日です。
とうとう 8月が終わってしまいました。。。。。

CIMG6675.jpg
9月の予定をざっくりと書き込み。


多くのお母さん方が「やれやれ、やっと9月になった。」と喜んでいらっしゃると思います。
逆に「ああ、8月 終わってもた。。。」と寂しく思っているのは学生さんとアンテだけか。
でも そんなアンテの8月は、なんてことない、していた思い出しかない。
なんて寂しい夏の思い出。。。。



さて、良い子の小学生の皆さん、

夏休みの宿題、終わっていますかーーーーーーー?!

まあ、普通は、終わらせていますよね。

CIMG6672.jpg
なんで そんなところにハマりに行くの、もう~。


昨日 お昼 車に乗っていたら ラジオの放送で

「夏休みの宿題、まだ終わってなくて、お願いされたら手伝ってあげてもいいな、と思うのは

* のび太くん(ドラエモン)
* カツオくん (サザエさん)
* まる子ちゃん (ちびまる子ちゃん) 

  この3人のうちの誰?」ってリスナーへの質問がありました。

のび太にカツオにまる子・・・・・・?
こりゃ 究極の選択やなあ。。。なんて聞いておりましたけれど。
この3人、全員 自業自得っぽくて助ける気にならないんですけれど。
ここに トトロのサツキちゃんあたりが入っていたら 断然サツキちゃんなんですけれど。
でも サツキちゃんならお盆までに宿題なんて済ませていそうだし。

リスナー方の反応を聞く前に目的地についてしまったので
残念ながら 3人のうちの誰が選ばれたのか知りません。



夏の間 お休みしていたチャイナも陶芸もそろそろ始まります。

先日 陶芸教室に行ってきました。

CIMG6645.jpg
これは ”白いタイヤキ”・・・ではなくて(笑)
夏前に型を作って素焼きにしてもらっていたお皿にお魚の絵を呉須で描いたものです。
以前 やはりチャイナと陶芸の両方を習っている方が 鯛をモチーフにした小皿を作られて
いたので そこからヒントを得ました。

CIMG6647.jpg
余った土で箸置き。

CIMG6651.jpg
これは ちょっと変形したお茶碗に やはり呉須で単純な模様を入れました。

呉須は焼きあがると落ち着きのある藍色になるので飽きのこない作品になるかな?
いや、お茶碗の方は黄釉と言って 黄色の釉薬をかけてもらうので
とんでもなく落ち着きのないのが出来るかも(笑)

まだまだ 暑いそうですが ぼちぼちチャイナの作品も手がけて行きますね。

CIMG6664.jpg
リーやんもぼちぼち行こね。




さて、上の質問、終わらせていない夏休みの宿題を手伝ってあげてもいいな~と思うのは 誰でしょう??
リスナーの反応は誰だったのかなあ。
ご存知の方、良かったら教えてくださいな。


私は・・・・・うーん、カツオくん。
手伝ってあげた  を律儀に覚えていそう。
(まあ、小学生相手に 恩を売るって発想もオトナとしてどうかと思うのですけれど。。。。)

逆に、絶対に手伝ってあげたくないのは のび太くん。
「教えてもらった答え、間違えてたじゃないかーー」って ネチネチしつこく言いそうだも~ん。
(まあ、小学生の問題、解けるかな?って思っている自分も悲しいのですけれど。。。)



Category : 陶芸
Posted by アンテ on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。