IMG_247620170819a.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

こうなりました。

二頭のスタンダードプードル(成犬)の里親様を募集しております!

どうぞ、こちらをご覧ください  スタンプーの里親募集 



line23.gif

さて、昨日のこの

CIMG993829120920.jpg
写真。


置物、はたまた貯金箱、夏休みの工作の宿題から、

まさかのオットの彫像疑惑には 大笑いさせて頂きました。

皆さん、ありがとう!!(爆)


が、これは 何を隠そう ルカです!!



CIMG990020120921.jpg
・・・・・・・


ずっと前に プードルのカットの参考に、と買ったこの雑誌。
CIMG993520120921.jpg

この雑誌に プードルグッズが特集してあって

その中の ヴィンテージなプードルグッズの中にあった、これ!
CIMG993620120921.jpg
ルカに似てるぅ!!!!と 大興奮。

まあ、たぶん 黒スタンプーの殆どの飼い主さんが「うちの子に似てるぅ!」とテンションと思われ。。。

この上目遣いがたまりませんなあ。。。。


これね、プードルの貯金箱なんですって(ある意味kyouさん、正解っ!)
1950年~60年に作られた銀行のノベルティグッズで貴重なものだそう。
お値段 12000円ですって・・・・

1万・・・2千円・・・・・・・・



 アンテは では 作ろう!と考えたわけです!

・・・・・はい、陶芸で (本物の材質はハードラバー)


とりあえず 2キロの土をこねこねして 大まかに形造ったのが これなのですが。
CIMG993820120921a.jpg
大まかとはいえ

頭は
CIMG994020120921.jpg

後姿は
CIMG993720120921.jpg

どーーーしてーーーー?


CIMG989820120921.jpg


いやいやいや 大丈夫。

これから、これから!!


それから あっちを削り、こっちを足して 色々いじくりまわして

CIMG994520120921.jpg
ここまで何とか 形に。

本当は もっとスマートに背の高い状態にしたかったのですが
土が柔らかいために 土自体の重さで 全体がどんどん下に下がってきて 
何度持ち上げても下半身がどっしりした状態になってしまうので

CIMG994220120921.jpg
早く乾燥させるために ドライヤーで温風を当てる。



CIMG994320120921.jpg
ゴリラのオチリ ルカのオチリにひび割れが。。。。


そんなこんなを修正しながら

とりあえず 完成したのが


CIMG994820120921.jpg

CIMG994920120921.jpg

これ。

首に巻いてあるマフラーみたいなのは 頭の重さで首からポキッときそうなので
完全に乾くまで ギブス代わりです(笑)

それでも 前に首が落ちてきそうだったので

CIMG995020120921.jpg
先生に ちょっと手を入れてもらって

CIMG995120120921.jpg
頭が落ちないようにつっかえまでしてもらって この日はお終い。

完全に土が乾いてから もう少し削って形、整えます。


どうしても 土が乾いていないので 重みで全体が下へ下へと下がってきて
胴の太い、下半身の大きなプードルになってしまいました

でも 何とか プードルに(少なくとも犬に)見える様になったですよね?(笑)

CIMG989920120921.jpg

ミエちゃん、「ちぇ、」て。。。。




いつもありがとうございます。

ポチ、お願いします
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村

Category : 陶芸
Posted by アンテ on  | 4 comments  0 trackback

今日の手作り。

スタンダードプードル 里親募集! 


女の子 8歳 レッド (体重20キロくらい)
IMG_0422satooya.jpg

男の子 6歳 レッド(体重22~23キロ)
IMG_0423satooya.jpg

大切に飼われてきた子達です。ぜひ良い里親様と巡り合って欲しいと願っています。
二頭一緒でも 一頭だけでもかまいません。

もっと詳しくこの子達のことを知りたいという里親希望者様、
お名前と連絡先をご明記の上

stan2poo@yahoo.co.jp (ウエノ)までお問い合わせください。

そして 良い里親様に巡り合えますよう 皆様で心当たりにお声をかけて頂けますでしょうか。
よろしくお願いします。 



line23.gif
今日の陶芸・・・



こ、これは 一体・・・・・・・ 

CIMG993829120920.jpg


あまりにも不細工!!


次回に (たぶん)続く。。。。乞うご期待




いつも有難うございます。

むぎゅって押してやってくださいな。
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村

Category : 陶芸
Posted by アンテ on  | 6 comments  0 trackback

時の進み方

久しぶりに陶芸の紹介です。

そーなんですよ、陶芸してたんです(笑)
あ、チャイナペイントもしてます!
今度 チャイナの新作もご紹介しますね~。



あの 震災の前日に陶芸教室で絵付けをしたお皿  が出来上がっていました。

CIMG0374.jpg
フチを幅広くして 自然にたわませてあります。
器としては持ちやすいです。

あの時 あの記事を書きながら 普段通りの生活が出来ること、
自分の好きなことを 好きなようにできる時間を持てることを
本当に幸せなことだと 痛いほど感謝したことを
この器を見ると思い出します。
きっと、これからも ずっと ずっと そうでしょう。



素焼きした状態に 呉須(藍色になる絵の具)で色を塗り
CIMG0371.jpg
白い線のところは 固い先の尖ったもの(私はハサミを使いました)で
引っ掻いて描き出してあります。

CIMG0370.jpg

なかなか良いですよね
自分では 気にいっています。
絵付けも面白かったですよ。
写真では ちょっと濃い黒っぽい藍色に写っていますが
実際は もうちょっと淡い色に仕上がっています。
このシリーズでマグカップとか作ろうかな。。。と思いつつ

今日は 板作りで
CIMG0375.jpg

四角い小皿を四枚と 余った土でソース入れを作りました。
CIMG0376.jpg
これらには 九谷の絵の具で上絵を描く予定です。
どんな絵を描こうかな。。。。



雨ですね~、台風ですって。
いや、大阪、梅雨に入ったって。。。。いやーん

リーフは、リーフ自身が水に濡れるのを嫌ったので
雨の日は お庭でさっとおトイレを済ませて 
さっさと家の中に入ってきていたので
とっても楽でした。

でも ルカはそういうわけにはいかず・・・・
雨の中 ルカにレインコートを着せて 私たちもレインウェアに身を包み
せっせとお散歩に行っております。


ああ、犬飼いにとっては 晴れの日がもはや懐かしい・・と言う事で

ルカが 鼻ハゲを作った翌日 よく晴れたので
夕方のお散歩を狭山池に行ったときの写真です。

CIMG0341.jpg
綺麗な日で
CIMG0342.jpg
気持ち良かったですよ~。

黒犬は 相変わらず
CIMG0343.jpg
土手を好み(笑)

夕方だったので
CIMG0352.jpg
沢山の方が ウォーキングされていました。
皆さん、えらいなあ。。
私なんて ルカが一緒だから歩くけれど 一人じゃ歩けないですもんねぇ。


ここ、ピンク色のクローバーが咲いているんですよ。
CIMG0353.jpg
クローバー=シロツメクサ で 白いのが定番だと思うのですが
進化?して ピンクのも生まれてきたんでしょうか。
とっても可愛いです。

もう こうなると
CIMG0354.jpg
雑草の粋を超えて綺麗ですよね。。。。いや、間違いなく アンテの荒れ庭よりも美しい。



CIMG0348.jpg
夏バージョンカットのお陰で ますます手足の長さが強調されているルカです。

鼻のハゲは・・・この写真では分からないですね(笑)
広がりもせず このまま普通に治りそうな感じです。
顔バリしてもらって 地肌が見えていたのも
毛が伸びてきて 無精ひげっぽい長さにまでなっています。
毛の伸びるのって早いんですねぇ・・・・


なんだか最近、時間の過ぎるのが早くて。
その早さが嬉しいような寂しいようなアンテです。



Category : 陶芸
Posted by アンテ on  | 4 comments  2 trackback

陶芸と ちょっぴりルカ

今日は陶芸教室に行ってきました。

はい、もちろんルカはお留守番ですよ(笑)


さて、色々な手順違いで伸びていた 「山帰来の器」 ですが
やっと 釉薬で色をつけることが出来ました。

でも この「山帰来の器」 
CIMG7283.jpg
この二冊のうちの「絵付けで楽しい陶芸」に載っているのですが

ものすごく凝った手順で
私は当然のことながら 
実は先生も手順をあまり把握されていなかったみたいで

だいぶ 作業工程を前後した感あり。


まあ、それはそれで どんな器に焼きあがるか楽しみですよね。

SH380141.jpg
なんせ以前 掻き落とした線に 鉄赤を落とすのですが
その前に 白マット(釉薬)刷毛で塗ったものだから 掻き落とした線が見えない。。。。
うっすら・・・ここかな?って半分想像で(笑)

アンテ持ち前の「エエ加減」「ま、こんなもんやろ」の性格が幸いして
何とか 描き終えて(笑)

やっと待望の釉薬で葉っぱ部分の色づけが出来ました。
こんな感じ。
SH380142.jpg

えーっと、白っぽく染まっているのは 織部釉。
赤いのは イラボ。
どっちでもなく グレーの濃い色になっているのは 織部釉に撥水液を塗ってあります。
SH380143.jpg
これに最後、白マットの釉薬を掛けて焼いて頂くのですが
さて、どんな器になるでしょう。

楽しみです♪


前々回の陶芸の教室で この「山帰来の器」に取り掛かれなくて
ロクロで惨敗したアンテですが

その次の教室では・・・・・・ロクロ、絶好調!!!


右側のスープ椀がお手本です。
CIMG7025.jpg
前回のグダグダは何だったんだろうと思うほど
スルスルと一つ出来上がり。

土の神、降臨

勢いに乗って 
CIMG7024.jpg
あっと言う間に 四つ出来上がり(うわっはっは!)

 この奇跡が この後も続きますように(笑)




さて、今日のルカさんですが・・・・・

夕方のお散歩で立ち寄った公園で やっちゃいました。

爆発ダッシュ

いや、これは私に責任があるんです。


公園で ボーダーコリーのロコちゃんと 黒ラブのエダ君に会ったルカ。
ロコちゃんに すごく反応して 
しきりに遊ぼう!とぴょんぴょんと跳ねて誘っていたのですが
ロコちゃん、ちょっと気分屋さんのガウガウさん。
お母さんが用心してしっかりリードを持っていて下さっていたので、良かった。

ルカが跳ねるのと 私がリードを引くタイミングが重なって
リードがブツッと切れてしまいまして・・・・・・

ルカ 完全 フリー状態に


さあ、それから ロコちゃんとエダ君の周囲を 
ロコちゃんを誘って ぐるぐる走る、走る。
いや、走ると言うよりも 跳ねる?

私が「ルカ~、おいで~!」と呼ぼうが 全然 聞いちゃいない

ものすごく楽しそうに跳ね飛ぶこと。


リードはお散歩用の伸縮リードで 軽くていいかなと選んだ小型犬用の細いやつ。 
その上に ルカが時々 ハムハムと噛んで切れ目が出来ていたので
オットと「これ、強い力がかかったら切れるよね」と言っていたのです。
でも 普通にお散歩している分には ルカはそんなに強く引っ張らない子なので
油断していました。

最後はエダ君のお姉ちゃんの横に来た時に すんなり捕獲されたのですが・・・

これで もしロコちゃんもフリーの状態だったら
ロコちゃんもハイパーなボーダーコリー。
2匹で走りまわって 簡単にはつかまらなかったと思います。
ものすごく反省。。。。。。

まあ、これで ハイパーになった時のルカは呼び戻しがきかない、と言うことが
証明されたわけでして
(穏やかな時は お散歩のときでも 呼べばちゃんと側に来るんだけど~)
公園の外とかに飛び出して事故にならなくて良かった。。。。。



DSC00209.jpg

うん、楽しそうやったねぇ。

あんな 楽しそうにのびのびと走るルカを見ると
やっぱりドッグランかなぁと思うアンテでした。


Category : 陶芸
Posted by アンテ on  | 8 comments  0 trackback

もうグダグダ・・・

本当に気持ちの良い日でしたよね。

これぞ 秋! 気持ち良いわ~。

でも まあ、・・・・・好きではないのですけれど(もはや へそ曲がり


今日は陶芸教室の日でした。

前々回 作り始めた「山帰来の器」

CIMG6680.jpg

CIMG6679.jpg


で、次のお稽古日には書き落とし&弁柄で茎の部分を絵付けをしました。

CIMG6832.jpg

CIMG6834.jpg
オレンジ色で描いてあるのは下絵です。
焼くと消えてしまいます。
その上を (上じゃないけど。かなり無視してるけど・笑) 
細い金具で引っかくようにしてかき落として
茎やツタの部分に弁柄という絵の具?で色をつけてあります(ちょっと濃い部分)

CIMG6833.jpg

なかなか 良さそう~

ここまでが前回。



で、今日は待望の!
緑や黄色の葉や赤い実の部分に釉薬で色づけをする(←これがしたかった~!)

はずだったのが

その前に 素焼きをしなければならないのを 先生も私も気が付かないで
今日 教室に行って 
ア「あ、先生、これ、素焼きしてから釉薬で葉っぱ、色付けするみたいです。。。」
先生「あれ?そうやった?ごめん、ごめん。」

と 言うことで 今日は色付けできませんでした・・・・・残念~~



で、予定していたことができなくなったので
急遽 ロクロで小さなスープ椀を作ることにしたのですが・・・・・・

もうグダグダで。

全然出来ない。

あれ?

少なくとも 山帰来の器を作った時は 2個目は殆ど自分で造ることが出来て
先生に「アンテさん、上手くなったね~。自信ついたでしょ。」って誉めてもらえたのに。

今日は 小さなお椀を作るのに コテコテになって
とうとう土をへたらせてロクロでは回せないくらいにしてしまいました

もう ため息、ため息、ため息

こんなに凹むの、久しぶりかも。

難しいなあ。。。。

Category : 陶芸
Posted by アンテ on  | 6 comments  0 trackback

夏休みの宿題

9月1日です。
とうとう 8月が終わってしまいました。。。。。

CIMG6675.jpg
9月の予定をざっくりと書き込み。


多くのお母さん方が「やれやれ、やっと9月になった。」と喜んでいらっしゃると思います。
逆に「ああ、8月 終わってもた。。。」と寂しく思っているのは学生さんとアンテだけか。
でも そんなアンテの8月は、なんてことない、していた思い出しかない。
なんて寂しい夏の思い出。。。。



さて、良い子の小学生の皆さん、

夏休みの宿題、終わっていますかーーーーーーー?!

まあ、普通は、終わらせていますよね。

CIMG6672.jpg
なんで そんなところにハマりに行くの、もう~。


昨日 お昼 車に乗っていたら ラジオの放送で

「夏休みの宿題、まだ終わってなくて、お願いされたら手伝ってあげてもいいな、と思うのは

* のび太くん(ドラエモン)
* カツオくん (サザエさん)
* まる子ちゃん (ちびまる子ちゃん) 

  この3人のうちの誰?」ってリスナーへの質問がありました。

のび太にカツオにまる子・・・・・・?
こりゃ 究極の選択やなあ。。。なんて聞いておりましたけれど。
この3人、全員 自業自得っぽくて助ける気にならないんですけれど。
ここに トトロのサツキちゃんあたりが入っていたら 断然サツキちゃんなんですけれど。
でも サツキちゃんならお盆までに宿題なんて済ませていそうだし。

リスナー方の反応を聞く前に目的地についてしまったので
残念ながら 3人のうちの誰が選ばれたのか知りません。



夏の間 お休みしていたチャイナも陶芸もそろそろ始まります。

先日 陶芸教室に行ってきました。

CIMG6645.jpg
これは ”白いタイヤキ”・・・ではなくて(笑)
夏前に型を作って素焼きにしてもらっていたお皿にお魚の絵を呉須で描いたものです。
以前 やはりチャイナと陶芸の両方を習っている方が 鯛をモチーフにした小皿を作られて
いたので そこからヒントを得ました。

CIMG6647.jpg
余った土で箸置き。

CIMG6651.jpg
これは ちょっと変形したお茶碗に やはり呉須で単純な模様を入れました。

呉須は焼きあがると落ち着きのある藍色になるので飽きのこない作品になるかな?
いや、お茶碗の方は黄釉と言って 黄色の釉薬をかけてもらうので
とんでもなく落ち着きのないのが出来るかも(笑)

まだまだ 暑いそうですが ぼちぼちチャイナの作品も手がけて行きますね。

CIMG6664.jpg
リーやんもぼちぼち行こね。




さて、上の質問、終わらせていない夏休みの宿題を手伝ってあげてもいいな~と思うのは 誰でしょう??
リスナーの反応は誰だったのかなあ。
ご存知の方、良かったら教えてくださいな。


私は・・・・・うーん、カツオくん。
手伝ってあげた  を律儀に覚えていそう。
(まあ、小学生相手に 恩を売るって発想もオトナとしてどうかと思うのですけれど。。。。)

逆に、絶対に手伝ってあげたくないのは のび太くん。
「教えてもらった答え、間違えてたじゃないかーー」って ネチネチしつこく言いそうだも~ん。
(まあ、小学生の問題、解けるかな?って思っている自分も悲しいのですけれど。。。)



Category : 陶芸
Posted by アンテ on  | 4 comments  0 trackback

ピタッと決めたい。

陶芸教室に行ってきました。

色々と作品が出来上がっていました~(嬉)

前に作った一箇所 凹ませたお皿です。
CIMG6306.jpg
何か描きたいんですけれど・・・何を描こうかな。


木の皮を剥がしたような形のお皿。
CIMG6307.jpg
これは 最初から九谷の絵の具で色をつけるつもりで作りました。

とっても簡単に作れて
安定するように 一応 足もあるんですよ。
CIMG6308.jpg

コロンとした形の小鉢。
CIMG6310.jpg
土は 白みかげ(細)に 釉薬は白マットです。


この間から ロクロでお茶碗ばかりせっせと作っているのですが

難しい~~~

たいがい 少ぉ~~~~~し 中心がずれた状態でロクロを回してしまっているらしく
それが 徐々に響いて 形が歪んでしまいます。
途中から ヤバイなあ、ヤな感じになってきたなあ・・と思いながら
なんとか修復しようとするのですが 余計に力が入っておかしくなります。


今日も 私が四苦八苦して回して うねうねにしてしまった土を
CIMG6312.jpg
先生が修復中(笑)

CIMG6313.jpg

う~ん、美しい。


こんな風に ピタッと出来たら楽しいだろうなあ。。。(憧)




さ~て、明日未明(3時から?)
ワールドカップ、日本×デンマーク戦 はじまりますね。
惜しいなあ もうちょっと早く始まってくれるなら起きているかも。
でも さすがに3時はきつい。

明日は まだ金曜日、サッカーファンの皆さんは起きてご覧になるのかな?





Category : 陶芸
Posted by アンテ on  | 2 comments  0 trackback

贅沢な一日

行ってきました。


10数年来のチャイナペイント仲間のcapriママと
201005275987.jpg


先日お知らせした堺市北野田で行われている「Sakai陶芸展」です。


先生方の作品とあって さすがに力作ばかりで見応え充分でした。
楽しかった~。

どの作品も素晴らしかったのですけれど
今回は特に
堺市と姉妹都市として提携しているニュージーランド・ウェリントンの
陶芸家の方々の作品をいくつか。。。。


CIMG5918.jpg
手前のお皿、まるで寄木造みたいです。奥のお皿の模様も面白い。。。


CIMG5923.jpg
capriママとさんざん眺めて頭をひねった作品。
この金属的な光沢は釉薬と独特な焼成の方法で出ているようなのですが
説明読んでも訳が分からない(笑)

201005275930.jpg

なんて爽やかで綺麗なんでしょ!!!
作家の方のコメントによると「海と大地を表現」されているとのこと。


CIMG5953.jpg
これも 色といい形といい うっとりして眺めてしまう。
ニュージーランドの豊かな自然を感じます。


CIMG5959.jpg
capriママのお気に入り。
大胆なデザインなのに 紙のように薄い繊細な生地で作られていて
その全体のバランスがおもしろいですよね。
これね、水差し(jug)なんです。
でも これって実用向きかな?(笑)

201005275970.jpg

これ、いいな~。
違った種類の土を重ね合わせて作ってあるのでしょうか。
すごく印象に残った作品です。
こんな器を作ってみたいなぁ。。。


NZの陶芸家さんたちの作品、
何となく 日本人との感性の違いが感じられて面白かったです。



ゆっくりと素晴らしい数々の作品を堪能してから
今度は 同じく堺市の深井にある
自然食レストラン「ナチュラルガーデン」へランチです。
SH380071.jpg
お店の前はハーブで一杯。
201005275974.jpg

いいな~、こんな風に綺麗に育つんだ。。。(←ハーブを伸び放題の雑草化させるヒト)

お料理はバイキング形式です。
制限時間は90分で大人1750円。

SH380069.jpg
品数はちょっと少ないかな、と思ったけれど 美味しかった~。
また行きたいな(道を覚えているならね・笑)

さて、「ナチュラルガーデン」でランチを済ませて今度は
sakai陶芸展に出展されている陶芸家さん達の作品が販売される「土塔庵」へGO!

201005275975.jpg

土塔庵の入り口。
CIMG5977.jpg
古い日本の旧家。     大阪ミュージアムに登録されています。
このしっとりした雰囲気いいなあ。。。。。でも全然バリアフリーじゃないなあ。。。。。

201005275981.jpg

素敵な作品が素敵な空間に展示されていました。
CIMG5979.jpg


caoriママが最後まで買おうか迷っていたカップ。
201005275982.jpg

201005275983.jpg

どっしりごつごつした感触がとても良いのです。


さんざん迷って悩んで結局何も買えずに帰ってきた私達。。。。。あかんやないの

capriママ 私にあのごつごつしたカップを作れってさ。
後 少なくとも5年待ってくれる?
桐の箱に入れて進呈しまするよ~(笑)



陶芸→ランチ→陶芸と とっても贅沢な一日でした。
やっぱり色んな作品が見れるっていいな~。
capriママ、お付き合いありがとうね。
また行こうね~!



Category : 陶芸
Posted by アンテ on  | 11 comments  0 trackback

陶芸のお知らせ

堺陶芸会が 10周年を記念して

堺とニュージーランド・ウェリントンで活躍する陶芸家40人の作品の
展示会を行います。





会期: 2010年 5月23日(日)~5月30日(日)(水曜日・休館)

時間: 午前10:00~午後6:00
     初日は午後1:00開場、最終日は午後5:00まで

会場: 北野田フェスティバル 2Fギャラリー
     堺市東文化会館文化ホール(南海高野線北野田駅前)
     Tel:072-230-0134

        *入場無料ですよ~!



5月23日(日)
北野田フェスティバル
でのイベント
午後2:00~3:00 陶芸家 森野泰明氏による講演会「国内外のやきものについて」
     北野田フェスティバル3Fフラットホール(先着100名)

午後4:00~ ワークショップ 大橋茂光氏「私の釉・遊、体験を語る」



また、場所は変わりますが

5月27日(木) 午後1:00~午後4:00
会場:土塔庵 
   堺市中区土塔町2209
   Tel:072-278-3381

CIMG5832.jpg

こちら土塔庵では 堺陶芸会とウェリントン陶芸家の作品が販売されるそうです。


陶芸に興味のある方もそうでない方も
どうぞ お気軽にお越しくださいね

Category : 陶芸
Posted by アンテ on  | 0 comments  0 trackback

大きさ

今日 陶芸教室に行くと いくつか作品が出来上がっていました。


あら、こんなん作ってだんだ~??というくらい忘れていたフリーカップ。

CIMG5873.jpg

でも 陶芸用のノートには 「土→古信楽・釉薬→織部」としっかりメモが。

そうそう思い出したー!
織部の釉薬をかけたカップが欲しくてロクロで作ったんだった。

CIMG5874.jpg
ロクロで引いた後が良い感じになっていて


CIMG5884.jpg
大きさも丁度良くて とっても気に入りました。
こういうのを見るとぞくぞくしちゃう。。。(笑)


それから コーヒーカップ。

CIMG5871.jpg
黒みかげの土に 釉薬は青銅です。

鉄っぽい質感が面白くて良いのですけれど・・・
CIMG5872.jpg

良いのです・・けど・・・
CIMG5886.jpg

確か このコーヒーカップは

CIMG5876.jpg
前に作ったこのお皿をソーサーにしてセットで使いたかったのです。


でも
201005205879.jpg

残念。

やっぱり大きかったか


土で作った段階で 
これ、ちょっとイメージより大きいんじゃないかな~?とは思ったんです。
でも 焼き締まりで二回りほど小さくなるというのが頭にあったので
何とかなるかな、と思っていたんですけれど やっぱりちょっと大きかったです(笑)


器って 微妙な大きさの違いで 粋にもなれば野暮ったくもなってしまいますよね。


Category : 陶芸
Posted by アンテ on  | 4 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。