FC2ブログ
IMG_3329.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

老犬介護・オムツ編

リーフ(16歳ともうすぐ4ヶ月)が
おうちの中でオシッコをしてしまうようになって以来、
散々 悩んだオムツ問題。
あれやこれやと手当たりしだいに 変遷いたしました。

少し前から 
自分の中での、リーフとの記録として(リーフがまだ元気なうちに)
一度整理して残しておきたいと思っていました。


だらだら長いです
犬に興味の無い方、犬の介護には無縁の方にはつまらない内容です。
以前の記事と重複する部分もあります。
ごめんなさい


始まりはこの二つ。
ホームセンターのペットコーナーやペットショップで簡単に買える犬用オムツ。
CIMG42041.jpg
ユニチャームペットケア製品。
たぶん、一般に犬用オムツ、と言うとこれです。

けれど、
大型犬だけど 生まれつき股関節が弱いため お尻が小さくて腰の細いリーフには
LLサイズ(大型犬用・パッケージにはゴールデン)は大き過ぎてリーフがもがくと脱げちゃう。
その上5枚で1050円(高い!)というコストパフォーマンスの悪さ。
1枚≒210円て!!

一方、Lサイズ(中型犬用・パッケージはシェルティ)は26枚で1980円(1枚≒76円)
コスパはLLサイズに比べれば良いけれど
リーフの腰、お尻には ちょっとキッチリ過ぎ?という状態。


この間のサイズがないのかいな~・・・と不満に思ってネットで色々と探しましたが
犬用オムツは どうもこれしかないみたいで
何とか納得のいくのはないか、と人間用のも買って試してみました。



まず人間の成人用「ライフリー」
(ドラッグストアで オットと私、成人用オムツを手に取り あれが良いか、これが良いか、
と悩んでいる姿は 自宅で親の介護に苦心する親孝行な夫婦に見えたことでありましょう・笑)

CIMG6443.jpg
しかし、Sサイズでも この大きさ。

広げると
CIMG6450.jpg
こんなに大きい~。
とてもじゃないけれど これはリーフにはガバガバ

ただ、同じ「大きい」とは言っても これは22枚で2000円(1枚≒90円)を切る
お値段だったと思うので 犬用のLLサイズの5枚で1050円(1枚≒210円)よりは 
コストパフォーマンスは断然良いと言えます。
腰、お尻がしっかりとしたワンちゃんは 人間用のオムツを利用する方が絶対 経済的。

それに このライフリー、縦に水分吸収ポリマーが入っていない筋があるので
犬用に使うなら ここに切れ目を入れて尻尾を出せます。
(水分吸収ポリマーの入っている部分を切ると 白い粉が出てちょっと面倒です。)


成人用がリーフに大きいのならば、と今度は赤ちゃん用のオムツに挑戦。
CIMG6465.jpg

でも これは 一番大きなLサイズでも

CIMG6466.jpg
ちっちゃ!!赤ちゃんのオチリって こんなに小さかったっのか~。
これは さすがのリーフの細い腰にもまわりませんでした(笑)
小型犬用ですね。



こんな意味があるんだか無いんだか分からない試行錯誤の末
結局 最初の中型犬用のオムツ(Lサイズ)に しばらく落ち着いていたのですが
オシッコの漏れが気になり始めました。

リーフはお尻や腰は小さいと言っても オシッコの量は大型犬としての量なので 
中型犬用のオムツでは吸収しきれないことが多かったのだと思います。


そこで コメントで何度かアドバイス頂いていた 尿取りパッドを利用した
「オムツカバー+尿とりパッド」にチャレンジ。


で、購入した ペティオのオムツカバー。
CIMG6430.jpg
左が3Lで 右は2L。

これも ホームセンターのペットコーナーやペットショップで 必ず売っている商品です。

CIMG6455.jpg
このカバーに尿とりパット(これは犬用)をこんな風に付けて
犬に装着するのですが・・・・(丸く空いた部分は尻尾を通す部分)

(写真は まだ立てていた頃のリーフ)
20100806.jpg
ズリ落ちないように肩からベルトも付いていて 一見 すごく良さそうなのですが

これは、はっきり言って 私は めちゃくちゃ使いにくくて困りました。
(なのにサイズが合ってないからかな、と思って二つも買っちゃった
これ、使いやすい、と重宝している飼い主さん、いらっしゃるのかなあ。。。。

なんせ布地がすごく柔らかくて薄くて、変に伸縮性や立体性があります。
犬の体には優しいのかも知れませんが そこに尿取りパットを当てて装着しようとすると 
あちこちにゴムが入って伸び縮みする上に 柔らかい布がくねくねと歪むし。。。。

でも シッポは穴に入れなあかんわ、パットを押し当てて両脇を止めなあかんわ、
犬はよろめいてちゃんと立ってくれへんわ・・・・

一人で装着するのは 本当に難しかったです。
正直、イライラしちゃいました。
こんなん日に何回もしてられるかいな。

で、苦労してやっと装着しても
リーフが寝た状態で動くと(オシッコがしたくなると 余計に立とうとして動きます)
布地とゴムが伸びて尿とりパットが肝心の場所からずれて 結局にオシッコだだ漏れ

即 お蔵入り。


次に注目したのは マナーベルトと呼ばれるもの。
マナーベルトとは おうちの中や公共の室内で 
ついついマーキング行動をしてしまうワンちゃん(主に男の子)のためのものなのですが
これをリーフの尿取りパッドカバー代わりにしよう、と。

ホームセンターで買ったマナーベルト。
CIMG6435.jpg
小さ過ぎました
ほんまに犬のサイズって難しいわ。


次にアイアンバロンさん(だったかな?)で見つけた
腹巻タイプのやっぱりマナーベルトなんですけれど
布地がある程度しっかりしていて適度な伸縮性もあり

こんな風に
CIMG6437.jpg
尿取りパッド(これは犬用です)を付けて 腹巻のようにして着用しました。

これは 結構 使えました。


でも 一番、私にとって優れものだったのは、これ。

CIMG6431.jpg
生地がしっかりしていて しっかりとリーフの股間に尿取りパットを
押し当ててくれたんですよ。
CIMG6432.jpg
こんな風にパッドを当てます。

私としては これが一番使いやすかったのですが
実は これはもともとはオムツカバーでもマナーベルトでもありません。

本当は
CIMG6433.jpg
上半身用のハーネスだったの(笑)
本来の使い方は こちらをご覧下さい。

以前、ネットで見つけて買ったのですけれど リーフには小さくてね、
使えなくて しまっていたのを前後を逆にして 尿取りパッドカバーとして
ちょっと改良しました。

これは装着もしやすかったし パッドもしっかりと当ててくれたので
一番 重宝しました。

形としては
CIMG6538.jpg
こんなにシンプルなんです。
お腹に当ててから ぐるっと背中に回して
背中とシッポの付け根の部分でマジックテープで止めます。

これ、器用な方なら簡単におうちで作れます。
ミシンを捨ててなかったら(爆)私でも幾つか作っていたと思います。
これなら 男の子でも女の子でもOKです。


こうなってくると (まだ終わりません・笑) 
今度は犬用の尿取りパッドの吸収力・吸収量に物足りなさを感じ始めて
また人間用の 今度は尿取りパッドを使ってみることにしました。

で、幾種類か試しましたが
オススメはこれ、
CIMG6425.jpg
リフレの「夜安心パッド ムレずに快適 夜用」
一回の尿の量を150CCとして4回分=600CCを吸収するという優れもの。
(本当かどうか、分かんないけど)ムレないって言うのも良いじゃないですか。

CIMG6427.jpg
横漏れガードも良い仕事をしてくれます。

何より 30枚で1000円(1枚≒33円)を切るお値段が素敵。
リーフの場合 一日3~4枚ほど使うので 一袋はだいたい一週間分から十日分です。


しかし、この人間用の尿取りパッドを使うようになって しばらくして
ハッと気がついた。


人間用のパッドは長くて (パッドの長さ56センチ)リーフの腰をぐるっと巻けるのに

カバー要る? 

で、
CIMG6428.jpg
こうなりました。

尿取りパッドそのものを リーフの腰にぐるっと巻きつけて
ガムテープで止めちゃう。

なんてシンプル。

今までの 試行錯誤は何だったんだろう???と思うほどのシンプルさ。

でもコストパフォーマンスといい、機能といい、使いやすさといい

これが 我が家の結論です。


でも これは 女の子の場合は場所が違うのでお役に立てないですね。
女の子の場合は やっぱりカバーが必要かな。
実は 実家で飼っていたワンちゃんも男の子だったので 女の子の場所がいまひとつ分かりません。
でも男の子の場合は これが一番 シンプルで無駄のない方法なのではないかと思います。
腰が太くて 尿取りパッドが一周しない場合は、周らない部分を何かで補うだけで良いかと思います。
色々とカバー類を買う必要、無いですよ~


ワンちゃんの体型や状態によって ベストは違うのでしょうけれど
うちのリーフの場合は 飼い主にとってもリーフにとっても、これが最良と思っています。
暑い時期の今は クーラーが入るまでは パッドをはずして腰の下にペットシートを敷く、
という方法でしのいでいます。


長々とすみませんでした
少しでも 老犬を介護されている飼い主さんの参考になれば幸いです。





Category : リーフ
Posted by アンテ on  | 72 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。