IMG_631320170309.jpg

ルカとミエルの 今日も犬日和 | 元保護犬 スタンダードプードルのルカとミエルの毎日を綴ります。

久~しぶりの、おヤマ

先週の日曜日、久しぶり、久しぶり、ほんと、久しぶりに!

タフラブ・パックコントロールセッションに参加するためにおヤマに行ってきました。


IMG_737120170312.jpg
ボインに睨まれ 固まる犬達 ・・・・ウソです、マテ中です。

ご一緒したのは(ちゃんとした写真がほぼないし全頭写せてないんだけど・・・

トイプーのひまわりちゃん スタンプーのヨウくん
IMG_7375a20170312.jpg

IMG_736120170312.jpg
ピース・フレール白兄弟  と  一番手前の黒いスタンプーはあおくん。

IMG_736220170312.jpg
フレブルのドリちゃんと ボーダーのモナちゃん。
同じくボーダーのドキンちゃんの写真がないー

まず みんなでぐるぐると歩き回って整えた後


IMG_736320170312.jpg
オビ(あ、ドキンちゃん 左端に写ってる)


オビは・・・面白いですねぇ。
その時の犬の心理が正直に表れます。

IMG_736520170312a.jpg
はい、ルカさんの大好きなボイン師匠ですよ、おヤマですよ。
逆にミエルはおヤマに着いて車から降りた途端 テンション下げ下げ


オビの出だしはまあまあ。
ルカはおヤマが好きだし ある意味ずる賢いのでこういう場面では素直です。
ミエルは初めてのタフラブのパックウォーク(@大阪城)で フセを拒否してオットが難儀した子。
あれからおうちセッション等を経て 随分と”諦める”ことが出来るようになっているのですが
この久しぶりのおヤマで またフセを嫌がるかも・・・と思っていたら
すんなりとフセをした。。。お、ミエル 出来るやん とは思ったものの

IMG_738920170313a.jpg

この時のミエル、フセをするときにその場でせずに2,3歩じりじりと前に出てきてからフセるんです。
これ、ミエルの主張なんだそう。
「一応フセ言われたからしゅるけどねっ!でもね、ほんとはするのんイヤなんでしゅよっ!」byボイン解説
なのでフセをするミエルの邪魔をしちゃいけないわ~なんて 後ろに下がったらいけません。
逆に前に出てミエルを下がらせて そこでフセさせました。
タフラブする前のおかーさんだったら そんなミエルの心理なんて分かんなかったけど
アヅミさんに教わったから今は見抜けるぞ(わはは



うちは アヅミさんが大好きで
IMG_737520170312.jpg
ずーーっとルンルン

その上 おヤマのあちこちの匂いが気になってしゃあなくて
IMG_737320170312a.jpg
呆れるほどマーキングに余念のない自由なルカ



出来れば早く帰りたくて
IMG_737620170312.jpg
いつの間にか テラスでポツンとたたずんでいるミエル

なので
IMG_739120170312.jpg
片っ方はテンション上がろう上がろうとするので押さえて押さえて
もう片っ方は沈下しないよう盛り上げてテンション上げてやらねば・・・とややこしい。


この日 フレブルのドリちゃんがピーママとアンテのツボでして(笑)
伏せしている後ろ姿のお餅みたいなオチリも可愛かったけどー
IMG_736720170312.jpg
パパさんが懸命に名前を呼んではるのに そっちは全く見なくて 
なぜかひまちゃんをガン見のドリちゃん・・・(なんでやー?)
だからと言って ひまちゃんに突っ込む様子もなく。
フレブルさんて ほんま、奥深そうな犬種やな

IMG_736820170312.jpg
ひまちゃんはひまちゃんで ママにスワレって言われて
そんなドリちゃんを無視できずにドリちゃんの方を向いて座ってた・・・お見合いかー

そんなトイプーのひまちゃん(ひまわりちゃん)
IMG_738220170312a.jpg
このお嬢様、ミエルとよー似たかほりがしておりました(←途中で逃走、建物の裏側に隠れるという・笑)
絶対にミエルと気が合うな
並んで写真撮らせてもらったら良かった~(笑)

IMG_739620170313.jpg
あおくん、前に会った時は顔バリだったのがテディカットにお顔が変わっていて
がらっとイメージが変わっていました
プードルってほんまカットで別犬。
けどあおくんの真っ黒な毛並はそのままやね


ハードルを越えたり ボールで遊ばせて所有権を意識させたり わざと犬のテンションをあげて
その状態でも飼い主の声が届くよう。
結局 何が大切って どんな場面でも犬が飼い主の声が届く心理状態にあるかどうかなんだな。。。
色んな角度から犬の心理や行動をあぶり出すアヅミさんのセッションで
このおヤマにいる間 特にミエルの気持ちがコロコロ変化するのが分かって面白かったなーー。



あっ! この赤いお洋服きた子はジェイラ!
IMG_738320170312.jpg
アヅミさんのA-sideの保護犬です。
ハウンド系ミックス まだ8~9か月の女の子、カッコ可愛い子ですよ~。
絶賛 里親様募集中 詳しくは⇒ こちら


IMG_739820170312.jpg
みんなでお昼を食べてー

IMG_739920170312.jpg
無言の圧力をかけられつつのー

集合写真
IMG_740320170312.jpg
これを並ばせる時 アンテ また失敗してルカを怒らせてしまっております・・・
アヅミさん、最初にあれだけ言うてはったのになー。
ほんま、頭で考えて分かっているつもりでも 出来ていないこと、出来ないこと、いっぱいやわ
まあ、それもこれも次への課題、課題(えへへ

それより 前のお方達
IMG_740720170312.jpg
なんか分かりやすい(笑)
前列 ビーグル・ハグくん と 隣の ムスコーくん も里親様募集中ですよ~


今 アンテの中ではタフラブがしっくりと納まっていて まだまだ課題はあるけど 
それでもルカミエとの日常生活の中で無理がなくて 何と言っても気持ちがとても楽で 
お散歩しててもダンスの練習してても普段のルカミエ見てても 
ちょっとした発見や変化が楽しくって仕方ないんです。
なので 実は おヤマ、もうそんな行くこともないかな・・・と思っていたんですが
行ったら楽しくて、得ることもいっぱいあって 行って良かったな~
ちょくちょくタフラブ注入、やっぱり必要だよねぇ。

まあ、我が家では
IMG_736620170312a.jpg
お二方の意見は分かれるのでしょうけれど・・・・・(笑)


ミエちゃん 最近 はじゅれ多いな・・・・
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村

Category : タフラブ
Posted by アンテ on  | 0 comments  0 trackback

気にするなの術

お散歩途中で会った犬に激反応するミエルの様子を見てもらったアヅミさんに

「ママ、あそこで ”リーベ”ですよ」と言われて

アンテ、少し戸惑いました。

出た、リーベ・・・・

いっちばん最初にこの「リーベ」って言葉を聞いて思い出したのは
あれは・・・・中学生の頃だったかー。
「水平リーベ僕の船」(元素記号の周期表のごろ合わせの覚え方・笑)
これ、今も言う??

アズミさんが仰った「リーベ」は もちろんこの上のリーベとは別物(笑)
リーベ=leave it 訳すと「ほっておきなさい」で
タフラブ・パックウォークしてたら あっちこっちで耳にします。
リーベ(見るな)とか
リーベ(気にするな)とかの意味で使われているみたいだし
周囲の皆さんとアヅミさんの会話からもそうなんだろうなあ・・とは思っていたんだけど
漠然としてて 正直 はっきりした意味?どうしたらいいのか?
アンテ、分かってなかったんです。 
なので うちの子達 この「リーベ」、日常で全くというほど使っていませんでした。

だって、ルカもミエルも「リーベ」なんてコマンド教えてないのに いきなり言われても分かんないし・・・・
ルカミエが気にして見る対象から視線を外させて こちらを向かせたいなら 
「ルカ!」とか「ミエ~」とか名前を呼べば済むのに
なんでわざわざ「リーベ」なんてコマンドになってるんだろー??なんてね
ずっともやもやと思っていたんですよ。


思わずアヅミさんに

「すみません、うち この子達に”リーベ”してません。
私 たぶん”リーベ”の意味、分かってません

アヅミさん「えーーっ、ママ、今?!」

アンテ「はいっ、タフラブ歴1年半にして ですっ!」

まあ、アヅミさんがビックリ、大爆笑されたほど「リーベ」って基本中の基本。
アンテはそれを曖昧にして この日まで来たんでした

アヅミさんは笑いながら
「まあ、ルカミエはそんな他の犬や人に突っ込むってことがなかったから
そんなにリーベが必要で徹底する機会がなかったんですよね。
犬によっては とにかくこれを徹底させなきゃならない子、いっぱいいるんですよ」って
フォローしてくれはったけど
でも あれだけ場面場面で「リーベ」って聞いていたのにね

IMG_371720161124.jpg


ここにちょっとアンテの言い訳 もとい 分析
アンテにとってコマンドって「動き」だったんですよ。
スワレと言うコマンド、ツイストというコマンド、バックというコマンド・・・
今まで使ってきたコマンドって全部 犬に「動き」を要求するコマンドだったから
このリーベってコマンドも「動き」を意味するって何となく捉えていたような気がする。
だから 「リーベ=そっちを見ずにこっちを向きなさい」かな?と。
でもそれだったら 名前呼んだらいいんじゃない?みたいな。

でも”リーベっ”て もっともっと奥が深かった・・・・

表向きは 気になるモノ、相手から視線を外すことになります。
ジッと見てたら ますます執着しちゃうからね。
執着は大抵 問題行動に繋がって行きますしね。

先日 ピーフレママと行った カフェゼロさんでのルカ
IMG_334120161125.jpg
ルカさん、リーベですよ(笑)
この場合も ルカがずっとネコを見ることで 興奮が高まって
飼い主の存在もそっちのけで制止の声も聞かず
ネコに向かってリードを引っ張って突進したら やはり困ったことになります。
そうならない前に本当なら”リーベ”です。
今のルカはそこまでにはならないので好きに見させています(少し前のルカだったらなってたと思う)
アンテはこんなルカが好きですしね


でも 本当のリーベは 犬に視線を外させることが目的じゃなくて
「意識しない」 「気にしない」ようにさせること。

今回のお散歩セッションでも 爆発まぐろ一本釣りになる前
ミエルは前から来る相手のボーダーをガン見していました。
その時 アンテはリードでコレクションを入れて一瞬ミエルの気が緩んだのは感じたけれど
相手への視線を外させることは出来ていませんでした。
この時 アヅミさんが仰る通り 「リーベ」が徹底出来ていて
「リーベ」で視線を外させて知らん顔が出来たら
相手が唸っていようが吠えていようが 問題にはならなかったわけです。

そう考えてみたら「リーベ」って どんな場面でも使える万能薬
何よりも これが出来る様になったら
犬が無駄に緊張することも興奮することもなくなって とっても楽になれます。


ただ、簡単にはねぇ・・・・
だって 気になることから目をそらせ、気にするなって言われてもねぇ・・・・


IMG_372820161124.jpg
ミエちゃん 無の状態・・・と言うよりも 混乱状態かと思われ。

それが証拠に 「リーベ」の練習中
IMG_388820161125.png
自分の姿を隠そうとしていた・・・・って どこにーー

こんなミエルだけど 苦手な犬に会った場合の「リーベ」 
大丈夫、出来るようになると思っています。


あー、本当に面白くて楽しいセッションでした
長い間 心に刺さっていたトゲがとれて
疑問に思っていたことが 一つずつ解決して
ルカの気持ち、ミエルの気持ちに近づけた気がして
嬉しくて嬉しくて その夜はアンテ 興奮していたほどです。


IMG_372520161124.jpg
ボインししょー、ありがとーでした


犬って一緒に暮らせば暮らすほど可愛いな、
知れば知るほど もっと知りたくなるな、


そしてミエルは・・・・

オモロイなぁ(笑)
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村

Category : タフラブ
Posted by アンテ on  | 4 comments  0 trackback

知りたいから。

ちょっと早いけれど

サンタがうちにやって来た・・・・・・



ではなく


IMG_372420161124ab.jpg
ピコ太郎かっ?!



IMG_371920161124a.jpg

なのに

IMG_371820161124.jpg

そう、ボインこと タフラブDBSのアヅミさん が うちにやって来たー


先日 タフラブ・アヅミさんのおうちセッションでした(と言うよりお散歩セッションかな)
アヅミさんにおうちに来て頂くのは今回で二回目。
前回はミエルが病院の前から逃走して車と接触事故を起こしたことで 参照記事 ⇒ 「お知らせと反省」
あらためて この子とちゃんと向かい合おう、と決心し 
アヅミさんに連絡を取って来て頂いた
7月1日のことでした。。。
IMG_987520161124.jpg
この時。

ミエルってね、大人しい子です。
食いしん坊さんだけど無難で大した問題のない子です。
大きさから言っても運動能力から言ってもテンションの低さから言っても
スタンプーの中でも 特に飼いやすいタイプの子だと思います。
でも このセッションで 「(可愛い)ミエちゃんだから・・・」で 見逃していた事、 
ミエルにさせきれていなかった事、色んな事に気が付かさせてもらえました。
この日を境にアンテの意識は変わったし 
少しずつ、少しずつ、ミエルも変わってきたような気がします。

犬の問題行動って単純じゃなくて 色んな要因が見えない部分で繋がっていて
決して「その部分」だけを変えたり直したりすることは出来ない。
逆に言えば 日常の中で犬との関係を正して築いていけば 
自然とその問題行動も改善されるわけなので 
実は 上のアヅミさんのセッションや普段のトレのお蔭で 
ミエルの天敵犬に対する態度も随分とマシに 
少なくともアンテの声が届くような状態にはなっていたんです。

だから、この段階で満足して このまま特別なことをせず
普通に生活していくことは全然出来ると思うんですよ・・・・・


でも・・・・
もともと アヅミさんのセッションに踏み込んだ大きな理由が
ミエルの、お散歩で会う特定の犬に対する過剰な反応。
会えば最後、まさしくマグロのピチピチ一本釣り状態になるミエル
そうなったら アンテの声がミエルに全く届かなくなることに
この子との「繋がり」に疑問を持ったことが発端で・・・・

たまに会う天敵犬に会った時のミエルの緊張や興奮、
それが ずっとずっとずっと、
アンテの心に小さなトゲのように刺さっていたのです。

めったに無いこととは言え 問題行動とまでは言えないとは言え
この時のミエルの気持ちってどんなんやろう。
なんでこの子がこんなまでの反応するんやろ。
あかん・・・・この時のミエルの心理を知っておいてあげなきゃ
こんな場合のミエルの対応を知っておいておかなきゃ
この子達を知るために埋めていってる大切なピースが欠けたままになる。。。ような気がして。


そうだ、こんな時はやっぱりボインや。。。。

と言うわけでアヅミさんに連絡を取り(前のおうちセッションから ちょうど半年)
ミエルが激反応するワンちゃん(ボーター二頭)の飼い主さん・Fさんにも連絡を取り
協力をお願いしました。

IMG_372120161124.jpg
ルカはアヅミさんが大好き。
アヅミさんの姿を見つけた途端 大興奮しておりました(笑)

この写真のきいちゃんが
IMG_372120161124a.jpg
こんなフタリを不思議そうに覗きこんでいて オモロイ~


今回はルカミエにアヅミさんが来ていることが知られてしまうと
いつのも反応・態度が出ないかもしれないので(たぶん、出ないと思われる)
アヅミさんには隠れててもらって(刑事の張り込みかー)
いつもの散歩道でFさん・ボーダー二頭と普段通りに出会う場面をこっそり見てもらうという設定です。

作戦?は大成功で
Fさんがボーダー二頭に引っ張られるようにしてルカミエに近づいて来て
その時点で ミエルは相手のボーダーをガン見、身体を硬くしてるのが見えたので 
”あかんで!”と 一応リードによるコレクションは入れた・・・・が
目の前に来た一頭がミエルを見据えて喉の奥で唸り声をあげた、と思った瞬間、 
ミエル、爆発
粋の良いマグロそのものに飛び跳ねて それに助っ人ルカも乗じてウワワン!
やったー、やりよったでーー (と 内心複雑にガッツポーズのアンテ・・・笑)

でも ここからが以前とは違うんですよ。
ルカとミエルに「スワレ!」と命じたら ルカもミエルもちゃんと座って
(ルカはこの時明らかに 「あ・・ヤバッ」って顔してた)
「フセ」と言ったら フタリともその場でフセもしました。
天敵ボーダーを目の前にしてフセが出来た!
うん、これは大きな進歩だ、進歩 
タフラブもトレも 無駄になってない。


さて、
この後 アヅミさんからラインで「そのまま一緒に歩いてください」と指令が来て(笑)
Fさんの二頭と うちの二頭が 後になり先になりしながら しばらくお散歩。
この時にはルカもミエルも通常通りになって ボーダーを気にしてる様子はなかったと思います。
これも 当時の(5年も前だ・笑)ミエルだったら 近くにそのボーダーがいるだけで
気になって気になって気にしてしまって まっすぐ普通になんて歩けなかったんですよ。


そして アヅミさんと合流。
IMG_371320161124.jpg
この時 初めてアヅミさんの存在に気が付いたルカが まあ喜ぶこと!
逆にミエルは ちょっと前に振り返ってアヅミさんの存在に気が付いていたらしい(笑)

ここでFさんとは別れて(Fさん ご協力 本当にありがとうございました

この後 この状況を見たアヅミさんから ミエルの激反応の理由を教えてもらって
アンテの心に長いことチクチクと刺さっていたトゲがスッと消えてなくなった
これが嬉しくて、嬉しくて、嬉しくて・・・・
始めてね、ミエルを理解出来たような気がしたんですよ。
それは 2年半前、鶴見緑地で初めてアヅミさんのセッションを受けた時に
ルカの行動の理由を教えてもらった時と同じ・・(あの時アンテはポロポロ涙が止まりませんでした)

はいっ、では 「こんな場合 どうしたらいいんでしょう!?」

たぶん アヅミさんには めっちゃ簡単な答えだったと思います(笑)

「ミエルがガン見したあの瞬間、”リーベ”ですね」

はい、 ”リーベ”  出ました(笑)






長くなるので切りますね。
興味のない方には ほんま、まーーーったく分からん 面白くない内容だと思うのですが
でも アンテにとっては大切なミエルとの出来事なので ここに残させてくださいな。


心を無にしているミエルにポチッとお願いします(笑)
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村   まあ、そうやわな・・・

Category : タフラブ
Posted by アンテ on  | 0 comments  0 trackback

お山・パックコントロールセッション続き~

途中で中断しちゃってすみません

お山の様子に戻ります。


ルカ周辺の犬口密度を下げるために用意したシートが
逆にみんなに気に入られるという、考えてみたら
IMG_094920160802.jpg
「あるある」な誤算から始まったお山のセッションですが

まず 最初は

歩きましょう~
IMG_129820160803.jpg
わらわらわら・・・・・


歩いて~。
IMG_129920160803.jpg

これ、飼い主はリードを持ってはいません。
フリーの状態なので途中 わしゃわしゃっと遊んだり走り回ったりしてもOK。
でも呼ばれたら飼い主の元に戻ってついて歩く。

歩いて~。
IMG_130220160803.jpg



歩いているかと思ったら

犬のテンションをわざと上げるために

IMG_114920160731.jpg
飼い主、走るっ!

IMG_114820160731.jpg
走るっ




で、
IMG_115220160731.jpg
また 歩く(笑)   

蓮ママについて歩くコロスケくん、カワユイ~
コロスケくん、また一段と落ち着いて良い子になっていましたよ~(お尻しか写っとらんけど) 


また 走れーーーっ
IMG_115120160731.jpg
アンテ この日 めーっちゃ走りました・・・・
めーーーっちゃテンションあげあげで頑張りました

なぜなら

ミエルがテンションを下げてしまうのが怖かったからーー! 


だって 休憩中のミエル
IMG_09592016073120160802.jpg
車の陰で この状態

IMG_102620160731.jpg
ミエちゃーーーん!


でもね、こんな状態でも 休憩が終って
「ミエル、おいで」って言うたら ミエル ちゃんと出て、アンテについて来たんですよ。
これがね、これが、大事なん。


そして 歩く。
IMG_115420160731.jpg
綺麗に並んだー
ロビン・マリアンちゃんの尻尾の状態、我が家のルカミエと同じ(笑)
ロビンくんルカは上がり気味で マリアンちゃんミエルは完全下がってるー。
こういうの見ると それぞれの個性とか心理状態が分かって面白いな。


はい、その場でフセ。
IMG_130120160803.jpg

飼い主が離れて 呼び戻したり フセをさせたりスワレになったり。

途中 休憩を交えながら

アジリティの道具を出して頂いて 後半は
IMG_098820160731.jpg

アジ練。

IMG_097420160802.jpg

IMG_097620160802.jpg

IMG_098320160802.jpg

これね、別に皆さん ご自分の犬にアジリティをさせたくて練習してるわけと違うし
アヅミさんも この子達にアジをさせようとしているわけでもない。

アヅミさんが私達に伝えたいこと。

アヅミさんは タフラブのDBS(ドッグ・ビヘイバー・スペシャリスト)になる前は 
アジリティをガンガンしてはったトレーナーさんなので オビやアジのやり方を使いはるけれど
ここで犬達に求めてはるのは 決して「訓練」でもなく「しつけ」でもなく「形」でもなく
大切なのは 飼い主の言うことには「従う」という気持ち。

犬達は楽しく遊んでいいし、はしゃいでもいいし、走り回っても全然かまわないんです。
ただ、楽しくて興奮してても「飼い主の声」は届く状態であること。
犬にとってどれだけ魅力的なことが他にあろうと 逆に 犬にとってどれだけイヤなことであろうと
飼い主に声をかけられたら それに反応して 「やめなさい」と言われたら止める。
「しなさい」と言われたら 素直に従える心理状態に 常にしておいてあげる。

それが人と生きる犬達にとって必要な愛だと思うから。

だから逆に 
IMG_098120160802.jpg
嫌がったり

IMG_097720160802.jpg
気ままを犬が主張しようとするときこそ、 

そんな「イヤ」「したくない」は許さないよ、と伝えるチャンス!
お山でのアジリティは どっちかと言うと これが苦手な子に意味があるんだと思います。

逆に言うと アジリティがある程度理解出来ていて むしろ好きなルカにとっては
IMG_115720160731.jpg
IMG_115820160731.jpg
あんまり意味ないとも言える・・・(笑)

ミエルは よく頑張りました。
IMG_103120160731.jpg
IMG_103020160731.jpg
お山も タフラブも アジも好きちゃうミエル。
本当は車の陰に隠れて寝ていたかったろうに。
最後まで逃げることなく お母さんの言う事に従っていたね。



そんなミエルが
IMG_099720160802.jpg
お昼になって

IMG_099620160802.jpg
生き返ったーー(笑)

おミエさん、食べ物を前にしたら アンチ・タフラブではなくなるらしい。。。
IMG_100120160731.jpg
ボインししょーにたかるミエル&ゆずまる、スペースを気にしないKYコンビ。

IMG_100320160731.jpg
良かったね

そして 畏れ多くも ボインししょーの椅子の下で まったりくつろいだミエル。
IMG_101020160731a
怖がりなんだか、大胆なんだか。
ミエルって ほんまに面白い子やなあ。。。。(爆)



この日のお山で思ったこと。

犬って なんでこんな可愛いんやろ~。
みんなそれぞれ 自分の気持ちを正直に伝えてくてれいる。
私達は もっともっと この子達の本当の気持ちを知る努力をするべきなんちゃうかな。。。


長くなってしまいました、すみません。。。。

最後にルカさん
IMG_115620160731.jpg
はい、私達にとって大きな存在ですが、コンパクトですな(笑)



ほんと、大きな存在・・・・

にほんブログ村 ポチッとお願いします。

Category : タフラブ
Posted by アンテ on  | 0 comments  0 trackback

お山・パックコントロールセッション。

車のドアが開くと・・・・・・


IMG_102120160731.jpg
そう、またお山でした。

ミエちゃん 二週続けて試練のお山(笑)


アヅミさん ともちゃん ピーママ 写真ありがとうございます~。
随所に使わせて頂いております



ここはルカミエにとって色んなことを学ぶ場だけど
いや、むしろ飼い主が色んなことを学び考えることの出来る場であります。
アンテにとっては前の週のお山で ミエルに少し、手応えを感じた反面
ルカにゆずまるくんを怒らせてしまったことが課題となっていました。

スペースに神経質なルカのような子にとっては
皆が集まって犬口密度が高くなっちゃう この・・・・
この・・・・・・
IMG_074820160731.jpg
ここ、どう呼ぶの?
テラス?なんてしゃれた感じでもないしなあ
縁側?にしては 土足だしテーブル置いてあるし


まあ、ルカに限らず
どうしても皆がこうして集まってくる狭い場所での犬のトラブルは多いです。

なので アンテ考えた。
もちろんルカは怒っちゃいけませんが どうもこのパターン、
他の場面でルカが怒るのとはまたちょっと違って
自分の足元をすり抜ける行動に対するルカの、とっさの条件反射のような感じ。
ルカは相手が誰とか関係なく反応してしまっている感じだし
ほんとに瞬間の出来事なので アンテも あっ!と思った時には遅い
なら、あんな、ルカが怒っちゃうような状況をなるべく作るまいぞ、と。。。。


で テラス(にしておこう・笑)から離れた場所にシートを敷いて

IMG_102320160731.jpg
マイエリアを作りました。

理想は
IMG_096920160731.jpg
こんな感じ(フレオ、協力ありがとう!)
スペースをゆったりと保つ。

だったのが・・・・・

それが珍しかったのか、若干のピクニック雰囲気が良かったのか
IMG_114620160731ab.jpg
逆に みんな わらわらとシートの上に寄って踏み倒して行く・・・と言う、この誤算

なんでやー、皆 もっと広いところへ行けー!(アンテ、心の叫び)


この写真 面白いんですよ。
引いてみると・・・
ミエルが
IMG_114620160731a.jpg
こんな所にいた(爆)

ミエちゃん、可愛いなあ。。。。
きっと 色々と心の中で葛藤してたんだろうな。


この日の参加メンバーは

お山では何度目かの
IMG_093920160731.jpg
ピースくん、フレールくん。 ちょこっとゆずまるくん、後ろにカイちゃん(笑)

もしかして 実際に会うのは久しぶり?
めいちゃん。
IMG_093820160731.jpg
オサレなカットにオサレなカラーリングをしてもらって
ますます遊園地の遊具 ファッションリーダー、突っ走ってます!

そして ロビンくん(左) マリアンちゃん(右) 兄妹。
IMG_095620160731.jpg
ドッグダンスの競技会では何回かお会いしてるんですけれど
こんな風に 別の場で会うのは初めてです。
どうぞ よろしくです


そして ちびっ子(笑)
IMG_094320160731.jpg
まとめちゃった


そして
IMG_096320160731.jpg
ルカミエ(いい笑顔やね)



曇り空でちょうど良いかと思われたこの日のお山だけど

IMG_114720160731.jpg


やっぱり、暑かった・・・・・・・


続きます。



土日で またまたまた(笑) 滋賀県のドギーズに泊まってきました。

DSCN612920160731.jpg
どれだけ好きなのか・・・

気が付けば、もう8月ですね。
何だか 駆け足で日が過ぎて行ってます。

暑いのはイヤだけど 
DSCN612020160731.jpg
でも もうちょっとゆっくりでもいいのにな。





にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村   ポチッとよろしくです!  

Category : タフラブ
Posted by アンテ on  | 2 comments  0 trackback

お山のオビ練

先週 ”お山のラン”に行って来ました。

もうこの時期になると 暑さを警戒して
とにかく”暑さ対策”ばかり考えてお山に向かったんですが

IMG_072720160725.jpg
思いのほか 涼しくて気持ちのいいお山でした


この日、カイちゃんがウキウキ 
IMG_072220160725.jpg

いつも静かな印象しかなかったカイちゃんなので
IMG_072320160725.jpg

こんな陽気な面もあるんだー と アンテ ちとビックリ&感動。

会うたびに、会うたびに、色んな表情を見せてくれて
IMG_072620160725.jpg
可愛い子だな~、ほんとに


この日の主役(?) おミエさん。
IMG_072920160725.jpg
にこやかに見えますが(笑)
お山に着いて 後ろのドアを開けて アヅミさんとともちゃんを見た途端
お顔が固まって るぅ兄たんの後ろに隠れたと言う・・・・・タフラブお山嫌いのオンナ(笑)



さて、この日のお山のラン オビガッツリの日でございました・・・・・
ミエルのオビの強化をしたいと思って アンテが申し出たのですが
これ、失敗だったかも~(だははは)

ルカミエ、一応 シェイクでオビの練習はしていますが
今思うと あくまでダンスに移行していくためのオビ、ダンスのためのオビ(なんだなーってつくづく思う)
一方 アヅミさんのオビは がっつりと訓練競技のためのオビ。
なので ちょっと違うと言うか・・・いや、そんなことよりも全くレベルが違った・・・


IMG_077020160725a
ルカは ”ここから出たらあかん”で待たされてます。
リードつけてません。
何かの拍子にのこのこ出てきてアンテに連れ戻されること数回(これもええ勉強やね~)


犬を左横・ツイテの位置で前進するのですが
アヅミさんが次々に出す指示、「はい、右に90度ー」とか「左に180度ー」とか向きを変えるのを 
次々に言われているうちに 段々こんがらがって来ちゃってテンパッたのはアンテです(笑)
どっちが右で どっちが左なんだかも分かんなくなっちゃって
一人、ちゃう方向に歩いてたような気がする(笑)


IMG_076920160725a
これはコーンの周囲を八の字に歩く練習・・・・だったのかな?



あ、この日のお仲間は
お山でよくご一緒する 蓮くんガーナちゃん。
ワイマラナーのウランちゃん。
ビーグルのゆずまるくん。
IMG_074820160725.jpg
あ、コロスケくんだ~

コロスケくん、体重も落ちて とーっても可愛い黒ラブさんになっていました。
意外に大きくはないですよ。
今何キロって言うてはったかなー(また今度 しっかり聞いておきます)
IMG_073220160725.jpg
ラブの、人好き好きの本当に良い子だと思います。

IMG_074020160725.jpg
8年間 「犬」を全く知らないご家庭で飼われて来た子ですが
何と言っても タフラブ・アヅミさんのリハビリ、蓮ママさんの日々のしつけで
人と繋がること、人をリスペクトすることを教わっています。

うちのこのブログ・・・・
今はプードルですが 元々はラブラドール・リーフが発祥のブログです。
なので ラブ好きさん、見て下さってないかな~。
本当におススメのコロスケくんです。


コロスケくんが気になる方!  こちらですよ~⇒ A-side rescued dog
どうか コロスケくんに本当の家族が出来ますように・・・・・

あっ
甲斐犬MIXの カイコちゃん・ムスコーくんも
IMG_074620160725.jpg
絶賛里親様募集中ですよ~。
この子達も 本当、可愛い子達ですよ



この日 最後の最後にやらかしてくれたのが
IMG_075220160725.jpg
ルカさん。

前後の経緯は省きますが
とにかく ルカの足元をすり抜けようとしたゆずまるくんに怒りました。
この「ルカの足元に入り込む」って ルカが一番反射的に怒ることなんです・・・

あっ!と思った瞬間
ルカがウワワン!とゆずまるくんに襲いかかって
ゆずまるくんがキャン!と鳴いた瞬間 

アンテ ルカを掴んでひっくり返した。
IMG_076320160725.jpg
ごらーーーー!


ただ、この、ルカがゆずまるくんに対して怒った理由、分からなくもないんです。。。。
ゆずまるくん 突然 ルカの足元、スペースに入り込んじゃったからね。

でも、でも、これをルカにさせたくないから
おかーさんはタフラブやり始めたんですよ。
なので
IMG_076420160725.jpg
反省してもらいました
これ、疲れて寝てるんじゃありません(笑)

IMG_076520160725.jpg
疲れて寝てるのはミエル(笑)


IMG_076620160725.jpg


アンテにとっても これはいい勉強になりました。
お山のオビ練も 最後の方で もう帰ろうかという準備をしていて
いつものルカが好きなメンバーの集まりで気が緩んでいたこと。
狭い範囲だったこと。。。。
やっぱり ルカにこういう状況は作ったらあかん。



さて、肝心のミエルは・・・・

IMG_075920160725.jpg
帰りたい、帰りたい、帰りたい・・・・ミエちゃんはこんなところは似合いましぇん

IMG_073520160725.jpg
あちゅいので おかーしゃんが首にひえひえ巻いてくれました

ししょーに「ミエル、ブルーシートがようお似合い」と言われつつ(笑)


IMG_074720160725.jpg

よく頑張ったんと違うかな。

IMG_076820160725.jpg

お疲れさん




みんな、みんな、お疲れさん。
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村   ポチッとよろしくです

Category : タフラブ
Posted by アンテ on  | 0 comments  0 trackback

ボインがうちにやって来た。

先週のこと。

タフラブ ボインししょーこと アズミさんが我が家に来られました。

以下4枚 アヅミさんが後で送ってくださった写真・・・・・

IMG_991520160705.jpg
つまり この満面の笑み 全てアヅミさんに向かってのものでございます(笑)


IMG_991420160705.jpg
部屋の中を走り回るわ、くるんくるん回転飛びするわ、尻尾は高速ブンブンだわ

まあ、ルカはタフラブ好きですし
アヅミさんのことも好きには違いないとは思っていましたが
でも 家に来られたら やっぱり警戒するかな?
ヤバッと思ってシュンとしおらしくするかな?と 楽しみにしておりましたが

IMG_990920160705a.jpg
その喜びよう、アンテが恥ずかしく思うほどでございました・・・

IMG_991120160705.jpg
正直 ここまでとは思ってなかった(笑)


ひとしきり興奮した後

アヅミさんに呼ばれると 途端に 静かになって 
はい、目の前に・・・・・
IMG_987420160705.jpg
ルカ、あんた なんぼほどボインが好きやねん。。。。とこの姿を見て思った。

ルカのお祭り騒ぎの最中 肝心のお嬢さんは

IMG_987220160705.jpg
テーブルの下で 呪いの言葉を吐いておりましたけど(笑)



ミエルの逃走・車との接触事故があって
アンテ すぐにボインししょーことアヅミさんに連絡を取りました。

今回のことで ミエルの問題をなあなあで先送りにしてきたことを 本当に後悔したこと。
その前のお山のパックコントロールセッションでのオビで
何となく・・何となーーく ミエルへのアプローチの仕方が閃いていたこと、
そして これを良い機会に ミエルとの関係をしっかりとしたものにしたいと思っていること。。。等々

まず その最初に「おうちセッション」をお願いしたのでした。


しばらくお話をして 家の中でのルカミエの様子を見て頂いた後
お散歩に出かけることになったのですが

IMG_004420160705.jpg
アンテ このお散歩に行く恰好でしばらく 玄関の方には行きません。
日によっては この恰好でキッチンに戻ったり パソコンし出したり・・・

タフラブと出会って 
犬の興奮がいかに危険で問題行動の原因になっているかをあらためて知って
お散歩前に その興奮を落とすべく 色々と試してみました。
でも 何となくしっくり来なくて。。。。

で、ある時 お散歩大好きなルカ(ミエルはそうでもない・笑)が 
お散歩への期待で興奮を高める「アンテの動作」があることに気が付きました。
「スマホやデジカメをお散歩バッグに入れる」「お散歩バッグを肩にかける」「帽子を被る」
この三つの動作。
なので お散歩バッグを肩にかけて 帽子を被って
それを見たルカが「お散歩でふねーー!」と うひゃっ!となったら
その恰好でキッチンに戻って洗い物してみたり お風呂場を片づけに行ったり
二階に上がって見たり。
「なーんだ、まだ行かないのか・・・」と ルカをがっかりさせる、はい、イジワルですね(笑)
こういうことを何回か繰り返すことで
お散歩へのルカの興奮はかなりフラットなものになることに気が付いたんです。


IMG_992220160705.jpg
ここでルカが 興奮してわちゃわちゃしたら アンテ また家の中に戻ります。



とにかく暑い日だったので なるべく木陰のある遊歩道を通って



先代犬リーフの時。
リーフのお散歩時の引っ張りに悩みまくっていたアンテ。
ネットで見たんだか よく覚えていないけれど
「飼い主にとっては”犬が引っ張る”だけど 犬からしたら”飼い主が引っ張る”なんですよ」って言葉に
ハッとしたことがあります。
犬が引っ張る行動は飼い主にとってストレスだけど
逆に言えば 犬にとってもストレスだってこと・・・・
でもね、その時はどうしていいのか分からなかった。
それが リーフからの時を経て ルカミエでのタフラブで繋がりました。
だから 何かを伝えたい時意外は なるべくリードが張らないお散歩を心がけたい。
りーちゃんの時にタフラブ知ってればなあ・・・・あんなしんどいお散歩させなくて済んだのになあ。


公園へ。
IMG_992520160705a.jpg


ここでオビ練をしてもらったのですが・・・
ここからの説明は難しいーーー

IMG_989520160705.png

IMG_987520160704.jpg

瞬間、瞬間の犬の心理や状態を見極めて 「正す」「褒める」
その迫力と気合とスピード。
ししょー、いちいち頭で考えてはらへん、もう皮膚で感じ取ってはる。。。。!
だから 犬が余計なこと、要らんことを考える隙を与えない。

IMG_988620160705.png
形を求めるだけのオビじやない。

ほんと、目の前で見せてもらって ただ、ただ、凄いなと思った。

IMG_989120160705.png

こんな風に いつかこの子達の心理を理解する日が来るのかーー??と逆にビビったと言う・・・


でも、 大切なことをいっぱい、いっぱい教わりました。
目の前でアヅミさんの ミエルへのコレクションやルカのオビ練を見れたこともだけど
何気に日常で「これでいいのかな?」と思っていたこと。

思えば この子達をもっと知りたくて踏み込んだタフラブ。
初めての 鶴見緑地でのセッションは 昨年の6月の末のことでした。
それから ほぼ丸一年。
それ以前からの毎月のマスミさんのメルマガをもとに
パックウォーク、お山でのアジ練、パックコントロールセッション・・・
頭の中でだけで分かっていた”つもり”だったことに
少しずつ、少しずつ 血や肉が付き始めてるような気がする。


ミエちゃん、ごめんな。
お母さん もっとミエルのことに真剣になってあげなきゃならなかった。
でも今からでも遅くない。
ミエルが変な緊張も執着も持たずに過ごせるよう 一緒に頑張ろ。


がっつりオビとコレクションを受けて おうちに帰って来たミエル・・・・・(ししょー撮影)
IMG_993020160705.jpg

痩せとりはしませんて。。。。。。





いつも応援ありがとうございます。

どんな時も 前に進むよ・・・・
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村   ポチッとお願いします

Category : タフラブ
Posted by アンテ on  | 4 comments  0 trackback

やっと お山セッションのこと。

ああ・・・やっと お山のセッションのことをアップしようと思います。
これ まとめて自分の気持ちに整理つけないと 
次には進めないような気がして。


もう2週間以上前のタフラブ、お山のパックコントロールセッション。

参加メンバーは

IMG_936620160629.jpg
ワイマラナーのウランちゃん

本当はフレブルさんが一頭参加の予定だったのですが
ママさんが体調不良で欠席。

IMG_934520160629a.jpg
静かに出番?を待つ ゆず丸くんに  これは本当に静かなカイコーちゃん

ムーちゃん(ムスコーくん)どこや?と写真を探したら
IMG_933620160629a.jpg
こんな残念な写真しかなかった・・・・・・


そして スタンプーが10頭。

IMG_933320160629.jpg
手前エルくん(大きい!) その隣イブちゃん

IMG_933520160629.jpg
左 ラッキーくん 右マヒナちゃん(お尻 もこもこ・笑)

IMG_932820160629.jpg
カールくんにルイスくん・・・・・すみませんっ、どっちがどっちだか分かりません~。
何となく手前がルイくんみたいに思うんやけど。


こちらも分からない~ん・・・・と言いたいところやけど
残念、このフタリは分かるわ~(笑)
IMG_940520160629a.jpg
ピーちゃんとフレオ

そして
IMG_932720160629.jpg
ルカミエ。

皆 二頭飼いの飼い主さんです。


この日 ルカはいつも通りのルカだったように思います。
毎回言うようですが ルカはこうしたタフラブの集まりが好きです。
ここでは自分が神経とがらせてピリピリ風紀委員する必要がないことを学んでる。
何だかな~?な部分もあるけど 自然体でルカらしくいられる場所だよね。


問題はこのお嬢さん。
IMG_933120160629.jpg
はっきり ここ(お山)はそんな好きではありません。
いえ、お山が・・・・と言うよりも タフラブが好きではありません(笑)


オビの間も さすがに逃げなかった・・・ものの
(いや、何回か車の方に行きかけて アンテに呼び戻されてたか?)
終始 たらたら、テンションも上がらず コマンドにもすぐには従わず。


この日、分かりやす~~~く
IMG_934120160629.jpg
ずっとこんな表情してました。



実は 初めてパックウォークに参加した時、オビの時間があって
「あれ?タフラブやのにオビするんや」と思った記憶があります。
タフラブって 何となく そんな訓練的な事はしないと思っていたんでね。
でも タフラブ・アヅミさんのセッションはケースバイケースだけれど オビにも力を入れてはります。

でね、この日のオビに割いた時間 めっちゃ長かった(ように感じた)
アヅミさんの「はい~、歩いてぇ~、歩いてぇ~、そこでフセ」
「三つ数える間にフセさせて」 「テンション上げさせて~、走ってもいいよ~。。。。はい、フセ」
何回やったかなーーー。
延々と(笑)
飼い主のアンテが ”まだやるん?ひぇ~”て思いましたもん。

でも そのオビの最後の最後の方。
ふと ミエルの表情が変わっているのに気が付いた・・・
最初の頃は イヤイヤ憮然とした表情でしていたのが 
その最後の方は 頭が下がって はあ、もうしゃあないな・・・・・って 諦めた表情に。
そして フセの仕方も 最初よりは早くするようになっていた。

おっ?


IMG_934920160629.jpg
この日のお山は得ることがいっぱいだった~


ここからは アンテがこの日 お山で感じたこと 何となく掴みかけた?かな??なことなので
間違っているかもしれないし 的外れかもしれないです。
とりあえず書いておこう。

ミエル、テンション高くないし 普段からワチャワチャもしてないし 
お散歩でガンガン引きまくるわけでもなく とってもやりやすい良い子です。
リアルミエルを知ってる方、全員 そう思われてると思う。

ただ、間違いなく ルカよりも頑固で人に対する意識(リスペクト)が低い。
一旦 他の犬に対する自分勝手な執着に火が付くと 飼い主の声もタッチもミエルには届きません。
それがこの子の問題点なことには ずーーっと早くに気が付いていて
思い返せば それがタフラブに踏み込む大きな理由の一つでもあったのに

でも この「自分勝手な執着」 そんなにいつもいつもないんですよ。
本当に・・・・忘れた頃に、たまーーーにある、かな・・・くらい。
その たまーーーにある、も 前に比べたら随分とマシになってて
スワレ、マテで それなりに対処は出来ています。
やっぱり 「これ」っていう大きな困る事が毎日の生活にないと
飼い主もしんどい思いしてまで何とかしようとは思わないもんなんですよね

だから 普段 ミエルにとことん何かをさせることがない。
小さくて可愛くて我がままなミエルをどこかで許して受け入れている私達があって
ミエルも自分がイヤなことはイヤと主張することを覚えてしまっていました。
その「イヤの主張」が たとえば”噛む”とか”唸る”とか”吠える”だったら 
また私達の意識も変わっていたんだろうけど
地味~に抵抗する、地味~に存在を隠す、地味~に逃げる・・・・
いかにもミエルらしい害のない行動だったから
これまた普段の生活では特に困ることも感じてなかった。

IMG_936220160629.jpg

でも ずっとミエルの中にある無駄な緊張や執着・恐怖心を取り除いてやらなきゃ、
とは思っていたのに・・・・
なあなあで先送りにしていたせいで ミエルにあんな体験をさせてしまった。
あれほど心臓が縮まる思いだったのに ミエルの命が助かって 怪我も大したことなかったのは
神様が「分かってるんなら ええ加減 何とかしたりや!」って チャンスを下さったのだと思う。


で、この時の しつこいオビ(笑)で ミエルの「諦めた」表情を見て
あ・・・ミエルにはこれかも


「心理」からアプローチして形(行動)が変わる子もいれば
こうして「形」から入ることで心理を変える子もいる。
ミエルは「形」からのアプローチをガッツリする事で変れるのかもしれない。
いや、もちろん その両方が大切。犬の心理から 犬の行動から。
普段から「させる」ことが大切と言われていたのはこのことやったんや

と 思った矢先の接触事故だったんです。

IMG_941820160629.jpg
お昼ですよ~ ミエルの鼻先が(笑)

今回のことを踏まえて アヅミさんには
ミエルのオビ、ガッツリと取り組むことをお願いしました。


なんかね~、ああいうショッキングなことがないと
本気になれないなんて情けないな~と思いつつ


この日 お山で嬉しかったことが一つ。

皆でお昼を食べている時 ルカはアンテの椅子の横で伏せていました。
IMG_941720160629.jpg
そこに ビーグルのゆず丸くんが来て
椅子の下に置いていたアンテのバッグの匂いをくんくんくん(実はちょっとオヤツ 入ってました)
ルカはこういうのを とても嫌がります。
アンテのバッグを守っているつもり。
今まで この状況で何度もルカが相手の子を怒ってヒヤッとしています。

この時も ルカがじーーっとゆずくんを見ているのに気が付いた。
あ、いかん。
とっさに ルカのマズルに軽くタッチして 「怒ったらあかんよ」を伝え
次に 「人のバッグをしつこく嗅がない」とゆず丸くんを手で突いて その場から立ち去らせました。
これ、前のアンテだったら ルカの視線の意味に気が付かず 怒らせてしまっていただろうなあ。
そして ゆず丸くんにビックリ怖い思いをさせていただろうなあ。
それ、ちゃんと止めれた
私、ちょっとは成長してるやん♪
そんなことが嬉しくてね~
ルカもきっと見ていたはず・・・・・ルカがバッグを守らなくても
お母さんが自分で自分のバッグを守ったのを。
こういうことをコツコツ積み重ねて ルカに信頼されるお母さんになるからね


犬のしつけに関しては 色んな方法があるし そのどれもがそれなりの根拠と実績があって
どれが一番良いんだか アンテには分かりません。
飼い主がリーダーであるべきなのか 親であるべきなのか 友達であるべきなのか。

IMG_939720160629.jpg
ルカさん 頭 ぱっかーん。


でも どの立場でも この子達に信頼され、この子達を理解したい、守りたいという気持ちは一緒のはず。
リーダーであり 親であり 友達であり。
その全てでありたいな・・・と思うのです。



さあ、ミエちゃん!
頑張りましょうか~
IMG_944420160629.jpg

いえいえ・・・ブロッコリーにほうれんそう、ハクサイまで!

あなたにお似合いの場所ですよ(笑)





長々とすみません。
興味の無い方には 退屈な内容だったか・・・・と
また 興味のある方にも 今ひとつ分からんやん、な内容ですよね
ほんまに説明下手ですみません。
でも アンテにとっては とてもとても大切なことだから ここに残させてくださいな。

良かったら ポチッとお願いします。

にほんブログ村


Category : タフラブ
Posted by アンテ on  | 2 comments  0 trackback

お山のミエちゃん。

タフラブ・お山の パックコントロールセッションに参加してきました



IMG_934920160616.jpg
スタンプー10頭、ワイマラナー1頭、ビーグル1頭、甲斐犬MIX2頭

犬の数が多くなれば 犬同士の距離も近くなるし接触も増えます。
一頭の犬の心理やその変化が 他の犬に影響を与えることも 増幅されるような気がする。

色んな場面があって その場その場で勉強になることがいっぱいのランでした


ルカは
IMG_941720160616.jpg
いつも通りだったかな。

このお山といい 先日行った滋賀県のSONDY'S GARDENといい
ここのところ余裕の持てる良いランで他の犬と接することが出来ていて
神経質でキャパの狭いルカにはとってもよい経験になっていると思います。



ミエルは・・・・・
IMG_934120160616.jpg
むーーーーん

ずーーーーーっとこんなお顔(笑)

前半のオビの間 テンションだだ下がり

IMG_933120160616.jpg
ミエちゃんはぁ、こんなところにぃ、来るつもりはぁ、ありましぇんでしたぁ

IMG_935820160616.jpg
ミエちゃんはぁ、こんなところは 似合いましぇんのにぃ。。。。。


まあ、この子が ここ(お山)があまり好きではないことは知っていましたが
ここまで露骨な表情をするとは思わなんだ

でも!

何とか最後まで やり切った(のか?)よね(笑)


IMG_944020160616.jpg
あい、ミエちゃんは がばりましたあ。

きちゃなーーーーい




いつもポチッとありがとうございます

不満顔なミエちゃんにポチッとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村

Category : タフラブ
Posted by アンテ on  | 0 comments  0 trackback

風紀委員

前にも何度か書いていると思うのですが

ルカ、このお山にしても PWにしても
タフラブの集まりが大好きです
お顔を見てたら分かります。
ちっとも 緊張、ピリピリしてないの。

これって アズミさんのもと 他の飼い主さんも皆さん 自分の犬のことを把握して
ちゃんと目が行き届いているタフラブの集まりでは
DSCN548820160521.jpg
過度に興奮して わちゃわちゃしたエネルギーを出す犬はいないし
スペースを無視して しつこく絡んでくる犬もいないことが
神経質なところがあってキャパの狭いルカのような子には 安心できて居心地がいいんだと思います。


そう考えたらーーーー
ただただ 興奮にまかせて爆走することが「楽しそう」でヨシとしていたラン、
”フレンドリー”を前面にルカに寄って来てくれるワンちゃんを無視、 
場合によってはキツイ態度に出るルカを
「なんで遊べないんだろう、心が狭いなあ」と思って私達に見られていたランて 
ルカにはしんどかったんだろうな。

でも タフラブに出会って 初めてのセッションで
なんでルカがそういう行動を取るのか、取ったのか ぜーーんぶアヅミさんに教えてもらって 
私達がその場をきちんと仕切れていなかったから ルカが代わりにしていたということを知って
今まで この子のことを本当に理解してやれてなかったんだ・・・・とショックを受けました。
目からウロコが落ちて これまでのルカの行動にも 何もかも合点がいって
このセッションから ルカもミエルも含めて 犬達の行動を見る目が180度変わったんです。
この日が アンテにとっての「タフラブ記念日」



さて、そんなルカ、
DSCN549320160520.jpg
あんまり暑いので 濡らしたタオルを巻いてみた。

後ろから見たら
DSCN549620160520.jpg
パステルなカオナシ。


いやいや そういう話ではなくて・・・・・

アヅミさん曰く「ルカは風紀委員なんですよ」

はい、ルカは群れを乱すようなエネルギーを出す犬や 無礼な態度の犬を排除、
正そうとする意識が強いんだそう。
これって ごくごくまともな犬の本能なので 決して間違ってはいないそうなのですが
でもね、それは 飼い主の仕事だから、ルカがしちゃいかん!
いや、するな!! と言うことを ルカに教えなきゃならないんです。
でないとね、ルカがしんどいじゃないですか。
いちいち よその犬の行動にピリピリするなんて。。。。。


と、この日のお山のランに
そんな 風紀委員ルカの気質を発動させるに もってこいの?

DSCN546920160520.jpg
黒ラブのコロスケくん。

あ、ざっくりと コロスケくんのプロフィールを紹介しますと
アヅミししょー A-sideの保護犬です。
年齢8歳・・・・・
ただ、この8年間 暑い日も寒い日も 外に繋がれっぱなしの生活を送ってきました。
その間 お散歩に行ったこともありません。
人との関わりも最小限? ご飯をもらっていた程度。
早い話が ほったらかしで飼われてきた8歳です。

今 蓮くんママのところで預かりをされているのですが
車から降りてきたコロスケくん、まああああああ、

ハアハアハアハア わちゃわちゃわちゃわちゃ

実際に暑いのも 新しい場所で興奮してるのも 人に相手してもらえて嬉しいのも
見ているこっちまでが何だか気ぜわしくなっちゃう落ち着きのなさ
でも 最初はもっと酷かったそうな。
蓮ママが預かりをして 興奮を落として落ち着くようにコレクションを入れて整えて 
うんと良くなってるんです。

さあ、「大型犬、未去勢、わちゃわちゃくん」

DSCN549120160521.jpg
ルカの風紀委員気質を刺激するに十分な要素の詰まった子だー(笑)
*同じわちゃわちゃでも 小型犬にはそうでもないような気がする。


実際に それまで穏やかだったランの雰囲気が一変して 皆が わさわさし出しました。
ころすけくん、リードに繋がれたままで
決して 好き勝手にウロウロしているわけではないのに
それでも こういう落ち着かないエネルギーの子がランに居るだけで
全体の雰囲気がころっと変わった
すごいなあ。。。。。犬の興奮て こんな風に伝染するんだ。


たぶん、誰も気にかけない普通のランでの出会いだったら
そして このコロスケくんが ルカくぅ~んてルンルンで寄って来ていたら
ルカが このコロスケくんに怒って 喝!入れていたに違いないです
もう 今のアンテには目に浮かぶわ・・・・その図
その喝!が「落ち着け!」なんだか 「寄ってくるな!」「出てけ!」なんだか 
そこまでは分かんないけど。


でも ここではルカの出番なし。

もちろん アヅミさんが
DSCN550220160520.jpg
その興奮を落とします。

DSCN550320160520.jpg


8年間 お散歩もなく 外に繋がれたままの生活で 大して可愛がってももらっていないだろうに・・・・・ 
コロスケくん めーーーーーっちゃ良い子だと思います。
人にも犬にも攻撃性はゼロ。
未去勢だけど エロエロな態度もナシ(少なくとも ここでは・笑)
外の生活で色んなことが初めてで まっさらな子犬みたいな子です。
初めて人の愛情を受けて 嬉しくてたまんない。
むしろ ラブらしい、人に構って欲しくてのわちゃわちゃ。
可愛いなあ・・可愛いなあ・・・・
正直 コロスケくんみたいなラブ、世間にいーっぱいいます、珍しくないと思う。
アンテ もっと ヒーヒーーハーハーーアゲアゲなラブ 何頭も知っていますもん(笑)

車に乗る前にも興奮を落としてから・・・・・
DSCN550720160520.jpg
この子、いい人に出会ったなあ。。。。
普通だったら ラブらしい性格やねーで この興奮も見逃されるでしょう。
でもね、こんな興奮に支配された状態、しんどいやろ?
落ち着いて楽にしてもらいね。

なんやかやでコロスケくんのことを長々と書きますのは
この子、めっちゃアンテの好みなんです(ぐふふふ
o0480048013649368039.jpg
tomoちゃんのところからお借りして来ました

「ラブはイエロー」のアンテですが このコロスケくんのお顔 大好き。
マズルが短くて(笑) なんて言うか ラブの子犬のお顔してません?
o0480048013649368131.jpg
この写真が分かりやすいかな(笑)
ラブの子犬は世界一可愛い そんなアンテの心を揺さぶるのでありますよ。
コロスケくん、穏やかに、幸せになって欲しいな~。


アンテ わざと アヅミさんがコロスケくんのハンドリングするところをルカに見せました。
コロスケくんがよそに気を取られる瞬間 
アズミさんがコレクションを入れる場面もルカは見ていました。
DSCN550520160521.jpg
ね?コロスケくんはアヅミさんや蓮ママさんに任せていて大丈夫。
だから ルカは風紀委員なんてせず のんびりランを楽しんでいたら良いんだよ


あ、カイちゃんの写真載せるの忘れてた(笑)
DSCN546320160520.jpg
わちゃわちゃのコロスケくんのエネルギーがイヤで ずっと離れたところにいたカイちゃん。
賢いね~。

ムーちゃんなんて この後姿・・・・(あははっ)
DSCN548120160522.jpg

何故か ルカの豊富な毛を いじり始めたボインししょー。
DSCN548320160521.jpg

DSCN548420160520.jpg
ししょー、ドレッドは堪忍してください。。。。。


そして ミエルは
自ら車に乗り込み
DSCN550620160520.jpg
早よ 帰りましょーーーと 目で訴えていた・・・・




いつも応援ありがとうございます。

あんまり意味ないけど パステルなカオナシにポチッと!(笑)

にほんブログ村 犬ブログ スタンダードプードルへ
にほんブログ村



Category : タフラブ
Posted by アンテ on  | 2 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。