IMG_631320170309.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

ちょっとだけ春

三月も もう終わるというのに寒いですね~。
ニュースで箱根の大雪を見てびっくり。。。。

リーフの夜のお散歩には
まだ毛糸の帽子をかぶってダウン着てます(笑)

暖かい日差しが待ち遠しいなあ。。。。。


ジムに行く途中 
今日 初めて気がついた桜の木。


SH380057.jpg
へぇ、こんな所に桜の木があったんだ~。
(注・ジムに通い始めてかれこれ4年目。
この時期は休んでいたのかもしれません。。。。。


寒いのに綺麗に満開。

SH380058.jpg

桜は こんな寒なるなんて計算違いやないの~と思っているかもしれません(笑)

ちょっとでも長く咲いていてね。

Category : 生活
Posted by アンテ on  | 4 comments  0 trackback

壊して作って。。。

今日は良いお天気。
でも外に出ると風もあってけっこう寒かったですね。

それでもお日様は有難くて・・・・
201003275316.jpg
りーちゃん、鼻先だけの日光浴(笑)

もう少しして 本格的に暖かくなったら
お庭で日光浴できるよ。


先日 意地で 描き上げたお皿5枚。
CIMG5257.jpg

チャイナのレッスンで、絵の具を入れました。
CIMG5317.jpg
有田絵の具なので焼くまで色がでません。


3時間半ほどかかって
やっと2枚に色を塗ったのですが・・・・・


帰りに車に乗るときに
手を滑らせて お皿を入れた箱ごと落として・・・・

CIMG5319.jpg
一枚、割れちゃいました。

がさつでエエ加減なアンテのこと、
いつか”やるだろう”とは思っていたけれど・・・

やっちまったーーーー!

しかも、こんな手をかけている作品に!


翌日の陶芸教室で
気に入ったこのお皿とお揃いのコーヒーカップを作ろう!と思い立って
CIMG4989.jpg

板作りでカップを作る。
201003275260.jpg
出来上がったら
CIMG5261.jpg
カップ&ソーサーとしても使うつもりで。。。。

表面の模様は
201003275263.jpg
こんなネジを押し当てて作っているんです。

とってをつけて
CIMG5264.jpg
コーヒーカップになるかな~?
焼くと多少縮んで小さくなる予定なのですが
今のところ 若干大きいので ビヤカップに見えなくもない(笑)


壊れいくものもあれば
新たに作られるものもあり。
これは、自然の理ですかね(←この場合、違うかも)

あれほど肩をパンパンに張らせ時間をかけた作品を割ったのは 
ちょっとショックだったのですが、
すごーーくショックというほどでもないのが
自分でも不思議です。

なんでだろう。

多分 自分は悩みながら、ため息つきながら、悪態つきながら
作り上げていく過程が好きなんだな、楽しんでいるんだな、
と思いあたって納得。
たぶん 出来上がった作品は二の次なのでしょう。。。。


201003275315.jpg

んだね(笑)

でも楽しいんだもん、ぜーんぜんOKよ。




Posted by アンテ on  | 8 comments  0 trackback

三月場所

行ってきました。

CIMG5302.jpg
大阪府立体育館、大相撲三月場所です。

201003255265.jpg
入り口を入ると両脇にずらっとお茶屋さん。
ここで チケットを購入したお茶屋さんに立ち寄り、
お弁当やお土産を受け取り
席まで案内してもらいます。

201003255268.jpg
席まで案内してくださる若い衆さん。

残念ながらアンテ、相撲は全く詳しくありません 
じかにお相撲を見るのも初めて。

とにかく わあっと明るく賑やか、
CIMG5270.jpg
皆さん 自由に飲んだり食べたりなので 何だか楽しくなります(←単純)

でも 初めて見る土俵はテレビで見るよりも小さく見えました。


CIMG5271.jpg

「正」と書いてあるのであっちが「正面」なんだな~、と(笑)
普段 テレビで見る土俵はあちらの方向からの画面だそう。
この反対側が放送でもよく耳にする「向正面(ムコウジョウメン)」
アンテ達のマス席は向正面の西よりでした。

それにしても 聞いてはいたけれど、マス席、狭っ。。
大人4人が座ったら もうバックやコートを置くスペースに困る程、
キチキチで身動きもままならない


力士さんたちの名前もあまり知らないし
まして見分けがつきません。。。
たぶん、アンテが間違わず見分けることができるお相撲さんは
朝青龍がいない今、白鳳と琴欧州くらいではないか、と



でもこの人は分かった(笑)
高見盛(青い回しの方です・見難いですね・・・)
201003255273.jpg
なんか憎めない人だなあ。。。。
この人の一挙一動に会場が笑いに包まれます。
永谷園の懸賞が一杯ずらずら~っと(笑)


そうこうしていると
オットが「千代の富士や。千代の富士。」

え、千代の富士!?どこ!?どこに!??

「ほら、そこ。」と教えてもらったのは本当にすぐ側。

横のマス席で、海苔巻きをパクつくおじさんの腕越しに
CIMG5274.jpg
見えた!!
お千代さんだーーーー!

学生時代、友人(Y美ちゃん)がこの千代の富士の大ファンで
キャーキャー言ってたなあ。。。。

当時 私はお相撲には全く興味がなくて
千代の富士のファンだったというわけでもないけれど
やっぱり 千代の富士はかっこいい人です。

201003255277.jpg
元横綱・千代の富士(現 九重部屋親方)
審判の交代をするために控えておられたようです。

CIMG5275.jpg
かーーーーっこいいーーーー!!!

もうテンション
これだけでも来たかいがあったというもの


豊ノ島に勝った琴欧州。
CIMG5293.jpg
今日、一番 何が悔やまれるって
この後 琴欧州が殆ど真横を通ったのに写真を撮り忘れ。
なんたってハンサムさん~。


白鳳(今日も勝って全勝中)
CIMG5300.jpg

把瑠都。
CIMG5301.jpg
一際 立派な体格。


帰りの車の中で 
ひたすら琴欧州の正面からの写真を撮らなかったことを悔やむアンテに
オットが言うには、
オットがトイレに立ったとき、
取り組みに向かう琴欧州が普通にロビーにいて
オットはその横を通ったそう。
「さすが、大きかったで。」ですと

こら、オット、なんで私を呼ばなんだ!?
        この後しばし車の中でもめる。



会場では ご贔屓の力士に声援があちらこちらから飛んで独特の熱気がありました。

生の場所を見て思ったのは
やっぱり こういう雰囲気の中で、朝青龍というお相撲さんは
独特のオーラと存在感があったんだろうな、ということ。

201003255308.jpg

「やっぱ 朝青龍、見たかったね~」と言いながら帰ってお土産を見ると


201003255309.jpg
こんなところに(笑)

Category : 生活
Posted by アンテ on  | 0 comments  0 trackback

また懲りずに・・・

先日 陶芸で出来上がった作品です。

CIMG4989.jpg

12センチ×12センチの小皿。

土は 黒みかげ(細) 釉薬は青銅です。

CIMG4991.jpg

何となく 鉄っぽい質感と
ところどころに出た青い色が気に入ってます。
同じ感じで コーヒーカップなんてよいかも。




チャイナでは お雛様が終わって、
こんなんやってます。。。。。


絵の割り振りにも散々悩み悩んで
やっと割り振りが出来たら

有田絵の具のツヤ黒でせっせと・・・描いて・・・

CIMG5258.jpg

描いて・・・

201003225256.jpg

描いて・・・

CIMG5257.jpg


やっと描き終わったぞーーー!


が、これから有田の絵の具で色を塗らなければなりません。。。



いつも描きはじめてから 

なんでこんなん選んだんやろう?と自問自答。

ほんまに 懲りません(笑)


Posted by アンテ on  | 6 comments  0 trackback

暑さ寒さも

夕べは日本中がものすごく荒れた夜でした。

真夜中、すさまじい風の吹き荒れる音を聞きながら
庭のものが吹っ飛んでいないことを祈りながら うつらうつら。


そしてお彼岸の今日は 夫のハハ様とお寺に彼岸会に行ってきました。
ご院主様のお説教を頂いて・・・

何事もこの世のことは「ご縁」なんですって。
その「ご縁」を大切にしましょうね、というお話が心に残りました。
本当にそうですね。
このブログを通しても素敵な方々と出会えてつながっていることに
心から感謝。



リーフと出会ったのも縁だったのかな。

15年前、生き物が苦手だったハコムスメ(当時5歳)のために
動物好きなアンテは 逆療法(笑)で大型犬を飼いましょう、と思って、
性格が穏やかということでラブラドールを探したのだけれど

当時はゴールデンレトリバーの大ブーム中で
近くのペットショップではラブの子犬がいなくて・・・・
(当時はブリーダーさんで探すという知識が無かった)

あちらこちらのペットショップに電話をかけて やっと見つけたのが
東大阪のペットショップにいたリーフ。

おかあさんが車で会いに行ったんだよね~。
201003215021.jpg
リーフはブリーダーさんと言うよりも
一般のご家庭で飼われているラブラドールが生んだ子犬と聞きました。


私はリーフのお陰で多くの良いお友達に恵まれたし
穏やかで優しいリーフや猫たち、ふうこのお陰で
子供達は動物と接することが自然に育ちました。
動物達の力ってすごいな。

IMG_NEW.jpg
13年前のリーフと子供達。
リーフ、若い!
懐かしい。

こんな子供達も大きくなった。

CIMG5020.jpg

お互い年を取って当たり前ねぇ(笑)



Category : リーフ
Posted by アンテ on  | 2 comments  0 trackback

お料理上手になるかな?

アンテの生活圏のジャスコが(一部)リニューアルオープンということで
行ってきました。

とにかく この機会に買うぞ!と決めて行ったのは
ダメになった(らしい)フライパンを買いに。

売り場にはテフロンコート、マーブルコート、プラチナコート、
なんとダイアモンドコートのフライパンまである!!!
ここは貴金属売り場か。。。。
 
もちろんお値段は 
テフロン→マーブル→プラチナ→ダイヤモンドの順に
お高くなる。

悩む。

あれかこれか、とフライパンを睨んで悩んでいたら 
「あら、誰かと思ったら!」と
犬お友達のお母さんに声をかけられた。

フライパン売り場の前をうろうろをしている事情をお話したら
「うちも ティファールで揃えたけどやっぱり焦げてきてるわよ~。
まあ、結局は消耗品だと思ったほうがいいんじゃない?」と言われて

一番お高いダイヤモンドに諦めがついて
選んだのが

CIMG5229.jpg
マーブルコートのお鍋とフライパン。

特にこれは
CIMG5231.jpg
5万回テストクリア が効きました。
(どういう5万回のテストなのか分かんないけど・・・)

同じシリーズで深型のタイプ(中華鍋みたいなの)が欲しかったのですが
何故か26センチの普通のフライパンしかなかったので 
それはTOPVALUのマーブルコート28センチ深型フライパンで納得。

5万回クリアは2480円(ダイヤモンドコートより1000円はお安い)
TOPVALUの深型フライパンは1980円。

勢いに乗ったアンテ。
お買い得のワゴンで見つけたお鍋も手に取る。
CIMG5232.jpg
必要だったのか・・・?

一体 何してるんだか。




夜、オットに いじられる 可愛がってもらうリーフ。
CIMG5238.jpg
おとうさんは 彼にとって(たぶん)優しくて怖い存在。

気前良くおやつもくれて いざという時は助けてくれるけど
普段そっけなくて、悪い事をしたら容赦がない。

小さい頃からずっと
リーフは「おかあさん、おかあさん~」と、お母さん一途の子なんですけれど
オットの前では また違う表情を見せるのがおもしろいです。



今日は 生暖かかったですね~。
こうして春が一日一日近づいているのかな。

リーフが16歳になるまで 一ヶ月をきりました。

Category : 生活
Posted by アンテ on  | 2 comments  0 trackback

原因は私?

お昼に焼きソバを作ろうとしたら
麺がフライパンにこびりついてきた。

確か 随分と前にテレビで
「焼きソバをフライパンにこびりつかさない方法」ってしてたわね~
何かを麺に振りかけてたわね~と薄い記憶をたどるが
 
麺に 振りかけるのは お酢だったか、お酒だったか

どちらか思い出せない。

で、仕方ないので 両方かけてみた。。。。


麺にかけるのが お酢でもお酒でもなかったのか
両者を混ぜたのがいけなかったのか
それとも かけるタイミングがすでに遅かったのか

こんな残念な結果に
CIMG5217.jpg
こんなにこびり着いちゃった

後で調べてみたら 焼きソバの麺に振り掛けるのはお酒だったよう。
オリバーソース「焼きソバを美味しくつくる」 によると
麺を大匙1~2杯のお酒でほぐしてから炒めるそうです。
そうだ、そうだ、そう言えばテレビでもそうしてたなあ。。。(←遅い)

そうか、そうか、よし、もう次からは失敗しないぞと思いつつ
はっと 問題は そこではないことに気がついた。


だって、フライパン マーブルコートよ!
油を引かなくても こびりつかないんじゃなかったの??!



そういえば 少し前からチャーハンしてもお肉焼いても
最初の頃のスルスル感がなくなっていたのでした。

テフロン加工のフライパンは1年経つか経たないかで焦げ付いてきて 
結局 何回も買い直す状態だったので
期待を込めて マーブルコートのフライパンに変えたのに。。。。

ああ、マーブルコート、お前もか。

私の使い方が悪いの・・・?・・・かも

Category : 生活
Posted by アンテ on  | 2 comments  0 trackback

あかん。

大好きな漫画家さん、くるねこ大和さん。

CIMG5218.jpg
くるねこさんが一緒に暮らす「くるねこ愚連隊(5匹のネコたち)」
との毎日を描かれているのだけれど

笑えて、ほろりとして 何か心がほっこり温かくなる。
くるさんの優しさ、好きやなあ。。。


くるねこ大和さんのブログ もいつも楽しみにしているのですが・・


15日の  「犬爺」 


あかん、これは、あかん。。。


もう パソコンの前で 号泣 






Category : リーフ
Posted by アンテ on  | 2 comments  0 trackback

なばなのその後

美しいお花や幻想的なイルミネーション、楽しい友達との会話を堪能して
心身ともにリフレッシュして

ご機嫌良く帰ってきたら・・・・・


息子がリーやんのオムツを替えてくれていたのは良いけれど
どうもお尻のところをハサミで切って 

201003165214.jpg
こんな風に
開けておくことを知らなかったようで・・・・

りーちゃん、オムツの中で ウ○チをして
立ち上がろうともがいたか

オムツの中でウ○チがコネコネ
オムツからはみ出したウ○チがウレタンマットにコベコベ

そうなった状態に 

もはや誰も手が出せず。
(オット子供は 見ぬふりしてアンテの帰りを待っていたそうな)


帰宅して 一番にアンテがしたことは
リーフのウ○チの始末でした。。。。

一気に現実に引き戻されましたわ。

CIMG5207.jpg

いいえ、あなたは全く、悪くない


Category : リーフ
Posted by アンテ on  | 2 comments  0 trackback

それは なばななんだ!

今日は長いですよ~!

土曜日 美しい夕日に ひとりウヒウヒと喜んでいたわけは・・・・



愛しのせんとくんに会いに行くから。。。

201003155124.jpg
*西名阪・上野のパーキングエリア入り口で皆さんをお迎えする せんとくん。
 相変わらずの 中途半端なキャラクター。



じゃなくて!


目的地は   三重県にある なばなの里
CIMG5125.jpg
こちらによくコメントを下さるmamapontaさんのブログ
pontaさんが「なばなの里」に行かれて すごく良かったと紹介されていたのを見て
行ってみたいなあ、と思っていたんです。




朝、早起きして 日帰りバス旅行、行ってきました。

この日帰り旅行に誘ってくれたのは 学生時代からの友達 AKとY美。
ありがとうね~


お昼・ホテルナガシマでのランチバイキング、
      ↓
アウトレット「ジャズドリーム」でお買い物 &「湯あみの島」での入浴、
      ↓
なばなの里のベゴニアガーデン見物
      ↓
ウィンターイルミネーション 


がセットになった日帰り旅行です。

実は ウィンターイルミネーションはこの日が最終日。


ホテルでランチを終え(写真撮り忘れ・笑)
いざ、アウトレットモールへ!
201003155128.jpg
盛り上がるオンナ達。

とにかく ランチの後 3時間ほどの間に
アウトレット→温泉を済ませなければなりません

忙しい!!


国内最大規模のアウトレット ジャズドリームの入り口
CIMG5133.jpg
広すぎて迷子になります。
目移りしてテンパって 結局 ほとんど何も買わず。。。。
この仇は関空プレミアムアウトレット(頑張ったら自分で車で行ける)で取ったる!と
心密かに決心するアンテ。


次の任務予定、
長島温泉「湯あみの島」も 男女合わせて11もの露天風呂があるとか。
とりあえず 女風呂の全部の露天風呂を制覇しようと欲張ったので
お湯に浸っている時間以外は

オンナ三人 裸でずっと急ぎ足(笑)



その後 バスで20分ほどのところにある「なばなの里」に移動。


なばなの里ではもう桜が満開。
CIMG5148.jpg

この前 高知で例年よりも13日も早く桜が咲いた、とニュースでしていたのに
なんで ここにはこんなに満開の桜があるのん?と不思議に思っていたら
これ、ソメイヨシノじゃないんですね。


畳み2畳分くらいある鉄板で作る豪快焼きそば。
CIMG5145.jpg
焼きソバをひっくり返すのだって シャベルよ、シャベル(笑)



ベゴニアガーデン。
ここがまた びっくりするくらい綺麗で
CIMG5163.jpg

お花がね、こんな風に天井から釣り下がって咲いているのですよ。
201003155149.jpg

天国ってこんなとこ?
CIMG5166.jpg



充分にお花に癒されて ベゴニアガーデンを出ると 
ちょうど薄暗くなってきてイルミネーションが点灯されたところでした。


ものすごい人の動きに誘われるように移動して行くと
そこは別世界の

光の回廊

CIMG5172.jpg

思わず「うわあ。。。」と声が出てしまう美しさです。

CIMG5174.jpg


いたるところ 手を抜いていない演出が

CIMG5175.jpg

心憎いほど!

201003155178.jpg


光の回廊を出ると その先に ものすごく広い敷地があって
そこには今年のテーマ、オーロラが作り出されていました。

CIMG5188.jpg

オーロラはさまざまな形や色に変化して

CIMG5186.jpg

なんとも幻想的で圧巻でした。

CIMG5185.jpg


水上のイルミネーション。
CIMG5202.jpg

CIMG5205.jpg


ウワサ通り、見ごたえ充分の なばなの里。
 
先にも書いたように このイルミネーションは3月14日で終わってしまいました。
これからは桜やチューリップ、パンジーなどの季節のお花が楽しめるようです。

夜遅く(11時過ぎ)に家に帰り着いたら 一応家族に頼んでおいた
りーやんのオムツが エッライことになっておったんですけれども・・・
そんなの差し引いても 楽しい一日でした。

日帰りのバスツアー、良いかも~、ハマるかも~(笑)
AK、Y美、また行こうね!楽しみにしてるよ~。



Category : 生活
Posted by アンテ on  | 2 comments  0 trackback

明日はお天気

だあぃ好きな沈丁花が満開。

CIMG5120.jpg

夜、リーやんのお散歩をしていてもあちらこちらのお庭から
この沈丁花の良い香りがして嬉しくなります。
春間近の香りです。


201003135115.jpg
ほぼ雑草化している小さなお花(名前 覚えられません


白いクリスマス・ローズ。
CIMG5114.jpg
バレリーナのチュチュのような形。好きです。


ピンクのクリスマス・ローズ。
CIMG5119.jpg



綺麗な夕日です。
CIMG5121.jpg

明日はお天気です。

嬉しいなあ~!

Category : 生活
Posted by アンテ on  | 7 comments  0 trackback

足元固まる

何なんでしょう、今日のこの寒さは!
雨は仕方ないにしても
昼間はみぞれのようなものまで降っていました。
早く春になれ、とは言いません。
せめて お洗濯物の乾くお天気になって欲しい。。。


リーフの足元にウレタンのマットが最高!
もっとウレタンのマットが欲しいなあ~とここに書いていたら
このブログを見てくれている実家の父が

「まだある。」と持って来てくれました。

実家の納戸、ドラエモンのポケットか。。。。


お陰で
CIMG5110.jpg


とにかく嬉しい~~~!
お父さん、いつもありがとうね!


201003105106.jpg
リーフとしては キッチンまで続いていないことが不満でしょうが
そんな欲張りを言うちゃいけない。
アンテはこれで大満足。

もう リーフの敷物ジプシーは終わりです。
これまでに あれやこれやと買って試してみたのに。。。。
なのに 結局 実家の納戸に眠っていた、20年以上も前に
妹がただでもらってきたウレタンマットに納まるとはね・・・・(あはは)



Category : リーフ
Posted by アンテ on  | 2 comments  0 trackback

作陶展の続き

ご自身も陶芸をされていてユニークな作品を作られているwankoさんが
「陶芸でピンクの色がなかなかでないです」とコメントで書いて下ったのを読んで
そうなんです、そうなんです!と 大きくうなづいたアンテです。

陶芸を始めてしばらくして 陶芸用の下絵の具を買ったのですが
どの色も 良く言えば素直と言うか、悪く言えば単純と言うか・・・・
まだ使い慣れていないせいか 下絵の具では微妙な色使いがどうもできません。

今回 出展させていただいたお皿の桜の色に これで悩みました。

最初 先生のところに 
桜花窯変(おうかようへんと読むのですが・・・漢字 自信がありません)
という釉薬があって それが見本では ほんわかとしたピンクだったので
「これだ!」と思って 桜の花びらの部分に流し込むように入れたのですが
焼きあがりを見ると 殆ど色が見えないうっすらとベージュ?になっていただけ。。。

それで 上絵付けの絵の具でなんとかしようと思い

余った土で作った小皿で 
CIMG5100.jpg
三種類 試してみました。

結果 有田の絵の具が一番 印象的な花びらになるかな、と思って
有田の絵の具を選んだのですけれど
チャイナペイントでもそうですが 赤とかピンクとかの発色は本当に難しいですね。


本当に素敵な作品ばかりだったのですが
作陶展で 私が心惹かれた作品をいくつか・・・

CIMG5082.jpg
呉須でこんな風に いつか、描きたいです。
お皿のフチに花びらの端が描かれていて そのまま裏側にまで描かれています。
そういうのも大好きな作品です。

CIMG5083.jpg
何とも シンプルでモダン!
釉薬の色の出方が本当にいいなあ。。。

201003095085.jpg
これは もしかして本物の葉っぱを土に押し付けて
葉脈の部分の凹みを作られたのかな?
一度してみたい・・・好きな葉っぱを探すことにします(笑)


CIMG5086.jpg
この作品は 素晴らしかったです。
細かいデザイン好きのアンテも 「うわぁ・・・すごっ。」
絵の具は 九谷かな??緑色が印象的です。


201003095089.jpg
これも目に留まった作品。
201003095090.jpg
この雰囲気がなんとも。。。。

CIMG5092.jpg
爽やかなブルーのラインが良くて。
夏、こういう色合いを使ってみたいです。


面白かったのが
CIMG5095.jpg
この作品。

ふくろうが びっしり(爆)
CIMG5096.jpg

一緒に行った オットが
「これ、一個一個 作らはったんか?」

そら そうやろ~(笑)



本当に面白いですね、陶芸。

Category : 陶芸
Posted by アンテ on  | 0 comments  0 trackback

桜のお皿

大阪狭山作陶展、天候が悪いにもかかわらず
沢山の方が来てくださったようで本当に有難うございました。


さて、アンテが出展させていただいた作品は

こちらです。

CIMG4987.jpg
作る過程は全然難しくありません(笑)
土を板状にして四角く切り
まだ柔らかいうちに 桜の花びらの形のはんこ(教室にあります)を
くいくいと押して桜の花びら部分をへこませて
四隅を少し持ち上げて焼いて頂いただけ(笑)

悩んだのは 絵の具で
CIMG4988.jpg
へこんだ桜の花びら部分には 有田の絵の具を流し込むように筆で入れ
花の部分の背景はマイセンの絵の具をスポンジで叩いてうっすらピンクにしました。
少しだけ金粉も入れてあります。
お雛様の時もそうだったんだけれど 金がはいると
急に雅な雰囲気になるのが嬉しい。

新米のアンテにとって こういう展示会は初めてだったので
どんなものなのか興味津々で出かけたのですが
皆さん、本当に色々と考えて工夫された大作・力作ばかりでびっくりしました。
来年はもっと大きな作品を作るぞ!

そ、それにしても 寒いです・・・・


Category : 陶芸
Posted by アンテ on  | 2 comments  0 trackback

お知らせ

お知らせです。


平成22年 3月6日(土曜日)・7日(日曜日)
      (もう明日、あさっての話)

大阪狭山市の SAYAKAホール 

第13回
大阪狭山作陶展
 があります。


CIMG5078.jpg

SAYAKAホールは南海高野線・大阪狭山市駅のすぐ近くです(歩いて5分もかかりません)

入場は無料です。

多くの素晴らしい作品が展示されると思いますので
どうぞ お買い物ついででも、お気軽に見に来ていただければ幸いです。

新米アンテも一点だけ、お皿を出展させて頂きます。

どうぞ どれがアンテのお皿か当ててくださいな(笑)

Category : 陶芸
Posted by アンテ on  | 6 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。