FC2ブログ
IMG_3329.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

踏ん張りが大事

リーフの後ろ足は 今 こうなっています。

CIMG4698.jpg

テーピングです。
こういうことに器用なオットが巻いてくれました。
このテープのお陰で 突っ張ってしまう関節が固定され
立ち上がる時の摩擦にもなって踏ん張れるようです。


リーフは 生まれつき股関節が弱い子です。
でも 特別 不自由を感じることもなくお散歩も普通に行っていました。

10歳くらいの時だったか軽く後ろ足を引きずったので
慌てて動物病院に連れて行って レントゲン写真を撮ってもらったら
獣医先生が「よくこれで普通に歩けているなあ。。。」と感心されたくらい
股関節は”脱臼→元に戻る→脱臼”を繰り返していたために
股関節の骨の正しい形がなくなり、股関節が「はまっている」、というよりも、
ただ「乗っかっている」というような状態だと言われました。

「ここまでになったら もう痛みとかないですよ」と言われて
痛かった時期もあったのか、とリーフの我慢強さに涙が出た。
一方で ”痛みを感じないくらいコイツは鈍感やったのかも?”という疑惑もあり(笑)

CIMG4691.jpg
いや、聞き流してください。


股関節に負担をかけないように体重は極力落としたほうがいいですよ、と
アドバイスを頂いて 
それから リーフの体重を気にし始めて 最高では36キロあったリーフの
体重を 当時は30キロくらいに落としました。
今は(たぶん)25キロないと思います。
見た目は貧相な犬になってしまってますけれど
(本当はガッツリしたラブの体型が好きなアンテ)
そのお陰でリーフは今も自分の足で立てているんだと思うと
今のリーフの体型が 有難いばかりです。


中型犬~大型犬を飼っていらっしゃる飼い主さん、
犬の老後が迫ったら、痩せ気味かなってくらい、犬の体重は落としておいて
悪いことはないですよ~!



Category : リーフ
Posted by アンテ on  | 2 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。